ホーム > mixiユーザー(id:5423093) > mixiユーザーの日記一覧

mixiユーザー(id:5423093)

日記一覧

世界的名作をミュージカル風の映画に。ジャン・ヴァルジャンはウルバリンのヒュージャックマン。人の心が変わるのはどういう時か。世の中のすべての人それぞれに警部ジャベールのような人生につきまとう人物がいるものかもしれない。そしてその人さえも許せる

続きを読む

今日は昼からチャリってみた。風が強く、寒い。ヨドバシカメラ経由東本願寺経由烏丸通からの京都御所経由銀閣寺経由哲学の道からの南禅寺経由祇園経由建仁寺経由豊國神社経由東福寺経由伏見稲荷経由で約30kmぼちぼち人はいるけどやっぱり少ないんだろうな。

続きを読む

菜種梅雨の伏見稲荷大社
2020年03月28日16:53

数十年前にタイムスリップしたかのようだ。静寂に包まれた伏見稲荷が戻ってきた。各都道府県知事の自粛要請によるものだろうか、人がいない奇跡の一枚がいつでも撮れてしまう。個人的には嬉しいが経済的にはかなりマズイよね。雨ってのもあるだろうけど10時

続きを読む

『探偵はBARにいる3』
2020年03月27日23:12

なんかいいんだよな。この映画。今回は part3人情に厚い探偵さんに乾杯http://www.tantei-bar.com/

続きを読む

勝手なイメージだが洋画は非日常、邦画は日常と感じるものが多い。これは日常にあり得る話を題材にした映画。ストーカーはやっぱり気持ち悪いよね。レビューでの評価はあまりだったが、意外とおもしろかった。

続きを読む

ポケットを補強
2020年03月22日16:08

このキャッシュレスの時代に私は小銭が必需品。だから、しばらくすると後ろポケットに必ず穴が開く。なので先手で対策。古いジーンズのポケットを使いポケットの中にまるごとポケット作戦。古いジーンズのポケットを使う。まず切り抜く全部まるごと切り抜くポ

続きを読む

you tubeってこんなものもあるのか。すごいな。自己分析してみるとどうやら私は髪が長いアーティストを好むようだ。だからカメラならILKO氏になるわけだ。昔、持っているCDのジャケットの傾向がどれも一緒だと指摘されたことがある。確かに。自分の事はよく

続きを読む

コロナでマスコミの話題にもならなくなったエリカ様。マンガは図書館にも置いてある。が、途中までしか読んでなかった。amazonのサブスクでの公開期限があと数日になっていたので観てみた。なかなかジャンキーな映画だ。大森南朋 演じる麻田 誠がいい。映画

続きを読む

ヨドバシカメラ
2020年03月22日11:10

AirPods Pro。祝日の金曜日アップルストアがコロナの影響で休業中。のため、京都駅のヨドバシカメラへ。自転車で。R平のだ。親は破れたジーンズを履き続け、靴もそこに穴が開いている。なんで?ヨドバシの自転車置き場は2時間無料。R平の自転車はタイヤに

続きを読む

チャーリーシーンのではない。NAVY SEALS 最前線を、追体験。原題:Act of Valor実話を元にした映画。最近、この手のものをよく観てしまう。タクティカルブーツ欲しい。

続きを読む

中学だっただろうか、何かの同時上映で観た。ディズニー映画だったのね。当時の映画館は総入れ替えじゃないから1回入ると何回でも観れたし2本立てが多かったなぁ。いつから総入れ替えになったんだっけ。これが普通になっちゃったけど。あの当時は感動したな

続きを読む

ザ・ベストワン
2020年03月15日22:01

スピードワゴン最高。アンガールズもツボった。<いま一番見たいベストな芸人が“ベストワン”のネタを披露!>http://www.tbs.co.jp/program/the_best_one_20200315/

続きを読む

鞍馬寺へ 激走50km
2020年03月15日18:59

鞍馬寺へもちろん入口まで(登山なし)藤森神社スタート韓丼ゴールで約50kmほぼ電池は使わず。行きは上り坂、帰りは向かい風が行く手を阻む。腰が破損今日の伏見稲荷今日の京都タワーamazonのcafe?1号線とその先に清水寺(見えないけど)ここが建仁寺か

続きを読む

女優の話を女優が演じるというフランス・スイス・ドイツ合作の作品。ドキュメンタリーっぽい感じの少し繊細で私には難解な映画。女優という特殊な人たちを通して描く人間の感情と複雑な想いとその変化。人は与えられた仕事をするのではなく仕事を通して得られ

続きを読む

わたしのカメラ論
2020年03月14日23:03

世の中にはカメラの理論などがたくさんあれどわたしはそのほとんどを知らないわけです。でも、わたしのカメラに関する考え方はシンプルに”なんでもあり”。結局はなんでもありでどんなカメラ、どんなスマホで撮ってどんな加工してようが自分の気に入ったよう

