mixiユーザー(id:5343821)

2020年10月26日01:01

196 view

フルレンジにコイル

ディープなオーディオの話が続いて申し訳ないのですが、自作スピーカーの調整。
FE103Aという10センチフルレンジユニット。これが意外にも主役をつかみ、リアスピーカー含めてよい感じ。ひょっとしたら、この環境である限りは10年でも使う? まあないかな(笑)
でも、今回はかなりの種類のユニットを試した果てなので、あるかもしれない。

長岡方式だと、フルレンジは、コンデンサーとかコイルとか、入れないことにアイデンティティがあるというか、鳴らしっぱなしの生々しさがメーカー製にはないんだというのが語られる。
いろいろいじっていくと、長岡式の良さが消えて、最初からメーカー製を買えばいいという話になるのではないか?
そういうところもあるが、ネットワークを拒否、吸音材も拒否、グライコも拒否してとかいうのは原理主義というか宗教なのであって、長岡先生が強制していたことではない。

10センチのペーパーコーンを軽々と広帯域で鳴らすというアイデア自体は、長岡的なもので、音像が空間に浮かび上がる音離れの良さを感じる。
ここに、部屋や好みに合った超低域と超高域を加えるというのが、最近の私の個性になっている。
サブウーファーはイクリプスの16センチユニットが背面で連結されたもので、ハイスピードで不要共振がないのには驚く。
こいつを、80Hzクロスや100Hzクロスで状況に合わせて使う。クロスはクラッセのデジタルプリでボタン一つで選んでいけるが、-24があきらかに測定値が良い。
少し前までは、測定値で、低域が上がっているほうがよいという柳沢先生の記事を信じて設定していたが、サブウーファー単体で大音量で鳴らすと部屋がビンビン鳴っていると気づき、大音量時は控えめにしている。

スーパーツィーターは、T90A-EXという15年近く前のホーン型だが、魅了されてるわけでもないが、サイズやキャラクターが環境に合っているので、なんとなく使い続けている。
これも、0.33μの、ムンドルフの1万を超えるコンデンサーを買ったため、それにこだわってしまったが、単体で鳴らすと出すぎている感じがある。若いというのは愚かに過剰なものだ。

FE103Aは10キロヘルツにピークがあり、スーパーツィーターはまず繋がらない。
13センチユニットは、聴いた感じでもスーパーツィーターが要るのだが、10センチだと喧嘩する。
喧嘩を収めるには、長岡式では禁じ手の、フルレンジへのコイル挿入がある。
しかし、普通に考えたら当たり前の方策である。
0.12とか0.22という数値の小さいコイルを、それぞれ送料込み1500円ぐらいで調達し、実験しているところ。
下記は、おおざっぱな測定値。参考にはなる。4とか5というのはキロヘルツ。0.22のSOLENのコンデンサーは今日繋いだところなので、まだコンデンサーの組み合わせが一つ。
全帯域のピークは、1キロへルツあたりの70デシベル。

              4 5  6.3  8 10 12.5  16  20
スルー          67  65  67  66 70  66  60  53         

0.12コイル        67  64  65  63 67  62  55  49

+0.33コンデンサー    65 65 67 64 67 65 65 60

+0.22コンデンサー    67 65 66 63 67 62 63 58

+0.10コンデンサー   67  65  66  63 67 64  59  51

0.22コイル         64  63  63 62 65 62  53 47

+0.10コンデンサー     65  63 64 62 64 62  58 51      

数値だけでいうと、0.33のコンデンサーが良さげだが、単体で鳴らすとかなり鳴っているとか、3キロヘルツあたりまで出ているとか、喧嘩が危険な感じがする。音の打ち消しあいが起こって、数値が小さく出るというのは気持ちよいものではない。コイルが大きくなるといけるかどうか。

スーパーツィーターを単体で測定すると、6.3キロヘルツはバリバリ鳴っているので、コイルで落としておいてやりたいところ。また、ピークの10キロヘルツもできるだけ叩きたい。
そう考えると、0.22のコイルのほうがよさそうで、もう一回り大きくてもいいかもしれない。

