mixiユーザー(id:5343821)

2020年04月27日00:28

178 view

FE103アニヴァーサリー(2)

デジカメが面倒で画像は載せないことがほとんどだが、スマホの写真が意外といけるとわかり、PCにメール送信でやってみた・・・のだけど、結局載っていないのだった( ´∀` )
こんどは載っているかしら。

FE103A絶賛準備中なのだけど、これを買うまでには歴史がある。GWなので書いてみようか。
その前に、GWは、私もまだ2日勤務があるけど、休めない医療関係者がいらっしゃるとしたらお疲れ様ですと言いたい。

私は中学でバブルコンポ、ケンウッドのロキシーDG77でオーディオデビュー。これはたいへん幸せだった。
文字通りバブリーなコンポで、今思えば13センチフルレンジぐらいに25センチウーファー、ドームツィーターの3ウェイ、重量感のあるアンプに、サラウンドスピーカーもあとで購入。グライコやサブウーファーも別売であった。
これって、結局、いまの構成をほぼすべてみたしているのだ。
よい音で、ルックスもよく、海賊コピーCDのクライバーやカラヤンやFMに夢中になった。

自身のコンポは、高校2年か、ONKYOのD202にデンオンのPMA390、その後DAC7搭載のCDプレーヤーといった、当時のstereo誌入門定番。
でもぜんぜん満足できなくて、悪戦苦闘。
リビング10畳のバブルコンポがよすぎた( ´∀` )
サブウーファーにYAMAHAの8万のものを入れたりしたが、いま思えばいいものだが、当時はまったく使いこなせず。その後、頭のいい後輩に譲って生かしてくれた。

大学生時代は、なぜかビクターのスピーカーに縁があって、700スピリットとか、V1Aとか、V7とかを使った。アルニコマグネットを使いまくった、いまなら倍の価格するものばかりだった。
いまならうまく鳴らせるかもしれないが、これも悪戦苦闘。
でも、艶やかで爽やかで明るい感じのビクタートーンは、一生忘れることはない青春の音色だ。
中谷美紀「いばらの冠」、鬼束ちひろ「月光」、小田和正「秋の気配」など、高音は絶品といってよい。
スケールで処分したが、純度だけでいうとV1Aの真鍮バッフル2ウェイもすごかった。

大学院に入って、大学講師の人の家に招かれ、スワンを聴いて驚愕した。中低音ブーミーで粗っぽい音だが、イキイキして音場が拡がる。
比較すると、V7は音色は絶品だが、音像が分散し、特にセンターがドーム型なので不自然。三角トールボーイでもあり、音像が茫洋とする感じがある。

長岡先生の雑誌での文章に強く惹かれるものがあり、ちょうど亡くなられたりもして、どうしてもスワンやなんかを使ってみたくなった。
どうしたもんかというところで、カネコ木工さんという存在を知り、いろいろあったが、入魂のスワンキャビを試作品で安く譲っていただいた。
これも、塗装含め悪戦苦闘し、ついにはプロの塗装工にピアノ鏡面仕上げをしていただくことに。

このときについていたのがFE108ES供
長岡先生は聴いていないが、捧げるような位置づけの、強力マグネットのユニット。ランタンコバルトとかいう。
コーン紙形状も凝りに凝って、たかが10センチでネジは8個。

そのあと、FE138ESRが出て、13センチだったので、ネッシーMIDというのを、板は木工と塗装のプロに、組み立てはオークションで知り合った方にお願いして作成。スピーカー関連の業者さんは、商売としては厳しいようで、その後いくつも縁がなくなった。
アルニコマグネットで、108ES兇留い高音が美しくなったのには感激したものの、なぜかビクターの艶やかさはない。

その後、マグネット同じで純マグネ振動板でMG130HRという限定ユニットに換えたら、純正でないのにこちらの方がフィット。価格は10万5000円に達する。
ただし、やや鈍い眠い無機質な音になる。

FE108Solが発売されたときは興味なかったが、リアスピーカーにする気持ちで、久々にスワンに入れてフロントで聴いたら、その音の軽やかさや音場感に一驚して、高価なMG130HRを処分した。

FE108solに文句はなかったのだが、3年で心の底から飽きたというか、新しいことをしたくなり、海外の高価な13センチか10センチのフルレンジを買いあさり、比較試聴した。それが昨年の3月から5月以降。
これはすごくよかった。フォステクスの生真面目な日本社会に閉じこもっていた、2度と戻らないと感じた。
ScanSpeak製のメタルコーンハイエンド調ユニットとか、40〜60年代クラシックが最高の古典的な高能率ユニットとか。

転換点は、測定器の使用だ。知り合いに薦められていたのに、長く使っておらず、MG130HRに少し使えたときは、たまたまよい特性だがサブウーファーが出すぎだったのを直した。
108Sol時代に、オーディオユニオンのご厚意でアキュのイコライザーをレンタルしていただき測ったらおかしかった。で、自分でハンディタイプのを購入。
さらに、クラッセのデジタルプリでサブウーファーもコントロールでき、ここから自分の手中に入った。愚かなバランスの音で自己満足しなくなった。

