mixiユーザー(id:5343821)

2021年05月24日02:01

186 view

ラトルのベルリンフィルデビュー(1)

しばらくの間、目の病態が緊急事態で、生と死のハザマといえるような音楽や演奏を求めることとなった。
そういう場合には、バーンスタインとか、意外とアバド、世代ではないがフルトヴェングラーといった指揮者がふさわしい。シリアスなのだ。おそらくこれは、戦争体験が関係していると思う。
ただ、年中そういう音楽がよいかというと、いろいろな場面がある。
どちらかといえば、こんな音楽は、特殊な状況にシリアスな性格の人が好むだけなのかもしれない。

いまは、眼圧もかすみも、停滞状態で先行きも不透明であり、あまり心楽しくはないが、緊急事態は脱して、バーンスタインのマーラーを聴こうとかいう気分でもなくなった。アバドやカラヤンもなにか違う。
気持ちがきつすぎた反動かもしれない。

で、なぜか急浮上したのが若きラトル。
戦後世代で、頭脳明晰で軽やか。精神のどす黒い深さや神秘性でなく、音響構造のおもしろさをあきらかにする。
バーミンガム響時代のシベリウス全集が2000円ぐらいだったので買ってあったが、これは明るい響きでいきいきしている。
諸井誠が、シベリウスの7番をめぐって、ベストレコードを模索する中で、このラトルのを高く評価していた。まだまだメジャーになる前だが、楽譜がわかる人には、ラトルの分析力はそうとう面白いらしい。ラトルが将来ウィーンフィルやベルリンフィルを振って、録音も理想的になればベストレコードになるという予言にも思える論調だった。
これは、ベルリンフィルレコーディングスのハイレゾで実現したと言えるのだが、私にとってはバーミンガム響のほうがいまはおもしろい。録音はEMIでよくないが。

急に気になって、調べて買ったのが、ラトルのベルリンフィルデビューCDだ。
これは、カラヤン時代の1987年のもので、マーラーの6番。
これは伝説的なライブということで、ベルリンフィルの記念企画で出たもの。最近再発されたおかげで、中古で送料込み640円で入手。

32歳のラトルが、まだカルロス・クライバーも振っていなかった頃のベルリンフィルに乗り込んで、何をしでかしたのか?
レコーディング・コンサートは、タイムマシンのようで、ほんとうに素晴らしい。

続く
8 11

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年05月24日 07:17
     音楽を聴くタイミングというものは確かにありますね。普段は特にいいなとも思えなかった演奏が、ある体験をした、あるいは現に体験中に聴くと、急にその良さが見えてきたり、かなり前に聴いたけど、特にピンとくることもなかった演奏に今はすごく共感できたり、ということは、私も、しばしば体験します。結局は自分次第なんですよね。
     このところの目のご病態は、できれば体験したくはない苦しいことではあったでしょうが、それがあったから、その反動で、何とか小康状態を得ている今は、若きラトルの良さが分かってきたということもいえそうですね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年05月24日 07:39
    目の病気は心配ですね。どうぞお大事になさって下さい。

    ラトルはご指摘の通り、新しい時代を感じさせる指揮者ですね。私は3度ライブで演奏を聴きましたが、いずれも大変印象に残っています。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年05月24日 09:35
    バーミンガム響の録音はイマイチというのはわかりますが、基本的に優秀録音がお好きなようですね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年05月24日 10:53
    ラトルがバーミンガム交響楽団と来日した時の、マーラー「7番」が圧倒的な名演でした。
    付点音符を複付点音符みたいに強調したり、楽譜にはない(と思う)ゲネラルパウゼが頻出したり。
    それでマーラーの歪曲とは、全く感じない。
    むしろマーラーの音楽の構造を、明晰に分析して鮮明に表出した感じ。

    ちょうどアッバードがベルリン・フィル辞めると明らかになった頃です。
    その後友人になったさる人達は、この時聴いて、次のベルリンフィルはこの人だな。
    そう言い合ったそうです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年05月24日 13:59
    > mixiユーザー 昔NHKで、人生の10曲というのをやっていて、有名人がその時々の曲を提示しながら話していくものでした。有名人でなくても、これはおもしろいと思います。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年05月24日 14:03
    > mixiユーザー ラトルは、よさがわかりにくく、ファン心理でクライバーやアバドの下に思いたくて避けてましたが、バーンスタイン交響曲2番とマーラー 9番のコンサートで、たちまちファンになりました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年05月24日 14:05
    > mixiユーザー オーディオやってますからね。ただ、ほんとの名演は、正式なレコーディング外にありがちですね。このラトルのもそう思います。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年05月24日 14:07
    > mixiユーザー まさに、そういう良さみたいですね。私は楽譜がわからないのですけど。話もすごくうまいと思います。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年05月24日 18:48
    > mixiユーザー ラトル/ベルリン・フィルのマーラー「9番」・私も聴きました。圧巻でした!!
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年05月24日 21:03
    > mixiユーザー それは来日ライブでしょうか? 私はロンドン交響楽団とで、バーンスタインのような闘争性はなく、和やかな雰囲気でしたが、たいへんに調和のとれた美しい演奏でした。死ぬ前の5分間、こういう音楽でもいいなという感じです。ベルリンフィルとであれば、もっとカラフルで劇的な演奏になっているのかもしれません。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年05月25日 08:02
    > mixiユーザー 来日公演です。ベルリン・フィルの合奏力に脱帽でした。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2021年05月>
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031