まあ、正直数値は何が正しいか、細かなことは私にはわからないので、聴感はどうか?
0.10のコンデンサーは、4500円ぐらいのを奮発したので、もったいないのもあって使っているが、単体ではまあまあ鳴っている。測定上は20キロヘルツなど寂しすぎるので、0.22以上にすることになるだろうが、0.22コイルとの組み合わせは、理論的には高域かなり控えめ。
それでも、聴感では、長岡式らしいやんちゃな高域の鮮やかさはけっこう残っている。1キロヘルツや1.25キロヘルツがよく鳴っているのでというのもあるかもしれない。
最終的には、0.27コイルと0.22コンデンサーの高級品を買おうかと画策しているが、現状で完成でも悪くはない。微妙で気づかない程度の最終調整レベル。

全域では、サブウーファーとスーパーツィーター帯域欲張らない、自分史上もっとも大人な測定値になった。
音は静けさが出て音像の輪郭がしっかりしてくるが、フルレンジの汚い歪みの部分や、スーパーツィーターとの重なりの濁りが減るのだろうか。FE10センチでツィーターを使うならむしろ必須の気がする。逆に言うと、長岡先生はスワン等にはツィーターは推奨していなかった。
音場にこだわるならそうなのだろうが、こちらは音場はあまり出せてもいないし、音の質感や帯域に注目してみたい。
こういう実験をすると、フルレンジの盟友ポチの夢さんの反応があったものだったが、滋賀ではフルレンジやホーンが吠えたりはかなわぬのか。寂しいことだと感じている。
1 20

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年10月26日 19:19
    我が家はFE126NVをD102MKII(改)に入れています。FE126NVは変なピークはない感じです。トゥイーターはパークオーディオのDCU-T114Sという20mmソフトドームトゥイーターで能率は90dB。FE126NVは92dB。若干レベルが低すぎるかと思ったが0.22μFで繋いでみたところ、運よく一発でレベルが合いました。気休めで効果ないんじゃないの、とも思いますが、やっぱり何となくちがう。自然界にはハイ落ちはありますが、ハイ上がりはないので、この程度がよいのではと。10cmフルレンジのトゥイーターはいろいろ難しいですね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年10月27日 01:55
    > mixiユーザー 
    D102は、8センチバージョンが私のBHデビューなので、懐かしいです。
    プロの木工に頼んだ高価なものですが、若者に貸したら、借りパクされてしまいました。価値もわかってないでしょう。とっくにゴミとして処分されたかもしれません。信用して貸す側も含め、若いとは愚かです。
    ソフトドームはいいですね。ウィルンオーディオもソフトドーム回帰とききました。
    うちは距離を取って大音量がギリギリいけますが、普通はソフトドームだろうと思うように。stereo誌でホーン特集してるけども・・・ スピーカーキャビの上にすぐ置けるなら、高級ソフトドーム買います。
    今日0.33コンデンサー復帰させましたが、測定上はいいですが、聴感上はやや派手です。
    フォスの小口径FEにツィーター乗せは、よろしければコイルを再度お試しください。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年10月27日 07:14
    FE103AだとQoが高いので、音量は出せないわけですね。以前使っていたF120Aも6畳なら問題なかったですが、それ以上はちと苦しい感じでした。FE126NVのBHならさすがに大音量には強いです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年10月28日 02:08
    > mixiユーザー 
    書き方が悪かったですが、103Aは、100Hz以下をカットしてることもあって、音量はそうとう出しています。13センチ組よりスケール感が問題と最初は思っていたのですが、この使い方ならそうでもないようです。
    なので、ホーンツィーターでもなんとか組み合わさるかなということです。
    小さな部屋になると、ソフトドーム一択かもしれません。
    ソフトドームはなんでみな枠がついてるんでしょうか(笑) 気軽に試せません。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年10月28日 07:37
    ドームはどう考えても奥行は必要ありませんね。そのため補助バッフルが必要になってきますが、これが結構めんどくさい。チープなものを使うと、音まで悪く感じられますので、当方は東急ハンズでウェンジ材を切ってもらって製作しましたが、けっこう¥かかりましたT_T
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年10月28日 11:45
    T90A-EXは能率が104dBもあるので、FE103Aにつなぐときにはかなりレベルを落とす必要があります。

    bswanさんの所では、チャンネルデバイダーでレベル調整しているのかもしれませんが、単にパラでつないだら必ず高域過多となります。
    これをアッテネーターで落とすと測定上は優秀な形となります。
    アッテネーターを使わない場合は、ネットワークのコンデンサーの値を大幅に小さくして対応します。ただし耐入力は小さくなります。

