ホーム > mixiユーザー(id:53661636) > mixiユーザーの日記一覧 > 審判は何を見るべきだったの?

mixiユーザー(id:53661636)

2019年05月21日08:56

199 view

審判は何を見るべきだったの?

詳しい人教えて。

たしかにひどい誤審であることは間違いないけど、じゃあ、審判の何がまずくて誤審に至ったの?

主審も線審も、ポジショニングの問題という意見は聞かないよね。偶然選手でゴールの瞬間が隠れたかもしれないけど、それはあくまでも偶然。技術の問題ではない。

ポジショニングや視力に問題がないのなら、審判は悪くなく、仕方ない、こういうことはありえるってことじゃないの? 現状、ルール上映像で確認する術はないので、現行ルールではサッカーってそういう判定のあり得るスポーツ、いまさら何を、としかいえないと思うんだけどな。そして、いままでも起こり得たし、ルールを変えない限りこれからも起こり得る、と。

逆に言うなら、同じポジショニングで同様の視力の他の(優秀な?)審判だったらちゃんと判定できると何故言えるんだろう。

「ボールの跳ね返り方で、ポストでなくゴール内のボトルに跳ね返ったと判断するセンスが必要」とか「ゴール時の観客の反応やビジョン映像を見た観客の反応を参考にすべき」とか? どっちもナンセンスよね。


誰か教えて。優秀な審判だったら、あれをどういう根拠でゴールと判定できるのか。



■J1が追加副審導入へ 判定ミス審判らは割り当て停止に
(朝日新聞デジタル - 05月20日 21:50)
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=168&from=diary&id=5627584
1 11

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年05月21日 09:18
    同じような趣旨の日記を書く直前に貴日記を見つけました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年05月21日 09:28
    > mixiユーザー 知りたいですよね。具体的に審判はどうすべきだったのか。優秀な審判は同じものを見てどうやって違う結論に至るのか。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年05月21日 09:49
    「誤審だ」「ひどい」「懲罰だ」「ビデオ判定(つまりルール改正)だ」と感情的な言葉ばかり出てきて、「なぜこうなったのか」「優秀な審判ならどうしたのか」「どうすべきなのか」に関する冷静な議論がまったくなされないのは、サッカーらしいとはいえるかもね(笑)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年05月21日 09:51
    ニュースから失礼します。

    まず始めに…
    すべてのプレーにおけるジャッジの決定権は、主審にあります。
    その上で、基本的には、オフサイド及びラインを割ったかどうか(ゴールだけでなく、横のラインも)の判定は線審がします。
    主審はボールプレイが中心で、オフサイドやライン判定はしづらいですからね。
    で、線審の判定をもって主審が最終的なジャッジを下します。
    (明らかだと主審が判断したものは、もちろん線審のジャッジを確認せず主審が判断します)

    で、問題のプレーですが、主審からの位置では確かに少し確認しづらいですね。(ボールを追っていればわからなくもない気もしますが)
    そのため、通常は線審がゴールジャッジをします。

    問題点その1
    線審がゴールジャッジをすぐにしていない

    クロスバーに当たって中に入り戻ってきたならともかく、完全にポストの奥のサイドネットに収まっているので、線審はちゃんと判定できたはずです。
    主審と該当エリアの線審が処罰が重いのは、第一判定はこの線審がすべきだからです。
    あのケースは、見てなかったか、迷ってるうちに主審がオンプレーの宣告をしてしまったかのどちらかです。

    問題点その2
    主審が線審に確認をしない

    通常主審が見えず、ラインを割ったような主張があれば、線審を確認します。
    もしかしたら、無線でのやりとりがあったのかもしれませんが、
    時間的にはほぼなかった、といっていいでしょう。
    見えづらい角度にも関わらず、独断的にオンプレーの宣告をした。
    主審がオンプレーを宣告した後では、線審は何も言えません。ジャッジの決定権は主審なので。
    これが問題点その2です。

    しかも、山本主審はこれが始めてではないので、余計でしょう。
    自分のジャッジを過信してるのか、一人で審判してると勘違いしてるのか、、、
    とにかく、優秀な審判なら、確実に線審に確認します。