その観点からすれば、最悪なのは108ES兇138ESRの時代だ。
前者は、800Hzから少し下ぐらいが異様に落ち込み、3キロヘルツあたりが汚く乾燥して猛烈に盛り上がり、打ち消すためにスーパーツイーターが鳴りまくり、ホーンや部屋からは200Hzあたりがボーと出ていて、という感じだったと思われる。
138ESRは、4キロヘルツが無機質に異様に盛り上がり、サブウーファーを入れたのはいいが50Hzが異様に盛り上がり、やはり中音不足の音だったと思われる。

音は人なりというが、このときは、社会から遊離して、研究と称して何もできず、しかし個性やプライドばかりを前に出していたバランスの悪い時期だ。
自分では、クールでハードでシャープでダイナミック、を気取ってたかもしれない。

考えてみたのだが、ここ1年はいろんなユニット使ってよかった、108Solの3年もまあいい、130HRも、ハイパワーアンプでよい組み合わせではあった(ただしマクレビ334Lは左右バランスがいつからかおかしかった)。
じゃあ、暗黒時代は何年と計算してみたら、どうも12年近くあるようなのだ。
12年! 真に知性がある人なら、異様なバランスを客観的に捉えてコントロールするのに3日もかからないだろう。
ほんとうに自分は愚かだと痛感する。まあいい、こうして愚かなまま死なずにいる自分がいるのだから。

FEは、苦しい音が出ていたけど、もっともオーディオに熱かった時代ともいえる。
いまは、Eikona2が誤解を解き実によいバランスで鳴り響いているのだけど、103Aを多少よくなくても1か月ぐらいはと思っているのは、自分の熱く愚かな放浪時代に捧げようかなと思ったことと、さらに遡ってビクターのアルニコ時代、V1Aの真鍮バッフルも真鍮リングで再現できるので、その時代にも捧げようと。
5 7

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年04月27日 08:21
    FE103A、いいですね!意中のユニットですが、目下F120Aが居座っているので、手を出せずにいます。クラシックがメインの当方だと、一長一短かな。ジャズなら絶対ですね。昔長岡さんが手持ちより優れた製品が出るたびに買い替えなければ気が済まないのなら、おちおち結婚もできないという理屈になる、などと書いてられまして、まぁそれで自らを慰めてます。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年04月27日 13:58
    > mixiユーザー 
    Yoshiさんのとこは多妻(3スピーカー切り替え)だからいけるのでは・・・
    ユニットはそこまで場所を取らないので、ついつい手元に溜まってしまいました。けっこう飽きるので、夏用、冬用の2種勝ち残りに、最新実験枠を設けて、あとは処分していこうかなと思います。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年04月27日 15:55
    > mixiユーザー 書かれてますように、SP1組では飽きが来ますよね。これがオーディオ道楽の原動力でしょう(笑)今の3組は勝ち残りを繰り返した後の決定版なので、動かせないんです。チャレンジを続ける姿勢がなくなると、オーディオ道楽も終わりですが、還暦過ぎると「足るを知る」ということも大切なので、そこに葛藤が・・・。ポチの夢さんはあの歳になってもチャレンジャーなわけで、まねできません(笑)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年04月27日 18:46
    > mixiユーザー 
    これまで何度も、「この高価なものを買うから、〇〇はこれで打ち止め!」みたいに自分に言い聞かせて買い続けてきたわけですが( ´∀` )、いやそれは間違っていたと。
    オーディオはただ生音に近づけるゲームではなく、造り手、使い手の価値観が絡み合ってできあがる、そのときどきの演奏(byパイプスガノ)なのですから、気軽にいろんなことをやっていたい。
    なので、やたら高価な一生ものというよりも、処分可能な軽いものに興味が移ってきました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年04月27日 19:42
    オーディオは車に似ています。超高級車と軽自動車で多少乗り心地の違いはあるにせよ、道を走る限り大差ない。個人的に超高級車には興味がなくて、興味があるのはむしろコスパのいい大衆車です。オーディオ機器は進化し続けるので、一生ものというのに疑問符が付きますね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年04月27日 20:45
    > mixiユーザー 
    なるほど、アメリカの郊外やレーシングのコースを走るのでなければ、というのは、たかだか一般家庭の6畳や10畳では、というのに通じますね。
    最近はステレオサウンド誌ですら、あまり高額なものは選びたくないが、というコメントが増えました(笑)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年04月27日 23:22
    > mixiユーザー 大衆車はいいですよ〜 現代日本でいえばプリウスやフィットといった車種になろうかと思いますが、まさに時代のプロダクトですね。オーディオ製品もむしろこんなのを使いたい。フェラーリやロールスロイスでないほうがいい。FE103Aはかってのホンダ・ビートみたいな感じでしょうか。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する