    ちなみにスーパートゥイーターはユニットに耳をつけても音としてあまり聴こえてこないくらいのレベルが最適値であることが多いです。

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年10月28日 19:58
    我が家のスーパートゥイーターは蚊の鳴くような音で、これでエエんかいな、と思うほどですが、生の音を勘案すると、やはりこうでなくてはいかんと思います。長岡派は概してレベル上げすぎの傾向があるようです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年10月28日 21:18
    > mixiユーザー 
    測定上はいけてるのですが、聴いた感じだと0,10のコンデンサーでもいいかなと思います。
    コイルももっと大きくしたい。
    ご相談ですが、88デシベルぐらいのソフトドームでも繋がるでしょうか?
    逆に低くなりすぎて繋がらないでしょうか?
    繋がるなら、scanspeakのを箱にいれる算段がつきました。

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年10月28日 22:46
    いろいろ調べてますが、正直よくわからない(笑)

    Yoshiさんの組み合わせで0、22コンデンサーでいけているということはいけそうですが。

    とりあえずユニットを買って、測定してから箱を買うのが安全そうだ。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年10月29日 01:51
    > mixiユーザー 
    マトリックスサラウンドも出しすぎになりがちな気がします。
    最近のFEは最高域までよく伸びていると思うので、プラスするなら微量ですよね。

    SCANSPEAKのツィーターは、カーオーディオ用にもなるようで、たくさん売れるからか、安価でかなりよさげですが、一日調べまくって、やはりスタンドが面倒だと同じところに至りました(笑)
    使い慣れた組み合わせで高級コンデンサー奮発するか。。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年10月29日 06:18
    > mixiユーザー FEのハイカットあるなしで、コンデンサの容量はずいぶん違うと思います。当方は今のところハイカットなしで行くつもりです。スイカにふる塩が適量だと甘く感じられますが、あんな感じで、トゥイーターをつけると一聴ややハイ落ちになったかと感じさせるような塩加減がよいようです。効かせすぎるとダダ辛い感じになりますね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年10月29日 12:29
    余計なお世話とは思いますが、手持ちに https://www.amazon.co.jp/dp/B00EO76ZGS があります。よろしければ差し上げます。遊んでみませんか。音工房Zでスーパートゥイータと称して売っているモノです。88dBと能率は低いため、FE126NVにはつかえませんが、FE103Aなら使えそうです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年10月29日 21:17
    10kHz以上の帯域で軽く被せるという用途なら、スーパートゥイーターの能率が多少低くても大丈夫だろうと思います。
    逆にアッテネーターが不要なので有利な点もあります。

    ただし、フルレンジユニットとの前後位置調整は必須です。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年10月30日 01:31
    > mixiユーザー 
    ありがとうございます。AMT方式には興味しんしんで、これのヘッドフォンを買おうかと思ったぐらいですが、やはりセッティングが難しそうですね。立ち上がらない(笑)
    コイルは余ると思うので、機会があればさしあげます(笑)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年10月30日 01:34
    > mixiユーザー 
    SCANSPEAKのソフトドームかベリリウムのを買って、なんとか今のスタンドに乗せてはりつけて固定してみようかと思っています!
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年10月30日 06:57
    さまざまなタイプのスピーカーに加えて、クセが出ず、元のスピーカーの持ち味の邪魔をしないスーパートゥイーターとしては、KITHITが一番です。
    うちに余っているものがありますので、試しに聴いて見られてはいかがでしょうか。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年10月31日 02:37
    > mixiユーザー 
    ありがとうございます。KITHITは360度なのもおもしろいし、本物のスーパーツィーターですね。
    SCANSPEAKを入れる流れになっているので、いったんそちらを実験してみます。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年10月31日 07:02
    http://blog.joshinweb.jp/hiend/2016/04/kithit-hit-st20-72a1.html これですかぁ。文面を読む限り素晴らしいとしかいいようがありません。ポチの夢さん宅で見かけたような記憶があります。その時はそんなに凄いアイテムと思いませんでしたが、鳴っていたフルレンジに影響されたのでしょう。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年10月31日 07:19
    スーパートゥイーターの近くに耳を持っていってもほとんど音が聴こえてこない唯一の製品で(他はホーン型、ドーム型、セラミック型、リボン型 全て何らかのチーッというような音が聴こえました)、
    それでいて、メインスピーカーの音をその特徴は変えずに、切れと空間表現を一変させてしまう威力があります。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年10月31日 09:56
    場所取らずに劇的にオーディオを改善する絶妙の一手かもしれませんね。小生の場合どこに置いたものか思案します。ちなみに現在はBAT1をセンターラックに置いて、3組のSPと共用で鳴らしています。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2020年10月>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031