mixiユーザー(id:5433798)

2019年11月04日21:36

13 view

2019-11-04 晴れ 風穏やか

一昨日に引き続き、気持ちの良い秋晴れとなりました。やや気温は高めで最高気温は20℃越え。
ハリスホークのSquallとベンガルワシミミズクのGarudaを連れてお散歩に出かけました。

近所の川原のベンチに陣取ると、数10羽のカモメが頭上を旋回するのに混じって1羽のハシブトガラスが鳴きながら警戒し始めました。
気にせずSquallのフライトから。今日のウェイトは642g。距離約100mで振替えを行いました。
1本飛ばすと息を切らします。スタミナはまだまだ。でも本気でスプリントしている証拠でもあるようで、今日も調子よく飛んでいました。終盤、1度途中で留まってしまったので、距離を縮めて一気に飛ぶように仕向けました。
そして今シーズン初のルアー。

彼はしっかり動作を覚えていました。やはり振替えの時よりは距離も短いせいもあってか飛ぶスピードが速く、本気で向かってきます。上空高い所で下から足を上に伸ばしてルアーをしっかり掴みました。そのまま放さず着地。
今日は大きな餌、ヒヨコ上半身をルアーに取り付けました。恐らくそれは見えていて、それも彼のモチベーションを高めたのではないかと思います。


続いてGaruda。今日のウェイトは908g。2週間ほど前、良いペースで減量していたのですが、だんだん落ちる速度が上がっていき、急激にウェイトが下がっていく感じがしたので少し心配になり、一旦上昇傾向にもどしました。そして改めて減量傾向に向けている最中。経験的にもGarudaは900gを切っていないところでは、なかなか飛ばすことはできなさそうです。
今日は前述のカラスが少し離れた木の高い所に留まったままこちらに威嚇する声を上げ続けていたことも気になって、なかなか飛び出せません。結局せいぜい膝の高さまでジャンプさせるのが精いっぱいでしたが、これはカラスだけのせいじゃなく、彼自身の筋力の低下が大きな原因ではないかと思われます。


今日も据えながらしばらく日光浴をさせて帰宅。
また来週出かけようと思います。
2 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する