mixiユーザー(id:5366937)

2019年12月15日17:56

23 view

朝日杯FS回顧

1 枠3赤 6 サリオス 牡2 55.0 R.ムーア 1:33.0 35.4 538(-2) 堀 宣行 1
2 枠4青 8 タイセイビジョン 牡2 55.0 武 豊 1:33.4 2 1/2 35.3 464(+4) 西村 真幸 2
3 枠5黄 9 グランレイ 牡2 55.0 池添 謙一 1:33.6 1 1/4 34.9 452(-4) 池添 学 14
4 枠7橙 14 タガノビューティー 牡2 55.0 和田 竜二 1:33.6 クビ 35.2 508(+6) 西園 正都 9
5 枠7橙 13 プリンスリターン 牡2 55.0 原田 和真 1:33.8 1 1/4 35.7 444(+4) 加用 正 15
6 枠1白 1 ジュンライトボルト 牡2 55.0 岩田 康誠 1:33.9 クビ 35.6 454(-4) 友道 康夫 10
7 枠1白 2 ビアンフェ 牡2 55.0 藤岡 佑介 1:33.9 アタマ 36.7 538(+4) 中竹 和也 5
8 枠8桃 16 ラウダシオン 牡2 55.0 C.ルメール 1:34.0 1/2 36.1 490(0) 斉藤 崇史 6
9 枠4青 7 ウイングレイテスト 牡2 55.0 松岡 正海 1:34.3 2 36.5 492(+4) 青木 孝文 8
10 枠6緑 12 レッドベルジュール 牡2 55.0 C.スミヨン 1:34.3 ハナ 36.0 476(-2) 藤原 英昭 3
11 枠2黒 4 マルガイトリプルエース 牡2 55.0 W.ビュイック 1:34.4 クビ 36.9 468(-10) 斉藤 崇史 7
12 枠6緑 11 カリニート 牡2 55.0 幸 英明 1:34.9 3 35.8 460(-6) 大根田 裕之 16
13 枠3赤 5 マイネルグリット 牡2 55.0 国分 優作 1:35.8 5 37.7 484(+4) 吉田 直弘 13
14 枠5黄 10 エグレムニ 牡2 55.0 福永 祐一 1:35.8 クビ 38.1 472(+6) 加用 正 12
15 枠8桃 15 メイショウチタン 牡2 55.0 松山 弘平 1:36.5 4 39.1 460(-6) 本田 優 11
16 枠2黒 3 ペールエール 牡2 55.0 O.マーフィー 1:37.0 3 39.0 492(-2) 安田 隆行 4


 朝日杯FSが終わった。勝ったのは本命に挙げたサリオス。スタートすると、ビアンフェがやはりハナを切る。サリオスも好スタートから3〜4番手の外を追走。脚を溜める。そのまま最後の直線に入り、逃げていたビアンフェを捉えると、早目に抜け出し、後続の追い上げを寄せ付けずにゴールへ。先週の阪神JFほどではないが、やはりレースレコードの快勝だった。まだまだ余力がある感じだし、距離が伸びても問題なさそうだ。強い勝ち方だったし、来年のクラシックも楽しみな感じだ。2着は4番手評価のタイセイビジョン。スタートすると、道中は後方の外を追走。脚を溜める。徐々にポジションを上げていき、最後の直線に入って、馬場の真ん中から上がり3位の脚を繰り出し追い上げを開始。しかし、早目に抜け出したサリオスは捉えられず、2着まで。正攻法のレースをしたし、普通なら勝っているレース。今日は相手が悪かった。折り合いも付いていたし、マイルまでなら今後も十分通用しそう。武豊騎手はまたしても2着で朝日杯FS初制覇はまたもお預けとなった。3着はグランレイ。スタートすると、道中は後方2番手の内で待機。脚を溜める。最後の直線に入り、外から上がり最速の凄い脚で追い上げを開始。ひとつ前にいたタガノビューティーをクビ差捉えたところがゴールだった。調教の動きは良かったが、まだ1勝馬だし、未勝利勝ち直後でこのメンバーでは正直きついと思ったが、頑張った。これだけの脚を使えるなら、条件戦とかも勝てるだろうし、春には台頭してきそうだ。4着はタガノビューティー。スタートすると、道中はグランレイのひとつ前の後方3番手で待機。脚を溜める。最後の直線に入り、外から上がり2位の脚を使い、一時は2着のタイセイビジョンにも迫る勢いだった。最後の最後でグランレイに差されて4着ではあったが、ダートしか走ったことがない馬が、いきなりのG気任△錣笋両賁未魃藹弌芝・ダート兼用でこれまた楽しみな馬が出てきた。5着はプリンスリターン。スタートすると、道中は中団やや後方に待機。最後の直線に入り、ジワジワと伸びて掲示板を確保。原田騎手は平地G欺薺馨茲粘萃イ辰燭掘馬もこれから楽しみである。

 対抗に挙げたペールエールは何と殿の18着。何かパドックでも元気がなかった気もするが、それにしても負け過ぎ。調子落ちかな。立て直して頑張って欲しい。4番手評価のラウダシオンは8着。大外枠から出して行って、道中は中団待機。最後の直線に入り、それなりには伸びてきているが、逃げたビアンフェもとらえられないとは。ルメール騎手が選んだ割にはイマイチだったな。穴に挙げたマイネルグリッドは13着。道中は中団やや後方を追走していたが、そこから伸びず最後まで雪崩れ込んだだけだった。マイルのスピード決着では分が悪かったかな。


 馬券は昨日挙げた馬のボックスで買ったが、3着のグランレイはもちろん入れてないので、大外れ。大負けしてしまったな…。2歳戦は難しい。
 来週はいよいよ有馬記念か。G鞠錬隠影の超豪華メンバーが集結したので、何とか馬券を当てたいし、熱いレースを期待したい。近年有馬記念がここまでメンバーが揃うことはなかったので今から楽しみだな。

0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する