mixiユーザー(id:5343821)

2020年06月15日19:33

42 view

飛蚊症レーザー手術の真実(2)

飛蚊症レーザー手術については、少し使命感をもって感想を書くことになる。
mixiの日記も、ネット上で出てくるみたいなので。

いま、この手術については、医院によって価格もまったく違うし、説明もややニュアンスが違う。受けた人の感想は少ないが、2ちゃんねるは当然かもしれないが、よくわからない感じになっている。2ちゃんは眼科に治らないと言われたという悪口になっていたり、2つの医院で受けたが飛蚊症一つが取れただけだったというのは真実味はあるが、最後にルテインやブルーベリーのサプリメントにリンクがあったりする。

コロナでそれどころではない世の中で、通院も書くのも控えていたが、飛蚊症でうっとうしい思いをしている人は大量にいるはずなので。

とはいえ、私のケースもある一例にしかならないというのはわかるが。
それぐらい微妙なものというのが結論だったりする。

ネット上の医院の説明では、手術時間は15〜40分ぐらいだと思う。レーザーを「撃つ」感じになるが、200発とか500発とかある。
価格は、片目2回まで5万から、15万のところも普通にある。

取れる飛蚊症について、リング状のものは取れるがベール状は取れないとかみたいな説明と、網膜に近いものは危険なのでレーザーを当てにいかないようだ。
他に、「濁りを取る」みたいな発想もあるようで、私の通っているところは、そういうアプローチの感じがする。
プラズマがどうこうというのは、私にはわからないが、文系のイメージでいうと、眼球内をうねうねしてる浮遊物に衝撃波をあてて砕き、目立ちにくくしたり、下に移動させたり、吸収されやすくするのではないか。

実際受ける感じはというと、薄暗い部屋で、頭を固定し、ハンドルを握り(コロナ後はハンドルがなくなっていた)目にレンズを押し当てて、シューティングゲームのようにレーザーを当てていく。
これは医師側の熟練もいるし、患者側が目を固定する努力もいる。初回は緊張して逃げてやりにくかったと言われた。
視覚的には、命中して砕かれて落ちていく、みたいなのもわかったりする。頼もしいが、こういうのを目で追ったりすると治療の妨げになりそうだ。

現在、右目を2回、左目を1回受けた。
そこは、15分前後で撃っている回数も少なそうだが、他院比でとにかく安くやっていただける。私の症状が軽めなのもあるだろう。金儲け主義でないのは確かだ。都市中心部でないのもあるだろう(家賃とか?)

続く
0 3

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年06月16日 10:23
    小生も飛蚊症結構あります(笑)視界には盲点があってここは見えないはずなのですが、脳で補っていると知ってからは、飛蚊症も脳で補うことにしました。ちなみに都会で生活していると気になることもありますが、四国遍路に出て、道を間違えないよう必死で歩いていると、飛蚊症があることは全く忘れています。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年06月17日 01:31
    > mixiユーザー 
    耳鳴りと同じで、脳の作用も大きいようですね。
    ただ、耳鳴りと違い?、物理的に落とすこともけっこう期待できるようです。何が落ちて何が落ちないのか?、やってみてるところです。
    脳は、動かない汚れに対しては無視するけれど、動くものは捉えてしまうと読んでなるほどと思いました。緑内障は確かに危険ですが、短期的というか直接的に言えば、飛蚊症のほうがずっと視界のクオリティに関係している気がしています。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年06月17日 13:13
    飛蚊症の手術には大いに関心がありますが、十数年まえにレーシックを受けており、今のところ様子見です。レーシックも長らく様子見してましたが、技術も徐々に進歩し、小生が受けたころはスーパー・イントラ・レーシックという強度近視でも適応できる技術が出たところでした。今後に期待です。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する