ホーム > mixiユーザー(id:5343821) > mixiユーザーの日記一覧 > B&W

mixiユーザー(id:5343821)

2015年11月08日13:06

642 view

B&W

京都人さんから、B&Wのマトリックス802を落札してみたらとお勧めがあった。
一方で、803D3など、新しいシリーズが出て話題でもある。

私は、ここ半年ほどで、マトリックス801と、ノーチラスシリーズになって以降の802とを、比較的近い条件で聴いている。
この感想は、ちょっと衝撃的なものだった。

あきらかにマトリックスシリーズのほうが、安全な音である。
安全というのは、ジャンル対応が広い。
60年代から80年代のクラシックは、演奏家が黄金期で、レコード会社も気合満々、キラ星のような名盤が一生聴ききれない数揃っている。
ただ、この時代のもののCD化はダメなことが多いので、LPならもっとよいだろうが、とにかく、この時代の録音をリアルに聴きたいと思ったときに、もっとも自然な感じなのがこのスピーカーだ。

最新録音でも、別に不自然ではない。ポップ系の新しいものはややダサくなるが。逆にいえば、ビートルズがダサい分厚いジャケットを着ている感じがこんなに出るなんて、奇跡的だ。
タバコなどのスモーキーな感じまで漂うではないか。

音色的には、同様に自然なものは他にもあるだろうが、オーケストラのスケールなども含め、ほんとに無理がない。
802にサイズダウンするとどうなるかわからないが、10畳ぐらいならもっといい面もあるだろうし、ヴィジュアル用途にも向きそうだ。

問題点は、自然で誇張がなさすぎて、オーディオ的な関心を失う。
音楽ファンになってしまいそうだ。
ドライブ機器に凝りまくるのもおもしろそうだが、安めのものでもよいものならけっこう鳴ってしまうのだった。

一方のノーチラス系は、ビートルズがそれなりにブリティッシュの新しい音になったのは驚いた。さすがアビーロードスタジオに置かれているのがわかる。
また、1990年代以降の優秀録音を聴くと、マイク位置にワープした、もしくはレコーディングエンジニアの机にワープしたかのように超絶的な分解度、楽器はツヤツヤ、ダイナミックで整っていて驚く。
最新のポップ系も凄い。
が、これはもう、最新超高級ホテルのロビーみたいな感じで、ブラームスの響きにまったりと包まれる、みたいなことは不可能になってしまった。

よく長岡スピーカーはソフトを選びまくるから危険みたいにいわれるが(というか、本人がそう書いて信者のハートに火をつけた)、長岡原理主義ですべてを固めていくと、長岡ソフトのLPのみが突出するのはわかるが、そうでなければ、まあいけるところもある。
むしろノーチラス最新のほうが「ソフトを選んで危険かも」と感じた。
世界の多くのソフトがこの系列でモニターして作られているので、新しいものはよいと思うが、これで60年代クラシックのリマスターがされるかと思うとゾッとする。
少なくとも同じ音にはならない。

イギリスに行って、アビーロードスタジオの前にも行ったのだが、感想としては、やっぱり時代は変わってるのかなと。
どういうことかというと、家具とかインテリアとか、オールドタンノイみたいな雰囲気がそこかしこに見られるのだが、最新のファッションなども入ってきている。
デパートのHarrodsなんかは凄いおしゃれで圧倒された。

となると、サウンドも新しくなっていくのはある程度やむをえない。
ノーチラスの方向性はいきすぎとか、思うところはあっても、修整されていくだろう。
そもそも、ポップス系のモニターのほうが、割合がかなり多くなっているのではないか?

もうひとつ、今回6日連続コンサート・ミュージカルに通った中で、いちばんのアタリは、一番安価だった、オラモ指揮BBC交響楽団のシベリウス。
横だが3列目ぐらいで、音は克明にわかった。
これがブリティッシュサウンドか、とよくわかった。
シベリウス初期のマイナーな曲だが、フィンランドも通過はしたこともあって、シベリウス自体も初めて理解できた。
この音は、マトリックスの音色と、ノーチラスのダイナミックさや分解能をあわせもっているが、スケールがさらにでかい。

さて、マトリックス802だが、こいつか801を、ユニットすべて最新に取り替えて、あとはドライブ系を凝って暮らしていけば、オーディオはいわゆる「アガリ」でいい気がする。
もう人生の限界がみえてきたからだ。
ただ、しょうもない話だが、色はブラックがよい。最新のポップ系のときにオールドブリティッシュな感じが邪魔なのである。
8 7

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年11月08日 14:41
    最近スピーカ後継機の試聴時にたまたま805D3を聴きました。結構前に出るリアルな音像でしたが、60年代Jazzが艶やか過ぎる気はしました。
    Matrix801の時代は、今から考えるとリーズナブルな価格で「アガリ」に行けた気がします。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年11月08日 15:58
    > mixiユーザー 
    クラシックは聴かれますか? クラシックだとその違和感はもっとありそうです。
    サイズ的にはどうでしょう? 805は許せますか?
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年11月08日 16:37
    > mixiユーザー クラシックは詳しく無いですが、古いソースは違和感を感じるかもですね。オーディオ的なテンション高めの音で取扱い易いサイズで惹かれましたが高過ぎます…
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年11月09日 20:32
    Matrix802靴鮑廼畄觜縦阿こんでいますが、例えばグラモフォンの赤シリーズや黄シリーズをいろいろ聴いていても、録音の違いにあまり耳がいかずに音楽を楽しめます。

    これが、コンデンサースピーカーになりますと、○×式に良いものはうまく鳴るが、だめなものはひどい音になります。

    HB-X1も録音の違いが良く分かりますが、ダメなものでもあまりひどい音にはならないのが魅力です。私はこれで十分楽しめるのですが、bswanさんに勧めるには値段が気になります。

    Matrixシリーズは以前はオークションなどによく出ていましたが、最近はジャンクであったり何らかの問題があるものが増えてきました。良い状態の製品を手に入れることは今後ますます困難となってくると思います。

    色については、黒にこだわっておられますが、正面からみればほとんど黒です。

    801と802とでは中音以上は全く同じ、ウーファの口径の違いだけです。801の方が耐入力は少し大きいかも知れませんが、ボリウムを少し絞った時の低域の立ち上がり立下りについては802に軍配が上がります。重量があまり重くないのも扱いやすくて助かります。

    ただし、手に入れるならシリーズ靴妨造蠅泙后
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年11月09日 21:16
    Matrix802をいろいろなアンプにつないでみると結構音が変わります。

    長くCounterpointの220につないでいましだか、これはこれで適度な艶も出るし音量も十分ですので一つの決定版かなと思っていました。。

    最近AudioDesignのアンプにつないでみましたら、情報量が一気に増えるのと同時に低域の制動がしっかりしてピアノの強打のガーンという音が迫力一杯に鳴って来ます。高域ではいかにも木のハンマーで叩いたという感じの金属的ではないカツーンという抜けの良い音になるのが驚きでした。その他空間情報の細かな響きも良く聴こえるので目の前がサッと開けた感じになります。それでいてきつさや神経質な感じがしないのが嬉しい所です。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年11月10日 07:28
    どんな道具でもひとつで万能というのは難しいです。
    方向性の違うスピーカーを何系統か併用するのが、一番、手っ取り早いと思います。そんなに巨大なものでもないので、matrixと805D、2つとも同時に試したらどうでしょう。
    オーディオは趣味でやってるのですから「アガリ」というものはないのでは。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年11月10日 19:50
    Matrix 802 と Swan とでは 相当方向性が違いますので、いろいろ楽しめるのではないでしょうか。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する