    最後に、少しずるい手ですが、ゴールを決めた湘南だけでなく、浦和のキーパー含む浦和の選手までがゴールが決まったという様子なのですから、少しでも自分のジャッジに疑問を感じていれば、あの場合はゴールとする、という手もあります(笑)
    そこまでではなくとも、該当の線審だけでなく、反対側の線審、第4の審判とも話し合う、くらいはしたでしょう。
    それすらなかったので、反対側の審判、第4の審判も処罰がでているのでしょう。

    人間がジャッジしている限り絶対はありません。
    だからこそ、自分のジャッジには責任を持たないといけませんし、常に本当にあっているか、という気持ちを持ちながらジャッジしないといけません。

    この主審は、自分のジャッジに絶対の自信があるか、
    自分以外には判定させたくないか、のどちらかでしょう。

    他の優秀な審判なら、最低でもプレーを止めて確認、話し合いぐらいはあったと思います。
    それもなく、線審を確認もせず、即オンプレーの判定をした主審、
    サイドネットに収まったにも関わらず、即座に判定しなかった線審、
    この二人の組み合わせによって発生した誤審です。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年05月21日 11:51
    これ、何回もyoutubeで見てますが、審判確実にゴールを見てるんですよね。だって真正面にいて、見てないはありえない。仮に真正面にいて、ゴールがわかんないなかったは審判やめてもらいたい。ポジショニングはそれなりな場所にいるんです。よってポジショニングは問題ないはず。そしてその後のオンプレー。ここが問題なんですよね。優秀かは別として、当たり前のことができる審判は、線審に確認はする。ちなみに線審は必ずこのゴールみてます。第4審判にも。確認不足、そして代表監督とチェアマンが観ている試合でこの有様・・・。これじゃあどうしようもありませんね・・・。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年05月21日 13:54
    > mixiユーザー ありがとうございます。助かります。自分の判定に絶対的自信を持つ主審の問題もあるとは思いますが、第1の問題:線審がきちんと判定をしなかったことが大きいように思います。で、これが「正しいポジションにいたのに」「見えなかった」「確信が持てなかった」のであれば、やっぱり仕方ないと思います。これは基本3人でジャッジする現行ルールの限界ではないかと。「間違ってゴール判定」をしたらプレーがいったんオフになるので抗議や確認のチャンスがありますが、「ゴールではない」というミスジャッジなので、そのままオンプレーになってしまって確認の機会が消滅しますよね。もちろん、線審が「見えていた」のに「ゴールをアピールしなかった」のであればまずいですね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年05月21日 14:01
    > mixiユーザー ありがとうございます。ゴールしたように見えてるのにゴール判定ができなかったのであれば、もうそれは論外ですね。そんなことってあるんですかね。えこひいき?なんにしてもプロ審判失格ですよね。線審などに確認しなかったのは、この審判の「絶対に自分が正しい」という人間性ですね。いずれにしても、システムの問題ではないのということですね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年05月22日 14:07
    > mixiユーザー 
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190522-00010013-goal-socc
    によりますと、一番見やすいところで見ていた副審のセカンド(第4の審判のことでしょうか)にもゴールに見えなかったようです。ボールの跳ね返り方を見て、ポストだと思い込んだようです。

    結果、審判4人とも「ゴール」という確信が持てなかった。そして選手たちが騒いでいるけど、それはジャッジに影響させなかった。ということのようです。

    そして、ポジショニングを問う声は一切ありません。

    問題は、ポストなのか、ゴール内のボトルなのか、がどう見たら区別ができるのか、ということでしょうが、ここは人間だから経験がないと間違えるのではないでしょうか。

    やはり、現行ルールではしょうがない、誰が審判でも起こりうる、ということではないでしょうか。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年05月22日 14:10
    > mixiユーザー 
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190522-00010013-goal-socc
    によりますと、審判4人とも「ゴールである」と確信したジャッジができた人はいなかったようです。

