ホーム > mixiユーザー(id:5437811) > mixiユーザーの日記一覧 > 山姥・山の神・河童同じなんだ、変化させているのは、「ラベリング」と言う名称を付けている当事者でしょ。

mixiユーザー(id:5437811)

2017年01月13日05:49

128 view

山姥・山の神・河童同じなんだ、変化させているのは、「ラベリング」と言う名称を付けている当事者でしょ。

地母神をも封印もしていたのが天皇制なんだ。
天皇はごく最近まで其の事も知らなかったのだよ。・・・
天皇と天皇制はこんなにも違うのだよ。
民族と宗教「政治」と言う和解を願う時すべてが変革するのです。
和をもって尊ぶ
これはすごく哲学的に見ても思想的に見ても崇高なんです、ただしそのままで、言い訳を入れなければ。
言い訳の時、言い訳の時を呼び覚ましその空間に入り込み身動きできないように洗脳されて自己暗示をしていきます。(時を止めてしまってます)
この様に時を止めてしまっている私たちはまだだれ一人真の祈りの空間を学んでいません。
いえ、学びマスターしたと言う人もいます。
それも否定肯定する時の停止時点で判断してます・・・。
知恵も知も血もまじりあい進化と退化を繰り返している時の中を観察する人がソレラすべてを認知拡げるする世界も有ります。
そのような教義も実は狭義になっている世界こそがそれを妨げます。
まじりあう・混ざり合う事を過去が見えなくなるからと良しとしない、絵の具の色の世界。
されど全て同じように「空間では」純粋な透明な光に色を付けているのが…業を繰り返す…当たり前の文明に触れた人の現れなんです。
己の生きざまをさらしながら認知していく事が繰り返しを留める事になります、なるのです。
それが、良きパートナーを見つけて互いに審神者になりその生きざまこそ良き「空間では」透明なマスター(教義)になります。
素直で和合の世界は幼子の満たされた世界。
この空間を私たちは作れます、なぜならば八百万(ヤオロズ)の神々のその祖霊を持ち空間を満たしている「写し鏡」と言う知と肉体の存在だからです。
イラン・カラプテ・アンナー
謹んで申し上げます、どうか彼方の御心にそっと触れさして下さい。
竜の国の祖霊としてのアイヌの祈りの「おん」心得(「おん」にはいろいろな意味が有る)
サルから人になったのはいつ・・・
人の祖霊はサル
原始異端であった裸のサルを慈しみ守ったお母さんお父さんそして親族・部族共同体
今の異端「者」少数派・マイノリテーは差別・排除もされる側、「私は根源から見る」
根源こそ、全てを物語り語りつなげ神話になっていると。
奇跡の星地球
この根源に生きて育ち育みあっている、「まさぐりあいまじりあい光悦し時に魔を釣り合う祭り会い・間を知り同じくしない」道祖神や地母神がそれである。
真の政もそれであり、生態系豊かなそして結界と神聖の場4を表す意味の社がそうであったと思っている、「この空間」こそ育てる育みあうと認知行動できるのが一種一族のホモサピエンス人間です。

絵の具に色の考え氾濫する巷と私に、申し入れます。
1 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する