ホーム > mixiユーザー(id:5416651) > mixiユーザーの日記一覧 > 状況によって変える

mixiユーザー(id:5416651)

2019年08月21日15:16

76 view

状況によって変える

40年前は「登校拒否」と称していたのです。
その呼称がネガティブということで、「不登校」というようになりました。

不登校という単語は「登校していない」だけの意味なので、
ネガティブではないと思いますが、ネガティブなイメージになってしまいました。

ということは、別の呼称を考えたところで、
「一単語」で表すと、その単語がネガティブなイメージになってしまうでしょう。

そこで・・・状況によって呼称を変える必要が出てきそうです。
  登校拒絶=自らの意思で登校していない
  登校不可=いじめ等により登校できない
のような感じで。



■「不登校」と呼ばないで アイドルら、代わりの呼称募る
(朝日新聞デジタル - 08月21日 13:16)
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=168&from=diary&id=5756155
5 2

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年08月21日 15:59
    ニュースから来ました。元教員です。
    全く仰る通りで、ネガティブなイメージや差別用語になってしまういたちごっこ状態になりそうですね。
    似たような例で、「ボケ」→「痴呆」→「認知症」と呼称が移り変わっていますが、「認知症」ですらもう差別的用語して使われる場合もあるくらいです。
    あと、ちょっと「登校拒絶」は語気が強すぎるのでは無いかと思いました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年08月21日 16:18
    > mixiユーザー コメントありがとうございます。

    いや、確かに投稿拒絶は語気が強いですね。「登校拒否」だと昔のイメージが先行してしまうので、「自ら選択して」という言葉がないかと・・・

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する