ホーム > mixiユーザー(id:5343821) > mixiユーザーの日記一覧 > 違いのわからない男 整流管編

mixiユーザー(id:5343821)

2019年10月21日18:34

163 view

違いのわからない男 整流管編

増税前ということで、雰囲気に飲み込まれ、9月に大小いろんな買い物をした。
しかし10月になってみると、クレジットカード決済されすれば(もともとやってる)5パーセントオフになるケースも多く、いちいち確認しないが、損したケースも多そうだ。

そもそも、大きな目で考えれば、2%ぐらいが問題になるのは数十万以上の買い物であって、適切な時期に適切なものを買うほうがよいのだ、と気づく。愉しいショッピングで忙しいとかは本末転倒だ。
貧乏性の悲しい性である。

フォステクスのFE103Aを遊びで買って、ポチの夢さんに繋ごうかと考えていたのだが、上記のこまごました買い物が多すぎて撤退した。
ポチの夢さんごめんなさい。

それでも、ギリギリのところでの会心の買い物が多くて、物欲について考えさせられることも多かった。
人生で、もう一度ぐらいは根本的な変更があってもよいが、QUAD兇塙眷塾┘侫襯譽鵐犬魎靄椶箸靴徳箸爛轡好謄爐能わったとしても、そこまでの悔いはない、という感じがする。
そういう規模での買い物をする時期になってきた。
これからゆっくり書いていきたい。

さて、ポストモダンの時代には「差異の感覚」が大事だという。
学生時代に思想書にかぶれていたが、若いのもあり、難しいところ(キモ?)は理解してはいない(笑) 私のようなアバウトな人間には哲学は向いてなかったと、客観的になって気づく。

オーディオは違いを知ってチューニングしていく趣味だが、細かすぎてわからないことも多い。
わかったような気にはなる。
最近は、ケーブル等であまり大きな金額はやめている。

今回は、QUAD兇寮偉管交換について。
真空管アンプの中古を買う良さは、真空管交換前提で違いを楽しめることだ。

真空管アンプは、プリ管とパワー管は普通あって、パワー管は「300B」「KT88」とか、スターが存在する。
整流管は交流と直流をうんぬんとか、電源系の話のようだ。他で代用できるようで、ないことも多いが、真空管アンプらしい音にさらに近づくなら、もちろん代用しないほうが良い。
3種のうちでは、もっとも消耗が早いということで、ここから交換するのは決めていた。

QUAD兇論偉管方式なので、ここの違いを楽しむこともできるわけだ。
もともとついていたのは、ロシア製Sovtekの5AR4というもの。
これはメジャーなようで、同じものを各所で買うことができる。
初心者なので、同じもののほうが安全だろうということで、これを買うことは一貫して決めていた。

問題は、買う場所で値段が違う。
ヴィンテージサウンドというショップでは、整流管ではこの店だけ、2本特性をマッチングしてくれるし、72時間特別エージングという。双極マッチとかいうのもある。
その分高いのは数千円なので、この場合いいかなと思っていたが、これだけだと1万円を超えないので、送料が発生してアホらしい。
かといってパワー管を上記条件で買うと、4本で2万3000円ぐらいが倍に跳ね上がる。こういうのを批判する人もいる。

悩んだ結果、アムトランスという1年保証の店でまとめて買うことにしたのだが、最後の最後に、この店がJJというメーカーの正規取扱店と気づいた。
Sovtekより安くて2本4600円。
ほとんどの店でJJのほうが安いが、上記ヴィンテージサウンドではなぜかJJのほうが高価。

わけわからんなら安いほうがいいかということで、JJにした。

届いてみると、Sovtekよりやや太く背が高くて驚いた。
付けてみると、オレンジの灯火が上下よく見える。逆に言えば、Sovtekは下が隠れてしまう。
これは他社と比べても、ノッポのJJの特技と言えそうだ。真空管の灯りのルックスは好きなので、予想外のメリット。

光自体明るくなったように感じるが、見える部分が増えただけでなく、経年によるものもありそうだ。
QUAD局刻の発売は2005年なので、10年以上なんらか使われているはずだ。
あとでみると、
Sovtekの1本は、内部が垂直に収まっていない。

これにしてとてもよかったが、音はというと、そこまでわからない。少し元気良くなった気はする。悪くはなっていないのでOK。

エージングは一晩11時間ぐらいつけっぱなしにしておいた。
左右付け替えて周波数特性と出力㏈を比較したが、変わらない。
今度買うときも、ペアマッチやエージングは要らないかなと思う。
4 16

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月21日 23:01
    真空管の値段で中華のデジアンが買えます(笑)。50Wx2は当たり前で80W,100Wクラスが1万円代でゴロゴロあります(笑)。デザイン・オンリーで、よく調べもせず買ったらそのレンジの広いことにたまげました(汗)!。これからは中華アンプのつまみ食いに走ろうかと考えています(笑)。これからのシーズンは真空管ですけどね(笑)。ただし火事にだけはなりたくないです。なんせ電源ケーブルを挿すと火花が出るのもあるそうですから。。(笑)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月21日 23:16
    > mixiユーザー 
    一晩エージングしてたんですが、真空管差し替えで抜いたときのにおいにビビりました。昔の機器は野蛮です。
    中華デジアンも野蛮でしょうか(笑)
    中華真空管アンプを京都人さんのとこでみましたが、トランスが要塞のようでした。

