mixiユーザー(id:5343821)

2021年01月02日14:43

200 view

ツィーター祭り!(2) リボン型の謎

いろんなユニットを購入して試して、処分するというようなことをやっていた。
ヤフオクに出品していたら、ああなんかがんばってたなあと実感する。
経済は回すものなので、処分価格は悲しいことも多いのだが、自分の好きなマイナーな世界にお金がまわるのは悪くはない。
いや過去形ではなく、いままた、ツィーターを買いだして止まらないのだ。

まずは、リボン型の世界を紹介しよう。
よく、スーパーツィーターの広告などで、「音場が出る」「広がりが出る」「空気感が出る」「超低音が変わる」みたいなことが書いていないだろうか。
特に低音が変わるというのは胡散臭いと思っていた。
今回これを聴くまでは・・・

AurumCantusという中国のメーカーだが、マークレヴィンソンとも関係があるらしく、いかにも中華な感じではない。
読み方は、オーラムカントゥスなのか、キャンタスなのか不明。
スピーカーボックス上に、キャビネットを作らなくても、自力で立ってしまうようなツィーターを求めていたが、リボン型は、後方に大きくなるので、背の低いやつであれば多少の工夫で無理なく立つと判明した。
APR1.2というやつで、セールでうまく買えたが、定価はペア7万以上する。中国がかんでくると、価格の普遍性はないようなもので、超お買い得なのかゴミなのか不明。
ルックスの高級感はあまりないが、色調は好き。

コンデンサーの数値は、まったくわからなくて、3.3μや2.2μも買って準備していたが、結論だけいうと、ソフトドームは0.66、リボンは1.01で今のところ使う予定。
買ったものは、わりと能率が高いようだが、それにしても、FOSTEXのホーンツィーターのような過激さはない。FOSTEXだと、わざわざ高能率を0.1から0.22μのコンデンサーで15デシベルも落として使うとか。
これが常識と長らく思っていたのだが、長岡先生の常識は世間の非常識。さかさまの世界を生きてきたわけだ(笑)

コイルでフルレンジの再高域端を落とすという発想も、長岡辞書にはないが、これも実に合理的で、いまは0.12と0.22を直列にして0.34までいったが、FE103Aは10キロから12キロヘルツにピークがあるので、減りすぎの印象はない。0.33の高級コイルで固定予定。

さて、音だが、これはちょっとマジカル。
高域というよりは、全帯域の印象が変わる。こういう経験はあまりない。
確かに、低音の輪郭が量感が豊かなのに明瞭になり、ぬくもりを感じ、みたいなことがあって、これが不思議。
会場のざわざわ感みたいなものも出る感じがする。空気が変わるというのも、ライブ録音とかだと特にあるようだ。

ベルリンフィルレーディングス、新首席指揮者ペトレンコの「悲愴」、明快だがおもしろみのない演奏だが、24ビット192キロヘルツのライブテイクで、あれ?、音に奥行きがある?、立体的?、ぬくもりややわらかさがある? オーケストラの大きさが出ている?
特に心の準備がなかったので、不思議な体験だった。

これは本格的なスーパーツィーターではなく、ツィーターだが、振動板の軽量さが効いているのだろう。過去最高に軽々したハイスピードなレスポンスが気持ちいいこともある。

欠点は、単体で音色を聴くと、T90A-EXの艶やかな華麗さ、ソフトドームの荒立てない美しさではなく、なにか膜が鳴っているなという感じ。コンデンサーを高級系にしても、限界がありそうだ。
合成すると、弦楽器については、弓の質感というべきか、なにか妙にリアルになる。
とにかく、オーケストラコンサートの雰囲気は、かつてないイメージで、しかし一番近いような気がして戸惑っている。
シンバルや金属楽器も、特性上は得意なようだ。
このツィーターに関しては、とにかく不思議、不思議。実験してみてよかった。長く使うかどうか、1か月ごとに交換したりしての対決を計画中。

