mixiユーザー(id:535251)

2020年06月18日21:59

53 view

要約・ラーマクリシュナの生涯(34)「ナレンドラが師から受けた薫陶」(1)


34 ナレンドラが師から受けた薫陶



 ナレンドラは、父と同じ弁護士になるための勉強、修行の実践、そしてドッキネッショルにラーマクリシュナを訪ねることで、日々をすごしていた。ナレンドラの両親はナレンドラを何度も結婚させようとしたが、ナレンドラ自身が結婚に反対していた上に、なかなかふさわしい相手が見つからなかったために、両親の努力は無に帰していた。
 ラーマクリシュナもナレンドラに、完全な禁欲生活を送ることを勧め、両親が結婚するように哀願しても、耳を貸さないように注意した。
 あるとき、ラーマクリシュナがナレンドラに対して禁欲生活を勧めているということが、ナレンドラの両親の耳に入った。ナレンドラの両親は、ナレンドラが出家してしまうのではないかと恐れ、必死でナレンドラを結婚させるための工作をした。しかし神の思し召しにより、すべては無に帰した。万事万端整ったときでさえ、結婚寸前で、両者の些細な行き違いから、破綻に終わってしまったのであった。

 こういうこともあって、ナレンドラが頻繁にドッキネッショルを訪ねてラーマクリシュナに会いに行くのを、両親は好まなかったが、あえてそれを止めることもしなかった。それは、ナレンドラが彼らにとって最愛の存在であったことと、ナレンドラの性格上、無理やり拘束しようとしても、反対の結果を生むだけだということはわかっていたからだった。


 ナレンドラ(ヴィヴェーカーナンダ)は後に、ドッキネッショルでラーマクリシュナとともに過ごした至福の日々を、このように述懐している。

「師とわれわれが過ごした日々がどんなに喜びに満ちていたかを説明するのは、非常に難しい。戯れ、ふざけあいながら、また何気ない日常の行動を通して、われわれが絶えず師の薫陶を受け、知らぬ間に霊性の生活を練り上げていただいていたことには、いまだに驚くばかりだ。
 強力なレスラーが少年を鍛える際には、少し手加減して相手に自分も同じくらい強いと思わせるものだ。教え子が自信に目覚めるように、やっと勝ったふりをしたり、時には負けてやることもある。師も同様にわれわれを扱われた。
 バーヴァムカ(絶対世界と相対世界の中間の状態)に常に安住されていた師は、機が熟せば各自に潜む霊性の力がどのように発現するかご存知だったのだ。心にその輝ける未来像を抱いて、われわれを褒めて励ましてくださった。世俗の欲望に巻き込まれて人生最高の目的を見失わないように、われわれの行動の一つ一つを注意深く観察し、指示を与えて制御してくださった。しかし師がどれほどつぶさに見守り、制御してくださっていたのかに気づくことはできなかった。」


13 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2020年06月>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930