ホーム > mixiユーザー(id:5348548) > mixiユーザーの日記一覧 > 映画「国家が破産する日」

mixiユーザー(id:5348548)

2019年11月18日15:33

59 view

映画「国家が破産する日」

民主化から10年の1997年秋、韓国はOECDに加盟、先進国の道をひた走っている、と国民はだれもが信じていた。
しかし、韓国銀行の通貨政策チーム長ハン・シヒョン(キム・ヘス)は通貨危機を予測。
政府は国家不渡りの事態を防ぐ非公開の対策チームを招集するが、国家破産まで残された時間はわずか7日間しか残されていなかった。

金融会社勤務のユン・ジョンハク(ユ・アイン)は、リクルーターとして内定した新卒学生に対応していた。内定者たちは会社の好待遇に浮かれ気味。
しかし彼は独自の分析から危機の兆候を知る。逆にこれを好機と、ジョンハクは会社を辞め、投資家を集めてひと儲けを画策。

しかし多くの国民はそんな経済状況をよく知らない。
ちいさな町工場の経営者ガプス(ホ・ジュノ)は、大手百貨店からの大量発注を手形決済という条件で受けてしまう。

経済的な混乱はあっというまに韓国中に広がっていく。
韓国ウォンは半月でどんどん暴落。
このままだと韓国という国自体が破産するー。
ガプスも手形が不渡りとなり、経営も借金の返済もどうしようもならなくなっていた。

そんな中、極秘に来韓したIMF(国際通貨基金)総裁(ヴァンサン・カッセル)。
しかし、彼が提示した、韓国への融資条件は、外資を入れ、雇用の不安定を招くものだった。
シヒョンには到底受け入れがたい。そして彼女は、IMFのバックに、経済的に韓国に影響を及ぼしたいアメリカの思惑があるのではないかと疑うのだが・・


まだ記憶に新しい1997年のアジア通貨危機。
あのあと、韓国では自殺者が急増したという。
IMFの管理下に入った日は「国恥日」として韓国国民に刻まれたと聞く。
そんな生々しく、まさに国が破産する瀬戸際まで追い込まれた「国の恥」をネタにして、映画を作っちゃうという韓国の映画人のしたたかさにも感心してしまう。

国家破産を食い止めようと奔走する、キャリアウーマンのシヒョンがなんともけなげだ。石田ゆり子にちょっと似ている。
それにしてもIMF総裁にフランスの有名俳優・ヴァンサン・カッセルを持ってくるなんて、「オペレーション・クロマイト」のマッカーサー役のリーアム・ニーソンといい、韓国映画、攻めてるなあ、という感じである。

しかし、あの当時の日本経済も危機状態だった。
1997年秋には山一證券、北海道拓殖銀行が潰れ、翌年には長銀、日債銀も破綻。
わたしが勤務していた会社でもリストラが行われ、世界史の教科書でしか見たことのない「恐慌」という文字が、現実感を伴って身近に迫ってくるのを感じていた。
ちょうどこのころからしばらく、学生たちは「就職氷河期」に直面することになり、現在もなお、多くの人が不安定雇用で苦悩する社会問題となっている。

そういう意味では「よその国の話」として見てはいられない映画かもしれない。
ほかに、先般見た「8番目の男」同様、クォン・ヘヒョ、キム・ホンパ(経済首席)が出演。
(11月11日、シネマート心斎橋)
8 9

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年11月18日 15:54
    キム・ヘスは、ドラマにも沢山出てたので私も知ってる女優さん。長編ドラマで、その昔、ペ・ヨンジュンの彼女役もしてました。
    目鼻立ちがくっきりしてるから、ちょっと石田ゆり子とは、タイプが違う気がします。
     通貨危機もころには、全く韓国には興味がなかったけど、ドラマでは、よくその頃のこともでてきたので、知ってはいます。
     
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年11月18日 16:18
    > mixiユーザー 
    97年の韓国のIMF危機の最中に大統領選挙で金大中氏が当選。よりによってこんな国難の時に大統領になるだなんて、大変だなあ、だけど今がどん底でこれからはよくなるしかないからかえっていいかも、と彼に同情しながら当時思ったものでした。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年11月18日 18:05
    キム・ヘス、かっこいいですよね。ラブコメから犯罪ものまで何でもこなすし。
    IMF危機の時代背景を描いたドラマなどは結構ありましたが、この危機そのもののストーリーを正面から映画にするって本当にすごいなと思いますね。
    韓国で英語字幕一度見ているのですが、もう一度、日本語字幕で見たいと思いつつ、まだ見に行けずにいます。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年11月18日 18:24
    > mixiユーザー 英語字幕でご覧になったんですね。
    日本語字幕の監修は、経済問題のコメンテーターなどでおなじみの浜矩子さんです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年11月18日 22:47
    > mixiユーザー 
    ろくに眠らず国家の危機回避のために奔走する、という役柄なので、お化粧控えめ、ストイックな雰囲気でした。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年11月21日 17:11
    このままいくと日本は30年後に破綻する・・という対談を読んだばかりです。30年後にはいないはずだからいいか、とは言えないし、歴史は急速な展開を見せるし、何だか不安です。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年11月21日 17:57
    > mixiユーザー 
    2040年危機と言うことも聞きます。わたしが小学生の頃は高度経済成長が続いていましたから、未来が輝いていましたが、現代の若い人は「わたしたち、年金もらえないんでしょ」なんて言ったりしてる。若者が希望を持てない国というのは、由々しきことです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年11月24日 19:19
    そのころの日本の経済危機は覚えています。
    「就職氷河期」でしたね。
    いまの40歳くらいの人たちが正社員が少なく、生涯非正規になるのではないかという人が多いということで、確かに2040年頃が心配です。
    日本経済が破産する日も心配です。
    若者たちの未来に幸あれと祈りたいです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年11月24日 19:56
    > mixiユーザー 
    あの当時、本当に「恐慌」になったらどうしよう、とわたしもかなり怖かったのを覚えています。
    でも1997年という年は、自分が本格的にインターネットを始めた年でもあります。
    あの年から、朝起きると、パソコンでメールをチェックするのが今に至るまでずっと習慣になりました。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

忍者モード登場!