mixiユーザー(id:535251)

日記一覧

(M)先生、一つよろしいでしょうか。階級へ分別が最後のけがれとしてあったっていうことなんですけど、それを落とすのに十二年かかってるんですよね? やっぱりそれくらい長い期間っていうか、一つのけがれを落とすのに十二年かかるのは、それくらい、この

続きを読む

【本文】「ルーイーパ」  グル・ルーイーパとは、彼が魚の腸を食べたことによる命名です。  一人の王がいました。王国は財宝の神クベーラに負けないほど裕福でした。王には、宝石、真珠、金、銀などで飾られた王宮があっただけではなく、3人の息子がいまし

続きを読む

今日のAMRITAチャンネルは、『ブッダ伝「お釈迦様の生涯」中編【布教を開始し、高弟たちが集結してくる編】』です。

続きを読む

【本文】 父マルパよ、あなたのことを思うと、私の苦しみは取り除かれます。 わたくし、乞食僧は、熱い歌をあなたに歌います。 東方の赤い岩の宝石の谷の上に、 一群の白い雲が浮かんでいます。 その下には、後ろ足で立ち上がるゾウのような、巨大な山が

続きを読む

2008年11月26日「84人の成就者たち」第一回 はい。今日は『八十四人の成就者たち』。ちょっと変わったテーマですね。まあ成就者、つまり修行の達成をした人たちの物語なんですが、ちょっと変わった物語です。 これは、まずその背景から言うと、ま

続きを読む

【本文】 やがて時が来ると、デーヴァキーは息子を出産しました。 決して嘘をつくことができないヴァスデーヴァは、心の中でひどく苦しみながらも、自分がかつて約束した通り、その子をカンサに差し出しました。 しかしカンサは、喜びながらこのように言い

続きを読む

【本文】 さて、ヤドゥ族の王シューラの息子であるヴァスデーヴァは、デーヴァキーという女性と結婚式を挙げた後、自分たちの新居に向かって、馬車で移動していました。 そのとき、デーヴァキーの従兄であるカンサは、従妹の結婚を喜び、自らその馬車の手綱

続きを読む

2009年6月3日解説「クリシュナ物語」第一回 はい。今日は『クリシュナ物語』ね。 これはまあ、なんていうかな、クリシュナの生涯の話なので、解説っていうよりは、皆さんがね、この話を読んで、まあなんらかのインスピレーションをね、得たらいいと思

続きを読む

 きたる10月4日(日)、14時30分より、福岡県福岡市にて、ヨーガ講習会を開催いたします。  皆様のご参加を心よりお待ちしております。 詳細――――――――――――――――――――― ☆日時:2020年10月4日(日)14:30〜17:30

続きを読む

今日のAMRITAチャンネルは、『聖典朗読「前行の詩」』です。※一部修正点があったので再アップしました。

続きを読む

マルパの生涯(12)
2020年08月13日10:19

アビシェーカと口頭の教えを受け、マルパがチベットへ帰る マルパの蓄えは尽き、またニュの蓄えも尽きました。二人は申し合わせて、一緒に帰りの道を進みました。 ニュはこのように考えました。 「わたしの方が金をたくさん持っているのに、彼の方がわたし

続きを読む

【本文】 この出来事のしばらく後、ミラレーパはこの世を去りました。ミラレーパには「太陽のような弟子」といわれたガンポパと、「月のような弟子」といわれたレーチュンパという二大弟子がいましたが、二人ともミラレーパの臨終に立ち会うことはできません

続きを読む

【本文】 彼が意識を取り戻したとき、嵐はやんでいました。高い木の枝に、自分の服の切れ端が揺れているのが見えました。現世とそのすべて事柄の無益さに関する思いが、ミラレーパを襲いました。そして強い現世放棄の思いが彼を圧倒しました。彼は岩の上に座

続きを読む

 きたる8月23日(日)、13時30分より、福岡県福岡市にて、ヨーガ講習会を開催いたします。  皆様のご参加を心よりお待ちしております。 詳細――――――――――――――――――――― ☆日時:2020年8月23日(日)13:30〜16:30

続きを読む

今日のAMRITAチャンネルは、「ワンポイントダルマ『ブッダ伝「お釈迦様の生涯」 前編』」です。

続きを読む

【本文】 ゲシェは自分の愛人に、成功したらトルコ石をプレゼントし、正式に結婚しよう、と約束をし、ミラレーパに毒入りのヨーグルトを持っていかせました。ミラレーパは彼女からヨーグルトを受け取ると、こう言いました。「それで、報酬のトルコ石は首尾よ

続きを読む

【本文】 この一件によりゲシェはいっそうミラレーパを恨むようになり、こう考えました。「この無学なミラレーパという男は、ブッダの教えにそむいた風変わりな言行をし、虚言によって人々から多くの布施や供物を奪っている。それに対してわたしは正統な仏教

続きを読む

 「この身の内側に僧院を作ったので、外側の僧院のことは忘れてしまいました。」 これはさっきの守護神の話とも関係しますが、しっかりとわれわれが瞑想を進め、カルマを浄化することによって、自分がね、この自分という存在そのものが、聖なる僧院になると

続きを読む

「体と心において謙虚に生きたので、強者の尊大さと傲慢さを忘れてしまいました。」 これはもうこのままですね。まあナーグ・マハーシャヤとかもそうだけども、ああいう謙虚な生き方を貫くことによって、まあ、なんていうかな――この詞章の全体を通してい

続きを読む

今日のAMRITAチャンネルは、「ワンポイントダルマ『カルマヨーガとは』」です。

続きを読む

今日のAMRITAチャンネルは、「ワンポイントダルマ【人が"弱さ"に陥る心のトリック】瞬間的に心の強さを取り戻し、己の魔に打ち勝つ方法」です。

続きを読む

35 ラーマクリシュナのシャムプクル滞在◎ナレンドラの就職と退職 ナレンドラがついにカーリー女神を受け入れ、師ラーマクリシュナの祝福を受けたのち、彼の家族の経済状態は徐々に改善され、豊かではなかったが、以前のような貧困にあえぐことはなくなっ

続きを読む

◎母なるカーリーを知る 一時は出家を決意したナレンドラであったが、自分が生きている間は出家しないでほしいという師ラーマクリシュナの願いを聞き入れ、再び仕事を探すことにした。そしてその翌日、その日暮らしの生活を支えるには十分な臨時の職に就くこ

続きを読む

グル・プールニマ
2020年07月05日07:20

 今日は、一年で最も祝福が強い満月とされるグル・プールニマ(グル(師)の満月)と呼ばれる満月です。 この日は、師がいる人は師に、いない人は古からの偉大なる師方に、供養や感謝を捧げるといいでしょう。 祭壇に供物を捧げたり、心の中で師を瞑想した

続きを読む

◎出家の決意 夏が過ぎ、インドの雨季が訪れても、ナレンドラは相変わらず仕事を探していた。 ある夜、帰宅途中のナレンドラは、雨でずぶぬれだった。一日中何も食べておらず、体も心もつかれきっていた。 とうとう一歩も動けなくなり、見知らぬ家のベラン

続きを読む

 きたる7月23日(木・祝)、13時30分より、福岡県福岡市にて、ヨーガ講習会を開催いたします。  皆様のご参加を心よりお待ちしております。 詳細――――――――――――――――――――― ☆日時:2020年7月23日(木・祝)13:30〜1

続きを読む

ここまでは、過去3ヶ月以内に投稿された日記です。

これより過去に投稿された日記を閲覧するには、画面左の「過去の日記」内にある年月をクリックすると該当月に投稿された日記を閲覧することができます。