T90A-EXは、純マグネシウム、アルニコ3段重ねの素晴らしい造りだが、長らく愚かな使い方(ハイカットしないフルレンジの上で、大きめのコンデンサーで、キャラのかぶるコンデンサーの音色で鳴らしていた)で、申し訳ないことをした。
いまは、できれば、13センチ以上の高能率フルレンジで、伸び伸び鳴らせるオーナーのところに行ってほしいと願い、オークション出品した。高めに出したが、ウォッチが次々入るので、近日中にいい値段で出ていきそうだ。
なので、明日からはそちらのさよなら公演に戻る。リボンの不思議はなかなか解けない。
7 6

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年01月02日 16:56
     「自分の好きなマイナーな世界にお金がまわるのは悪くはない」とありましたが、激しく同意です。世の中、必要もないところにおカネが回りすぎです。
     「不思議」に溢れた日記でしたが、今年もよろしくお願いします。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年01月02日 17:27
    > mixiユーザー 
    若いころは、1円でも安く買うにはどうしたらいいか、安く買えたら得とか、そういうことばかり考えていました。親の実家が商店で、満州からの引き揚げなので、MOTTAINAI精神が遺伝したんでしょうね。
    最近は、余裕も出てきたので、違う観点が出てきました。自分が死んだときに、お金が残ると仮定して、この世のどういう分野に寄与すればいいだろう? そう考えると、生きてるうちに、贅沢であっても、自分の好きな趣味の世界で一生懸命やってる人から適価で購入して応援するのは、両得に思えます。
    マニアな投稿にコメントありがとうございます。今年もよろしくお願いいたします。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年01月02日 18:15
    トゥイーターをある位置に設置すると、それまで聴こえなかった(感じられなかった)超低域が出てきたりします。
    Martin Logan CLSは低域が寂しくなりやすいのですが、ドーム型のトゥイーター(特にスーパートゥイーターというほどのものではない)を床のある位置に置いた途端、パイプオルガンのペダル音の最低音が部屋を揺るがせるように出てきて驚きました。
    トゥイーターの位置を移動させる(1cmくらい)と、その超低域はアッサリなくなってしまいました。

    部屋の中の空気分子がトゥイーターからの音波で励起され、超低域の伝達効率が上がったのかもしれません。(バイアスのようなもの?)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年01月02日 21:13
    > mixiユーザー 
    その理屈はわからないですが、音波の合成時に伝わりやすさが変化するということですかね。
    共振や共鳴みたいなこととは違うのでしょうか。
    いま仮置きテープ留めなんですが、正式に採用となっても、本決めの位置に動かさないほうがいいのかもしれません(笑)
    今日も、単体では別によくないのですが、合成すると、ボーカルまわりに空気感があってよい感じがしました。オケの楽器の分離も明瞭に聴こえます。金管の色が綺麗とかいう直接的魅力とは違い、不思議。
    数か月、交代で使って確かめてみたいです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年01月03日 09:24
    水はそれを単独で飲んでも不純物を感じないことか多いですが、その水で茶を入れてみると変な香りがしたりして不純物の存在に気づくということがあります。

    スピーカーの振動板も超低域の信号に応じて振動していることはしているのですが、空気の分子の状態によってそれがリスナーの耳に効率的に届いていないということはありえます。
    高域の微細な振動を空気分子に与えておくことで、低域信号による分子運動の乱れが起こり、その乱れとして超低域を感じ取りやすくなるのかもしれません。これは仮説です。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年01月03日 14:24
    > mixiユーザー 
    菅野沖彦氏の追悼選集を読んでいると、エラックのスーパーツィーターの設置位置で試行錯誤し、メインから離した場所で大成功という記載がありました。「波動の相互干渉による一種の拡散音場効果かもしれない」とあります。
    これもよくわからないのですが、今回、感覚的になんとなく近づけたのは事実です。これがどれぐらいの魅力度かで、メインに居座るのか、処分か、定期交代かが変わりますが、他との比較で、「ツィーターが他の帯域に及ぼす効果」を実験してみたいと思います。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2021年01月>
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31