mixiユーザー(id:5343821)

2021年02月15日13:48

560 view

飛蚊症レーザー手術の真実 トラブル編

この話題については、ほぼ終わりのつもりだったが、その後大迷走している。
右目5回目のレーザーの後、年末年始で忙しい、病院が遠いなどで、40日以上来院をさぼっていた。左の飛蚊症レーザー2回目を受けて最後にしようと思い、そのときの検診で右の眼圧が42。ふつうは15ぐらいで、私は高眼圧症なのだがそれでも20程度。
眼圧が上がると、視神経がやられて視野が失われてしまう(ことがある)。

即座に、飛蚊症レーザーは中止、SLTレーザー手術という、緑内障の眼圧を下げる手術を受けたが、これは根本的な治療ではなく運次第という感じのもの。数か月前に受けたが、私の場合も、明らかに下がったというほどのことはなかった。
その日は視力も下がっており、今まで白内障手術の眼内レンズで、見えすぎるぐらいに見えていた遠方が見えない。
怖さと後悔で、ほとんど一睡もできず。

翌日に17!、奇跡が起こった。目詰まりを起こしていた部分が穴が開いて、グッと圧力が下がったイメージか。

で、ほぼ安心でこれで切り上げようと思った・・・

が、この翌週、左の飛蚊症レーザー前日と当日の朝、目覚めると右の視界が霞んでいる。
40分ぐらいでカスミは取れたのだが、眼圧が上がると霞むという話があり、怖い。
で、この日、眼圧は47という過去最高の恐怖の値。医師の接触型のでは36だったが、47のほうが印象に残る。
その日、真っ暗な気持ちで目を閉じてマーラーの交響曲10番を聴いていて、目を開けるとまた霞んでいる! 伝統を見ると周りにうっすら輪っかができていて、こういうのも有名な
緑内障発作の症状とネットでみる。

飲み薬は副作用で手足がしびれるし、5種類もの目薬で1日10滴以上みたいな状態。

最新の検査は、その1週間後で、これでも39で、絶望的になったが、医師の接触型のでは24という。これも39を信じてしまう。

他に、たまにピカッと右目の端が光る。これは光視症といって、以前網膜に穴が開いたときにもあった。そこまで重くはなさそうなのだが、落ち着いたら網膜もみてもらう必要がある。
見え方の異常はとにかく怖い。

暮らしている中でも、あれ?こんなに右目って見え方よくなかったっけ?、ということが増えた。白内障手術後、当時の技術なので単焦点だが、遠方はクリアに1.5見えるのが、強い近視の自分には人生が変わるほどうれしかったのだが。
飛蚊症レーザーなどにまで手を出したのも、そういうこだわりから。
しかし、過去にもレーザー後に眼圧が上がり、違う医院で厳しいことも言われたのに、深追いし、検査をさぼってこの事態になるとは・・・

ここ数週間、精神的にすっかり参ってしまっていた。
何をしてもそんなに楽しくはない。

いまは少し落ち着いてきて、最近の霞や見え方の不調について、新たな仮説もある。
あまりに目薬をさしているので、その成分が瞼の裏などに残っていて、目を閉じて涙液が少なくなって、また開けたときには特に、ネバついて視界を白濁させるのではないか。
これだと、目薬が減らせれば大丈夫になる。
ただ、こういう症状が出るということは、ドライアイの可能性もある。

飛蚊症レーザーの副作用で、眼圧上昇については、日本での情報ではほとんどわからないので、おそらく世界一の治療実績のある、アメリカのジョンソン先生のページをみると、記述がある。
これが問題になるのは、1000件に3から5件とある。宝くじには当たらないが、こういうのには当たることがある(笑)
まあ、多少の眼圧上昇なら申告されないとか、たまたま検査を通過したとか、私も2回目250発程度まではたぶん問題なかったとか、いろいろ理由はあって、実際はもっと高い確率で起こりそうだ。
ただこれは、事前に予測して避けられるという。

私にあてはまりそうなのは、「もともと房水の流れに不調がある」「白内障手術後である」というところ。回数はあまり一度に撃つ医師ではないが、飛蚊のタイプで、ネバついたようなものは詰まりやすいということもありそうだ。
救いとなるのは、weeksやa few monthsで戻るというような記載もある。破片が排出され切ればということだろう。
私の場合は、因果関係はこれとしか思えないので、これを信じるしかない。
過去にも高眼圧は元に戻っているのだが、今回は規模がかなり大きいのは謎だ。

ここ2か月で、視神経や視野に異常が出たか、いまだに超高眼圧なのか、恐怖なのだが、知らないことにはいけないので、飛蚊症レーザーのところは事情で遠方のためもあり、本格的に転院して検査を受けることにした。
眼科オタクの聖地??というようなところがあるようで、そこの分院に行って、必要なら手術を受けたり、他の異常も早期発見してもらい、長期的にはプラスにしたいとできるだけプラスに考えている。

まだそこまでの歳ではないが、老いと検査の恐怖をつくづく経験している。
昔は見えるなんて当たり前で、目をこすったり、コンタクトレンズを無茶に使ってもなにも思わなかったのだが。
4 2

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年02月15日 17:48
     読んでるだけで恐怖でした。ましてbswanさんは当事者本人なので、同じ「恐怖」というお言葉一つにも切実なものがありますね。
     視界がぼやけたり、霞んだり、はそれだけで恐怖ですが、高眼圧というのは厄介なものですね。食生活の改善とか、適宜運動するとかで、抑えることはできないのでしょうか? 
     目は毎日使うので、こういう状態だと、自分だったら、毎日がうっとうしくて、次第に鬱になり、やる気が失せたりするんじゃないかと思いますが、できるだけプラスに…と前向きでいらっしゃるのはすごいと思います。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年02月15日 18:57
    > mixiユーザー 
    いえいえ、脳梗塞のほうが1万倍問題が大きいと思います。人によっては、高眼圧は感覚的にわからないので無視して視野欠けが進むようです。私は目を大事にしてるので、なんとか食い止めたいです。
    マーラー10番を聴いた日は、夜中に吐いたりもしました。高眼圧で吐き気はあるそうです。しかし薬の副作用とか、いろいろあるので、客観的にどこまで深刻なのか、21日の大きな病院の検査次第です。精神的不安のほうが大きいです。
    眼圧はけっこう単純で、通り道が詰まってるかどうかだと思います。外科手術がありえますが、もちろん避けたいですね。でも目薬生活はこれ以上は無理です。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する