mixiユーザー(id:5343821)

2020年11月29日14:07

85 view

飛蚊症レーザー手術の真実 (5)

今年は1月に、左目の後部硝子体剥離という、人生の中で一度?起こる老化現象、ゼリー状の透明な部分が収縮して液状になり、そのときに網膜が引っ張られるという感じのことが起こった(と思われる)。
そのときにおこるのは、暗いところで目の端の方がピカピカする、網膜が引っ張られている反応と、ゴミが剥がれてうにゃうにゃとみえる飛蚊症とである。光視症は引張が落ち着くと収まるが、飛蚊症は基本的に残る。

これは病気でなく誰もに起こることだが、私の場合は、右目のときに網膜に穴が開くということがあった。
私は-6Dぐらいの強めの近視で、それは眼球が大きいからで、大きい分網膜は薄くなっていることと、右はアトピー性白内障の手術をしているぐらいで、アトピー患者は網膜に問題が起こることが多いらしい。

そういう背景があり、左目は心配で、飛蚊症レーザー手術の存在をネットで知って、連絡していた眼科に駆け込んだ。
当日はかなりやばいかという状況だった(実際は日の光が強くてコンタクト外してたので異常に見えたと思われる)、が、その曜日は手術日なので受付が30分早く終わる、と、公表していない情報で断られた。緊急を訴えたのだが。
忙しいからしょうがないかと思っていたが、最近たまたまネットのクチコミをみたら、クソミソな評価になっていた。

で、タクシーで少し離れた飛蚊症レーザー手術のある施設に受け入れていただき、そこはとても親切で、いまのところ右4回、左1回の手術を受けている。

遠くて行きにくいのとコロナ中断もあるが、1年間ずっと目のことを考えて調べることになった。

飛蚊症レーザー手術は、日本でも数えるほどの施設しかなく、5・6年前はアメリカや台湾に行くしかなかったものである。
この手術は、緑内障手術と違い、白内障手術の眼内レンズと同じで、最高で現状維持でなくて、場合によっては自然な状態より見え方が改善する可能性がある。
そういう意味ではロマンがあると思う。
なので、最先端の治療の体験記には意味があると思い、何度か書いてきた。

が、ネット上でTAKUROHさんという人がアメリカに行って治療した動画を公開されているのを知った。
で、その方はmixiでコミュニティを持っておられること、さらには共著「飛蚊症と共に」まであるとわかり、電子書籍200円ほどで購読させていただいた。
ここまで情報を出されていると、私などの情報は、特に考察面は恥ずかしく、すべて消去すべきかなと思った。

まあ、私の飛蚊症は、共著の方々のものより深刻度は1%ぐらいと感じたので、意味があるとすれば、「そこそこ不快」ぐらいの人がこの手術を受けたらどうなるかというレポートかなと思う。
1 6

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年11月29日 14:21
     良い病院が見つかってよかったですね。私も小学校や中学校の頃白内障をおそれて、眼科センターに度々通ったものです。私は節約のため夜は電気スタンドの光で本を読んでいます。油断してはいけませんね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年11月29日 18:35
     親切な施設でだけでも、右4回、左1回の手術を受けていらっしゃるとは、大変ですね。私も眼はいいほうではないのですが、幸い、手術に至ったことはなく、目にメスを入れると聞いただけで、身体がゾクゾクしてしまいます。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年11月30日 01:12
    > mixiユーザー 
    今年は3つの眼科に行き、1つの眼科に門前払いとなりました。緑内障の診断もそれぞれぜんぜん違います。
    基本的に、話をしている暇もないのはどこも同じですが、そのなかでも根本的に親切心がわかると有難いと思います。

    いまは深作先生などの目の著作を読んでいますが、LEDとかではないので、夜に電気スタンドで紙の本を読むのは目に優しそうです(笑)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年11月30日 01:22
    > mixiユーザー 
    飛蚊症レーザーは、目にレンズを押し当てるので、麻酔が効いてないとメチャ痛いでしょうが、慣れれば大丈夫です。レーザーが当たって砕ける感じがみえることもあり、おおきれいになってるぞとワクワクします。そういう意味でロマンがあります。

    白内障の手術したときは、前日眠れなくて、当日は手術まで必死で目を閉じて休めてましたね。
    怖かったです。当時は、ギリギリ、点滴を受けて車椅子で臨んだりと、最後の大げさな時代でした。いまはもっとお手軽になっています。

    ただ、左目のために必死で調べてたのですが、いまの白内障手術は、近視・遠視・乱視は治り、老眼も多焦点眼内レンズでかなりよい感じになり、目の濁りは取れ、緑内障の予防もありうるという、スーパー手術になっています。
    もともと近視や乱視が強い場合は、軽くでも白内障を見つかったら、頼んででも早期に手術を受けるほうが、豊かな人生になるかもしれません。
    ただ、多焦点眼内レンズは、正確さが要るらしく、現状ではそれなりの施設がよさそうです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年11月30日 01:33
    > mixiユーザー 

     ありがとうございます。流石にすごく詳しいですね。
     私の場合は乱視が強いので、白内障の症状が出るようなことでもあれば、ついでに乱視も治りそうな希望が持てました。医療の進歩はまさに日進月歩ですね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年11月30日 01:45
    > mixiユーザー 
    現状では、乱視に関しては、得意な施設や、オーダーメイドのレンズがあったりもするので、もしそういう機会が近日中にあるようなら、ご相談ください。やたら調べましたので(笑)

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2020年11月>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930