ホーム > mixiユーザー(id:5437811) > mixiユーザーの日記一覧 > 焚く薪が沢山有る事は幸せなんだ。

mixiユーザー(id:5437811)

2017年01月31日08:56

176 view

焚く薪が沢山有る事は幸せなんだ。

今冬季の薪の使い減り現時点で大体3トンぐらい、一日30〜35kg(段ボール箱2つ弱)は焚いています。
現在最も、焚いている材は家の敷地内に多く立っていた針葉樹のカラマツ材が多い、この材が燃やし切ると、友人知人とダムの払い下げと少ないが家の敷地内に自生していたコナラやミズナラ、栗、カエデの様な重く熱量が多い広葉樹になり、焚く量も減る。

ストーブの灰は、5日に一度炉の下に溜まるようになっている灰を畑の土壌改良用に使うためバケツに一時保管して温度を下げてから犬用の空になったビニール袋にためています。

焚くのに適している薪の湿度は、0〜15%・・・でも実際使っている薪の湿度は17〜20%。

15%ここまで下げるのには、細く切り風通しの良いところに積み3年は掛かるのです、湿度が高い薪を使うことは、着火がしにくい事から始まり、発熱温が低くなり(水蒸気になる時に温度を奪われる)かつ煙突にススやタールが付着します。
煙突掃除は、1シーズンの終了時長い針金に煙突掃除用のタワシ状のものを付けて、一度行っています。
6 2

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年01月31日 13:25
    昔は薪風呂だった(と言っても着火だけで、あとは石炭とか豆炭とか)ので、良く父が煙突掃除をしてました。懐かしい思い出です。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年01月31日 19:17
    私は小学校ぐらいまでは薪風呂でした、その後都会暮らし。

    そして北海道に来る前は、長野阿智村に5年住んでいた時は薪風呂でしたが、薪ストーブは屋根が低いと言う事で大家さんの許可が出なかったので使っていませんでした。
    今は逆ですが薪ストーブの方が使う薪の量が4倍くらいです。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する