ホーム > mixiユーザー(id:5416651) > mixiユーザーの日記一覧 > 緊急放流という事態を考える必要

mixiユーザー(id:5416651)

2019年11月04日22:15

12 view

緊急放流という事態を考える必要

巨大なダムを建てて、その巨大な箱を超える雨が降ったら、
緊急放流は多大な損害を出すことになります。

ダムより堤防の方が、国と自治体が協力しやすいでしょう。
村が一つ消えるようなダムを作って、住民を排除するなんてことをしなくて済みます。

堤防も万全ではないということが、今回の災害で明らかになりました。
「水の力」を侮ってはいけません。発電所ができるくらいの力を持っているわけです。
川の湾曲部では、かなりの水圧がかかります。
この記事を読むと、それに耐えうる技術もあるようですが、
それより効果があったのが「首都圏外郭放水路」でした。
4つの河川にまたがる5つの貯留施設と放水路です。
国道16号に沿うように、春日部市の北部を通っています。
今回の豪雨ではフル稼働したらしいですが、
そのお陰で、春日部市は大水害を逃れることができました。

下流に行くにしたがって、いくつもの河川が合流するので、
合流点で氾濫しやすいのですが、
そこに「バイパス」を作って、バイパス上に貯留施設を作る方が、
投資効果があるのではないかと思います。
(もちろんバイパス自体も貯留の役割を持ちます)

昔住んでいた高田馬場は、今回の豪雨なら、確実に神田川が氾濫していた所ですが、
神田川と妙正寺川の合流点(小滝橋付近=氾濫危険箇所)から分水路を作り、
分水路上に貯留施設を作ったので、今回は氾濫しなかったようです。
この分水路は、結局は江戸川橋付近で神田川に合流するのですが、
途中に貯留施設があるので、助かったのでしょう。
神田川では、そのほかに杉並(環七付近)にも貯留施設を作っています。



■「国は住民の命よりダムを優先した」 本当は恐ろしいダム称賛論
(AERA dot. - 11月04日 10:30)
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=173&from=diary&id=5851186
1 2

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年11月06日 23:58
    >途中に貯留施設があるので、助かったのでしょう。
    我が家はその、「神田川・環状七号線地下調節池」で助かってるようなものです。
    ほぼ、毎日その横(上?)※第1期区間を通っています。

    地下鉄掘るのの数倍大変なようですね。断面積がぜんぜん違うってのもありますが。

    最終的には目白通り地下に白子川地下調節池を作り最終的につなげて1本の調節池にするそうですが、完成までまだ時間がかかるとのことです。(2026年完成予定)
    そうするといわゆる東京の武蔵野地区〜山の手地区の水害はほぼ大丈夫みたいですね。
    1時間あたり100ミリ超の降水量にも耐えられるそうです。
    妙正寺川、善福寺川、神田川、白子川をクリアしてしまえば、この辺の地域は怖いもんなしです。

    まあ、地下のダムみたいなものですが「緊急放流」とかはしないでしょうし。
    これぐらいの規模でも超異常気象だったらば溢れ返る事はあるのかもですが、そうなったらばそれ以前に各所甚大な被害が出るでしょうね。

    東日本大震災以降、ハイパー堤防とか建設されています。
    高さ50mとか100mとかの堤防を作っちまえば絶対(津波には)安全なのかもしれませんが、まず無駄だし。
    ハイパー堤防を越える津波被害がもしあったとしたら、それ以外の被害も甚大なものになるはず...というバランス理論で設計施工されてるようです。
    それでいいんだと思います。

    インフルエンザ流行期に、絶対の感染対策として「流行期間中にずーっと無菌室に入っていて一歩もそこから出ない」ってことをやればインフルに感染しないで住むかもしれませんが、それ以前に日常生活が破綻しますね。費用もアホみたいなことになるし。

    災害対策にはそういった視点も含まれます。

    数百年〜千年に一度あるかないか…
    それをどこまで想定して対策をするか? 実際にその数百年〜千年に一度が起こってしまうと…「それは運が悪かった」では済まされないんですよねぇ。
    難しい話です。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年11月07日 00:11
    > mixiユーザー 

    >数百年〜千年に一度あるかないか…
    >それをどこまで想定して対策をするか?

    そのあたりが、今東京電力の元社長の刑事訴訟での論点ですね。
    想定はしていた、その想定値が信用できるか?

    でも、今まで「数百年に一度」というような豪雨が、
    最近は「数年に一度」のような異常気象になっていますから、
    やっぱり想定しないといけないでしょうね。
    多摩川も府中の「浅川との合流点」あたりから、湾曲していますから、
    そこに、分水路を作るか何か対策が必要でしょう。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する