    マルチでポチの夢宅の低域強化はいかがでしょうか。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月21日 23:59
    JJの整流管GZ34S(=5AR4)は私も使っています。4〜5年前にこれに交換して以来故障知らずですので丈夫な球だと思います。アムトランスから購入したような記憶があります。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月22日 00:10
    > mixiユーザー 
    これをアムトランスでというのは正解ですね。いろいろ使ってみたいのですが、次もこれでいいかなと思います。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月22日 05:48
    整流管は左右で多少の特性の差があってもそれほど問題にならないでしょう。
    気を付けなくてはならないのは、プッシュプル回路で使われている出力管です。
    シングル回路なら左右チャンネルの偏差くらいで済みますが、プッシュプルでの特性の違いは明らかな歪になります。

    整流管の音の違いを云々するようになると、真空管フリークの仲間入りですね。
    と言っても、違いは歴然としてありますが・・・贅沢をいうときりがありません。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月22日 18:34
    真空管アンプで出力管の差し替えを気軽に楽しめるのは、自己バイアス回路のシングルアンプに限られますね。
    固定バイアス回路やプシュプルアンプではバイアス電圧やDCバランスを調整する必要があり、最低限テスター等の測定器が必要になります。

    ヘッドホンアンプなどでも、使用されているオペアンプを別のものに差し替えて楽しんでいる方もおられますが、ああいう高利得の増幅素子は発振もし易く、超高域発振の場合は耳で気付けないことも多く、測定して確認することもなく発表するのは無責任だと思っています。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月23日 02:09
    > mixiユーザー 
    そうですね。JJというと女子の雑誌のようですが、私にとっては真空管です。
    管の種類自体が違うと大きく変わるのかもしれませんが、5AR4では、メーカーの違いは、また使用期間の違いは、そこまではわかりませんでした。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月23日 02:13
    > mixiユーザー 
    そうなんですか。出力管をGOLD LIONに換えて4日使いましたが、いまさっそくオリジナルに戻しました。
    熱量が違うのは心配だなとは思っていました。
    プリ管も購入済みですが、これも1チャンネル2本ですが、交換は要調整でしょうか?
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月23日 10:38
    アンプを懐中電灯で例えると、電源トランスとフィルターコンデンサーが電池、出力管が電球、整流管は電池との接点であるバネのようなものと考えられます。

    電球の種類を替えれば光り方が随分変わるのは当然として、電池を替えても内部抵抗の違いで光量が変わります。まあ接点のバネを入れ替えてもそれほど差は出ないのが普通です。まあゼロではありませんが・・・。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月23日 10:40
    プリ管の交換は訳知りの人に相談してから行ってください。回路によってはトラブルの原因となります。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月23日 11:00
    全回路図と各部の標準電圧値が分かっていれば、新しい球に入れ替えた後、テスター等で電圧を測り、±10%以内であれば通常は問題ないと思います。
    ネットで調べてみると、QUAD兇KT66プシュプルの自己バイアス回路で、初段の位相反転回路を含めてどこにも調整箇所がなさそうなので、KT66と同規格のマッチドペア管に差し替えるのは問題ないと思われます。
    確認は自己バイアス回路の抵抗器の電圧降下から出力管2本分の合計プレート電流が分かりますから、オリジナル管の時と新しい球の時のプレート電流を比較すれば良いと思います(但しオリジナル管が消耗したものであれば無意味ですが)。
    初段のミニチュア管EF86(6267)も2本で位相反転回路を構成していますので、基本的には同一特性(マッチドペア管)が求められそうですが多少の差異はNFBで修正されるのかも知れませんね。

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月23日 12:34
    > mixiユーザー 
    なるほど、わかりやすいです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月23日 12:44
    > mixiユーザー 
    ありがとうございます。
    今朝代理店に問い合わせました。
    正規の交換球があれば、多少割高でも良いのですが。
    今朝の音ですが、オリジナルですが、穏やかで変なキャラクターもなく、ヴァイオリンの難しい再現もよい感じです。
    エッジが新品とよれよれのスピーカーの違いかもしれませんが。。。
    それとは別に、トランスを触ると、発熱が違う気がするんですよ。
    そもそもgold lion のほうが1、3倍ぐらい大きくて、発光も明るいです。こういうことってあるんでしょうか?
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月23日 12:48
    > mixiユーザー 
    あと、プリ管のマッチドペアはヴィンテージサウンドさんがこだわってるのですが、日本ではほとんど売ってないですね。ヴィンテージサウンドにもEF86がなくて、諦めました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月23日 13:07
    ペアチューブについて私などより遥かなベテランと思われる方の解説があります。
    http://www.op316.com/tubes/tips/tips7.htm
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月24日 01:41
    > mixiユーザー 
    ありがとうございます。おもしろいですね。
    メーカーの返信はまだなく、またレポートいたします。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する