mixiユーザー(id:5347088)

日記一覧

血管拡張性肉芽腫
2018年09月11日11:48

二ヶ月ぐらい前に血管拡張性肉芽腫ってのが出来たんすよ。何かのきっかけで毛細血管が傷ついて、どんどん肥大していくと言うちょっと厄介な腫瘍です。最初は1mmぐらいの穴が出来て、そっから肥大した血管が飛び出すんだけど、最終的にはその飛び出した血管が

続きを読む

KORG MS2000R
2018年09月10日11:49

第9回目は、KORG MS2000Rアナログモデリングシンセって言う、デジタル上でアナログの動きを再現したシンセであり、デジタルシンセの一つの到達点です。アナログシンセの良さは、音が太くて暖かいみたいな部分もありますが、一番には「ツマミやスライダーで直

続きを読む

Roland FA-06
2018年09月10日11:00

第8回目は、Roland FA-06。まさかの現行品ですw。https://info.shimamura.co.jp/digital/newitem/2017/09/116480ローランドがワークステーションてものをもう一度再定義しようと試みた意欲作で、実際同社のワークステーションとしてはフラッグシップになる製

続きを読む

Roland D-10
2018年09月10日10:42

第7回目は、Roland D-10。去年、行きつけの自転車屋さんのオーナーに頂戴しました。ローランドが当時、YAMAHAのDX7に対抗するべく作ったデジタルシンセ「D-50」の廉価版。DX7は「FM音源」と言う、非常に自由度は高いけれど音作りが難しい音源を出してきたの

続きを読む

AKAI MPC60
2018年09月05日10:41

第6回目は、MPC60供リズムマシーンとサンプラーとシーケンサーが一緒になった、当時のエポックメイキング。1991年発売。シーケンサーってのは、所謂「打ち込み音楽」の要である、自動演奏の命令部分だと思っていただければ大体合ってます。「こう言う音階で

続きを読む

Doepfer MS-404
2018年09月05日10:06

第5回目は、Doepfer MS-404。同時発音数1音・・・つまり、同時に発音しませんw。かつての名機・Roland TB303/BASSLINEのクローンシンセ。元々のTB-303って楽器についてちょっと説明。ベース専用シンセとして入門者向けに作られた、安価なモノフォニックア

続きを読む

雑感
2018年09月04日14:35

昨日、仁義なき戦いを見たんですよ。うん、ヤクザ映画。主役は居てもヒーローなんか居なくて、出てくる人出てくる人大体ろくでなしって言う映画。「なんかよそ者がカタナ持って暴れてるっすー」「じゃあぶっ殺してくるわー」懲役8年みたいなそんな感じ。大物

続きを読む

YAMAHA SY99
2018年09月04日11:33

第4回目は、YAMAHA SY99。1991年の最新型で、当時は42万円もした日本最高峰のモンスターシンセ。僕は去年33300円で手に入れましたw。DX-7の後継機としてSY77ってのが出たんですけど、そのシンセサイザーに対する考え方って言うのが非常に複雑すぎて

続きを読む

YAMAHA TX-81Z
2018年09月04日10:57

3回目は、ヤマハTX-81Z。驚くなかれ、今から32年前のシンセサイザー。全く楽器っぽいルックスでは無いので、ハードオフとかでたまに何の機械だか分からない状態で売られていますw。この子は、かつて一世を風靡したFM音源の雄・DX-7の廉価版という位置づけだ

続きを読む

Roland JD-XA
2018年09月04日10:41

第2回目は、Roland JD-XA。僕が現行モデルのシンセを複数台持つのは非常に珍しいんだけど、その中の一台にして、多分、日本製の現行品の中では最強のシンセ。これは、アナログシンセとデジタルシンセの両方の特徴を持つ、まさに化け物シンセ。普通の人が想像

続きを読む

Korg 01/W FD
2018年09月03日16:43

今まで使ってきたり、今も所有してる楽器について、ちょこちょこ書いてみようと思います。第一回目は、KORG 01/W秋葉原の中古楽器店で破格値で買った、初めてのデジタルシンセ。と言うか、エフェクターやミキサー、シーケンサーまで内蔵してるので、実際には

続きを読む