    ゴール内のボトルに当たって跳ね返ったものが、ポストに当たって跳ね返ったように見えたということです。

    そして彼らのポジショニングを問う声はありません。

    やっぱり、現行ルールではしょうがない、誰が審判でも起こりうる、ということではないでしょうか。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年05月22日 14:38
    > ものみんたさん、この記事読みました。ポジショニングの問う声はないので、ポジショニングに関しては問題ないんだと思います。ただ、次の文、「選手のリアクションだけで判定を下すことはしてはダメだ」との部分がしょうがないんだと思います。「ポストに当たってはねかえった」はもう判定をしてしまったので、これを彼らは言い続けるしかないです。ただいろいろ調べていくと、この主審は過去にいろいろあったようですね。サッカーの神様は見てるのでしょう。ゴールをノーゴールとなれば、誰だって熱くなります。ゴールラインテクノロジー導入は避けられないでしょうね。別角度からみるとhttps://www.youtube.com/watch?v=ajGFVa5B8rY、審判が見切れちゃってるんですよね。ただ17秒の部分だけみると、主審が言ってることはわからなくもないのですが、一番近かった場所にいた線審はなにをしてたのかが再度問われます。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年05月22日 15:40
    > mixiユーザー 
    リンク先の内容読ませてもらいました。
    結論としては、主審の判断としては若干しょうがないね、と思う部分がありますが、結論は変わりませんね。

    やはり、『ジャッジができた人はいなかった』のが問題ですね。

    記事には、
    肝心の判断は「右のポストに当たって、左のポストに当たってGKのところに跳ね返ってきた」と解釈してノーゴールとしてしまったことを明かす。「そのままボールがそこにとどまるか、ゴールの奥に入っていくのが通常のケース」であるため、左のネットから跳ね返ってきたボールを「ちょっと自分の思い込みで判断をしてしまったのではないか」
    とありますが、これって、要するに線審としての役割を果たせていません。

    「右のポストに当たって、左のポストに当たってGKのところに跳ね返ってきた」とありますが、つまるところ、これは、該当のシーンを見てなかったということです。
    もっといえば、自分が責任をもってジャッジするという意思で、集中して見てはいなかった、ということです。

    前の返信に書きましたが、これがクロスバーにあたって、中に入ってから戻ってきたというような、明確な判断基準がないケースなら、致し方ない部分もあるかと思います。
    その場合は確かに現行ルールではしょうがない、となるでしょう。

    しかし、今回のサイドネットの場合は、ポストという明確な基準があります。
    例え跳ね返ってきたとしても、線審の位置から、ポストの右側にボールがあったなら、跳ね返ってきたとしてもゴールインです。
    ポストに当たったかどうかは、見ていればわかります。

    なので、結局は該当シーンを見ていなかったか、
    もしくは、ジャッジするつもりで集中してはいなかったか、です。
    僕も少年サッカーでの審判の経験がありますが、ジャッジするつもりで集中してなく、なんとなくボールを追っていただけってなると、ハッとしてわからなくなる時はあります。

    ただそれは人の問題です。
    誰が審判でも起こりうるか、という観点では、
    別の人が線審ならば、起こらなかった可能性が高いでしょう。

    結局は、ジャッジ出来なかった線審が一番悪く、正しいジャッジを行えなかった主審も悪いでしょう。
    ただし、記事には、副審の判定を採用した、といった趣旨の書き込みがありますが、それは正直疑問ですね。
    ゴールを割ってから、オンプレーの宣告をするまで約2秒です。
    その間に線審に、自信を持てるジャッジの確認ができたとは思えませんね。
    せいぜい、主審が線審を見ただけ、と考えます。

    また、主審は見えなかった、回りがゴールと思っていることは認識している、とありましたが、そうであれば、オンプレーの宣告をせずに、プレーを止めるべきですね。
    プレーを止めて、線審と確認し、必要であれば、第4の審判とも確認し、ゴールもしくは、審判のドロップボールで再開すべきですね。
    仮にそこまでしていれば、ノーゴールの判定でも、ここまでのパーキングにはなってないと思いますよ。

    結局は、線審も主審も、現行ルール上、なさねばならないことをしていない、という結果の誤審だと思います。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する