ホーム > mixiユーザー(id:5343821) > mixiユーザーの日記一覧 > フランス孤高の花 EMSのLB6(4)

mixiユーザー(id:5343821)

2019年08月24日01:17

274 view

フランス孤高の花 EMSのLB6(4)

LB6は、現代ハイエンドスピーカーの動向と関係なく、日本でも知られていないが、クセもなくまったく高品位といえるユニットだ。

表面的な特徴もなく、落ちついて音楽が聴ける感じだが、オーディオマニア的には、何かプラスアルファを求めたくなるところ。

もともとEMSは、社名からして励磁型スピーカーユニットの会社なのだ。
LB6EXというのがあり、こいつは20万を超える凶暴な価格だが、取り付けは可能。
興味しんしんできいてみたが、なんと、電源が入手できない。おすすめのものは17万以上するが、廃業されている。25万ぐらいするネット上にあったものは、おすすめではないというし、高い。理科実験用の電源を工夫したらということだったが、そんないかにもなものを2台も入れたくはないし、置き場もない。
LPや真空管を探す20代はたくさんいるだろうが、励磁型スピーカーの電源を探している20代は日本にいるのだろうか? 
よい音と思われるが、そういう文化に手を出すべきか、判断に苦しむ。
不要になってオークションに出して、買う人がどれぐらいいるだろうか。

そうすると、パワーアンプはどうか?
トマンS75は、LB6とパワー的に相性がいい感じで、ボリュームフルにして、残留ノイズがほどよい。キャラクター的にも、どちらもクセがなく、ソースのリアリティを出してくる。
オーディオ的に食い足りないともいえる。
考えたのだが、いろいろパワーアンプは経験して、一つだけ心のこりは、真空管をきちんとやっていない。オリタ式ミニ真空管だけが、突出して独自の世界であった。ファーストワットは真空管のようなというが、真空管度は、10段階で言えば2程度だった。

EMSは、高能率で、真空管アンプ前提での設計だという。
美音だが、少しドライで素っ気ない感じは、真空管の味で完成するような気がする。

しかし、トマンの超低発熱・省スペース・低価格を知ってしまうと、もう大げさで熱いアンプはいらん。
調べていくと、300Bのシングルというのがベストな感じ。
どうせ低域はサブウーファーの力になるので、繊細な高域を低消費電力で手に入れたい。

しかし、300Bシングルの世界は、非常に高価であったり、安価だが中国製だったり、トライオードはよいが、赤い筐体がひっかかる。
こういうときオリタさんがおられたら、と思ったりするのだが。
真空管は故障も多いので、なにかと怖い。

トライオードのKT88シングル、これは塗装も濃茶で、妥協点はこのあたりか。。

古き良き文化、明日はどっちだ?
2 7

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年08月25日 09:06
    うちに余っている300Bシングルアンプがありますが、試されますか?
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年08月25日 09:08
    その他、EAR UESUGI などもあります。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年08月26日 01:49
    > mixiユーザー 
    ありがとうございます、メッセージさせていただきます。
    TRIODEの昔の300Bシングルアンプが、ルックスまあまあで消費電力も少ないので、オークション入札しようかと思っていました。
    EARは猛烈にカッコイイですね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年08月26日 19:06
    300BシングルアンプはYaqinのMS-300Cというものです。
    http://www.fsyaqin.com/dzghp/yqms300c.html

    EARはEAR859というもので
    https://audio-heritage.jp/EAR/amp/ear859.html

    UESUGIはU-Bros 17というもので、これだけがモノーラルアンプです。
    https://audio-heritage.jp/UESUGI/amp/u-bros-17.html 
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年08月28日 01:59
    > mixiユーザー 
    ありがとうございます。いろいろ調べていました。中国製300Bと、UESUGIは、音は良さそうですが、その分重くて大きい。残念ながら、いまの環境では安定した使用ができなそうです。

    EAR859は、こんな求めてたものがあったか!、という、イタリアのようなイギリスのようなセンスで、デザイン最高、音も、DAC64の系列以上の艶が期待できそうです。今回の目的は、ここです。
    少し使っていけそうなら真空管を新品交換して、適価でお譲りいただこうかと思ったのですが、真空管がユニークなものを使っているため、交換が容易でないようですね。
    ご面倒をおかけしそうなので、夢にとどめておこうかと思っています。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年08月28日 09:40
    EAR859は、あまり普及していない真空管を使っていますが、元々が業務用の丈夫な球であるため普通に使っても10年くらいはもちそうです。
    当方では15年使って、最近高圧真空管さんに球だけ取り替えてもらいましたが、簡単にできました。
    真空管をたくさん扱っている人にはいろいろな真空管を手に入れることも容易なようですので、スペアを3セットくらい確保していれば50年くらい使えそうです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年08月29日 01:49
    > mixiユーザー 
    それなら大丈夫そうですね。
    メッセージさせていただきます。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する