mixiユーザー(id:5343821)

2020年01月03日01:53

161 view

ヒューズ王

真空管モノアンプの片側ヒューズが切れたのをきっかけに、いろいろ調べた。
ネット時代はありがたいもので、こういう状況では細かい情報が出てくる。

まず、状況だが、メーカーの指定は3.15アンペアでスローブローのヒューズ。
これに対し、切れたものは2アンペアが入っていた。スローブローのヒューズは一般的にはアンペア表示の前にTがはいるそうで、それもなかったので、速断タイプかもしれない。

スローブローと速断の違いは、電源オンのような突発的な大電流にいちいち反応しないのがスローブローで、とにかく危険とみなしたらすぐ切れるのが速断と理解した。
音質は、スローブローのほうが有利らしい。理屈は不明。

また、ヒューズは劣化するというのも見逃せない。2アンペアであれば、1.8アンペアのものに変化してるとかはありそうだ。

結論的に、今回ヒューズが切れたのではあるが、機器の側の故障に起因するものではなく、劣化した、指定より容量の小さなもので、しかも速断してしまったのでは。
であれば、まあ指定通りにすれば安心だろう。
ヒューズについて考えるという、人生で通らない確率が高い経験ができてよかった。

しかし、なぜこんなものが入ってたのか、もう片側は、3.15であった。ただし、速断タイプの感じ。
前のオーナーが持っていた予備ヒューズ2つも、それぞれ違うもの。どういう経緯でこうなっているのか理解に苦しむ。

さて、AmazonでUxcellというところのセラミックヒューズ10個を発注、その後、別にガラスヒューズも10個買ってしまった。今思えばガラス管のほうは、中身が極細線とわかったため、いらんかったが、まあ、合わせても1500円強だ。

オーディオ用では、フルテックのがあって、これはセラミック筐体。
セラミックのほうが振動的にオーディオでは有利という噂だが、中身が見えないのは猜疑心が出てくる。
5.5スケを2本束ねた電源ケーブルを自作して使っている人もいるが、こんな極細ラインを通ると思うと悲しくなる。

中身が見えるものとしては、ISOCLEANというところのオーディオ用ヒューズがある。香港のブランドらしい。
3.15はないが、4アンペアがある。どうせ劣化してくるので、音質的にも有利な4アンペアもいいかもしれぬ。

ISOCLEANは凝り性のメーカーのようで、「半年に一度、長くとも1年に一度劣化したヒューズを交換しろ」という。
これは不都合な真実というべきで、そのとおりにしていたら、モノアンプで1年に16000円かかることになる。
こんなにかかるなら、他所で見つけた音質がいいらしいという1個190円ぐらいのやつを20個ぐらい買うか。。

ヒューズは、普通はこんな気軽に交換できないので、オーディオ雑誌の記事にもならないが、気軽に交換できるなら、もっと注目されそうだ。ボトルネックという感じがある。
カーオーディオでは交換はわりと普通のようである。

とにかく、よくわからないヒューズを新品のセラミックヒューズに交換、心なしか、クリアで左右揃った音になったような気もする。
ヨドバシでオーディオ用ヒューズ売ってたら買ってしまうかもなあ。
と、思ったのだが、いま検索していると、ジョーシンでISOCLEANヒューズを買った人が登場。中身が、公式画像で出ている螺旋状のカッコイイ感じではなく、音も、数十円のものと変わらなかったという。

なんとオーディオ専用ヒューズ売りは、懐かしの寅さんの世界のようだ。
3 2

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年01月05日 22:53
    ヒューズには2つの役割があります。
    過電流による機器の損傷を防ぐこと。
    短絡電流などの過大電流の持続による部品発火が原因の火災を防止すること。
    △量榲だけ(これは必ず必要です。)で良ければ大き目の電流値を選べますが、
    ,量榲の場合は定常電流の直近上位の電流値のスローブロータイプ(タイムラグ溶断型)を選ばなければなりません。

    なお、老婆心ながら、数千円のヒューズに価値があるとは思えません。
    電源の電流は、発電所から家の近くの電柱までの経路を除外しても、柱上変圧器の巻き線→引込み電線→電力量計→分電盤のブレーカ→屋内配線→アンプの電源コード→ガラス管ヒューズ→アンプの電源変圧器の巻き線を経て、又逆を辿って柱上変圧器まで直列に帰って行きます。この道中のごく一部のガラス管ヒューズに特殊な(?)材質を使ったり金メッキのヒューズキャップにしたら電源の品質が上がるのでしょうか。
    もし効果があるというなら、客観的なブラインド・テストでの結果を示すべきだと思います。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年01月05日 23:43
    > mixiユーザー 
    ありがとうございます。ヒューズは200円までにとどめます。気軽に半年に一度替えるのもよいかなと。
    ヒューズが切れるのはうれしくないし、音質は確実に劣化するでしょうが、故障や火災を身を挺して守ってくれていると考えると、けなげなパーツに思えます。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する