続きを読む

JOKER を観た。
2020年03月14日18:49

バットマンのスピンオフ狂気の沙汰を象徴するキャラクター。その狂気は純粋が故に積み重なる不幸によって生み出されたものなのか。常軌を逸した彼の行動の理由が描かれた作品。妄想と正常の境は?天才と馬鹿は紙一重、では狂気と普通も紙一重か。スピンオフも

続きを読む

光の魔術師イルコ
2020年03月14日18:47

ストロボライティングってぜんぜん興味なかったんだけど、youtubeみているうちにだんだん欲しくなってきたんだよねー。ストロボライティング使っている人いますか?いたら下のコメント欄に書いてくれるとめっちゃうれしいでーすストロボって正面からライティ

続きを読む

コロナショック
2020年03月13日22:21

ニュースを見るとコロナだらけ。エボラのような50%-70%とも言われる致死率ではなく噛まれたらゾンビになるのとは違う。数字だけではパニックになる要素がないが、「未知」であるという事とワクチンがない事が事態を悪化させている。学校は休校になりイベント

続きを読む

レンタルだったら絶対に観ないだろうな。ダークヒーローものだが、見た目がダークなだけでふつうのヒーローものだ。子供にはおもしろいだろうな。

続きを読む

只今、youtubeで期間限定公開中あの笠置が短編映画に。約40分の中に笠置が満載。本物の町民出演?!製作:笠置町笠置ROCK! 公式webサイトhttps://www.kasagirock.com/

続きを読む

天周
2020年03月07日22:19

午前中仕事をし、同僚達と祇園の天周に穴子天丼を食いに。いつもは行列のようだが、今日は待ちなしだ。小盛りで満腹。胃が弱っている。自転車で行ったのでその後は、一旦、二条あたりまで北上しながら河津桜らしきものを見て北野天満宮へ。そのあと、嵐電を追

続きを読む

何の為に戦うのか。「何の為」って大事だ。立場や状況によってやるべき事や判断は変わってくる。感情が入りまじりミスなど偶発的なものが絡むと余計に混乱が起きる。敵はいったい何なのか。何の為に戦うのか。

続きを読む

土日外出自粛
2020年02月29日19:29

人と接触しないよう外出は控えたいところだが、家にずっといるとそれはそれで病気になる。で、北堀公園に行ってみた。カメラも持って行った。がメモリーカードを忘れた。ただの荷物になった。人も少なかったので3週歩いた。

続きを読む

ilko先生を見てるとα6400ワイヤレスストロボLuminar 4 がめっちゃ欲しいです〜まずは宝くじ売り場だ。

続きを読む

城南宮
2020年02月24日13:34

城南宮が空いており梅とメジロがいるとの情報を得たので行ってみた。どこがやねーん。「しだれ梅と椿まつり」が開催され、大渋滞。南インターのラブホ通りから左側車線は長蛇の列。自転車で行ったのでそれは問題ないのだが、宮内もすごい人だったのですぐに退

続きを読む

「ヴェノム」を観た。
2020年02月23日22:20

今週末はamazon primeでレンタル100円だ。スパイダーマンからのスピンオフこういう派生ものは”あんまりが”多い。ので、期待はしていなかった。が、宇宙からの侵略行き過ぎた考えから陥る状況、未知なるものとの遭遇での展開、特定の人間に力が集中したらど

続きを読む

「Luminar 4」
2020年02月23日22:09

Ilko Allexandroff先生に完全にはまってしまってる。めっちゃ勉強になりますー。で、今回紹介していた「Luminar 4」めっちゃ、欲しいですー。photoshopでもちろん十分なのだが、サブスクリプションってのがちょっとね。なんとなくだけど、ソフトはやっぱまだ

続きを読む

3時間の死闘
2020年02月23日18:12

久しぶりのクライミング。竹田駅近くのいつものnoah人があまりいない午前中から。今日は黒板課題を一撃クリア。体をいじめてみた。すぐに壊れた。背中が痛い。朝一は寒いオーナーレンタルシューズいっぱい電動でホールドをしめるマイシューズ、スポルディバの

続きを読む

装着試験
2020年02月22日23:00

夕方、雨が止んだのでリュックへのカメラ装着とどんな動画になるのかをテストしに大岩山へ。どうも下めに写っているのでもう少し上に向けなければならない。特に坂は、勾配が急になればなるほど道路が写ることに。道路勾配に直角になるように上体をそらせるか

続きを読む

地上波初登場。リメンバーミーを観た。これはもう子供用のお話ではないですね。奇抜なカラー映像が際立つだけの映画じゃない、人としての生き方として何が大切かを教えてくれるとってもとっても深いお話でした。

続きを読む