mixiユーザー(id:5343821)

2015年05月05日14:06

1764 view

バイロイトの第九 録音再考

なんどか話題にしているが、歴史的録音としてクラシック界の頂点に位置する、はずのフルトヴェングラー・ベートーヴェン第九だが、LP起こし盤やらリマスター盤、さらにはリハーサル録音かもとかいう別録音まであらわれ、何を聴けばいいかわからない。

私もファンの情熱に影響され、全部で20種類近く聴いているような気がする。

何年か前に、結局EMIの最新SACDがベスト、というのでmixiに書いたことがある。
ただ、満足しているわけでもなかった。

その後、オタケンのTKC309というものと、フルヴェングラーセンターからの同日別音源というものを入手し、素直なよい音だったので、いつか本格的にききくらべをと思っていた。
が、ちょうどシステムがスピーカーもヘッドフォンも大変革期、SACDとCDが同条件でかからないとか、CDが読み込まないものがあるとか、ややこしい時期が続いた。

ヘッドフォンは落ち着いたので、GWを利用して、簡易的にききくらべてみた。

オタケンのものは、「予備マスターのデジタルコピー」を使っているという。
出所は不明。EMIからの流出だと思う。どこかの段階でCD製作に携わった人が、個人的にDATに移しておいたものとかかもしれない。
それより重要なのは、オタケンは「無修整」を基本のウリにしているということ。こっちのほうがずっと差がつく。

で、EMIのSACDと入れ替えて何度か聴いてみたが、オタケンの方があきらかにクリアだ。EMIのは漂白感とかこもった感じとかボケた感じとか、なにかの色とともに聴くことになる。フヤけている。
ミソスのLP起こしをかけてみると、すごい迫力で、ベートーヴェンの全人類的な格闘を表現するのはこちらがよいかとも思えてくる。
が、コンサートホールでこんなふうにヴァイオリンの音が切り込んでくることはありえない。疲れる音だが、たまにこっちで聴いてもいいかなと。

というわけで、いままで聴いた中ではオタケンがいちばんふつうに聴ける音のように感じた。
音や芸術は主観だが、客観的に語るべきレベルもある。
そこは難しい問題ではあるのだが、もとの演奏があって、マイクがあって、記録されたものがあり、あとは劣化と加工の量になる。
それが客観的に一番少ないのがオタケンのテープ起こしに思えた。

しかしこれでも、予備マスターからのデジタルコピーのCD化である。
EMIが普通にリリースするか、最高のLPをニュートラルにデジタル化すれば、超えられる気もする。
私個人としては、そこまでの思い入れはないため、いずれ、オタケンリッピングでHDDからスピーカーで聴くのを楽しみにしておこう。
音質が気になって、通して真剣に聴けたことがほとんどないのだ。

別音源のセンター盤というのも、オルフェオと違って加工のほとんどない音で、また真剣に聴けそうだ。ただ、これはAM放送レベルという指摘が如月さんより出ていて、確かにEMI盤の「レコードだぞ」というような音の厚みがない感じがする。
3 6

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年05月05日 14:16
    SACDではありませんが、オタケンのルツェルンの第九はびっくりでした。4楽章第2部の出だしのグランカッサ、張り倒されるような音が出ます。ルツェルンの第九こそ、フルトヴェングラーの最高の録音だと思います。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年05月05日 17:29
    > mixiユーザー 
    実は、オタケンのルツェルンの第九はピンとこなかったので、オタケンノーマークだったんですよ。
    ルツェルンは、最近、決定版というふれこみのが出ましたね。ルツェルンのも、オタケンの再考含め、聴いていかないといけないです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年05月05日 18:04
    > mixiユーザー 

    オタケンはトスカニーニの第九も、(4楽章第2部の出だしのグランカッサに関して)ルツェルンの第九に匹敵します。RCAのスタジオ録音なので、もともと優秀なのですが、RCA盤に差をつけていると思います。良ければこちらも聴いてみてください。演奏は互角ですわーい(嬉しい顔)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年05月05日 18:21
     1951のバイロイトは、元々の録音自体が決して良いものだとは思えません。演奏を損ねるほどではないですが、1954のルツェルンとか1952のトスカニーニ(RCA録音)に較べると、あれが当時のEMIの限界かなあと思います。なので別のマスターであっても、驚くほどの高音質という謳い文句には、かなりの疑問ありです。

     演奏はともかく、音質としてはデジタル的な編集でそこそこに持っていくのが、精一杯の感じがします。実際それで加工すると、上は8kHzぐらいまでしか入っていないバイエルン放送の音源も、それなりに聞こえちゃいます。1951のバイロイトの場合、演奏だけを聞いて、録音には触れないのが賢明かなと思います。商売してる人は、高音質になったと言って買わせようとしますけど。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年05月05日 19:53
    > mixiユーザー 
    トスカニーニも聴くことが果たせていない演奏家です。このあたりは、LPプレーヤーがあればと思いますが、復刻では当たり外れが激しすぎて、チャレンジする気がなくなってきました。
    ルツェルンのは、フルトヴェングラーセンター盤が聴けそうなので、オタケンと較べてみます。オタケンのは、楽器のバランスが変だった、つまりマイクセッティングがなにかあったようなので、そのあたりは変わらないと思いますが。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年05月05日 19:59
    > mixiユーザー 
    前に日記にされてましたが、バイロイトのは、演奏史上の意味が大きいものであって、録音含めたベスト盤は他をあたったほうが確率が高いのかもしれませんね。
    デジタル的な編集でそこそこにもっていこうとしてコケられるのが、私としては嫌なんですけどね。無加工が高音質な訳でもないでしょうが。
    とりあえず、オタケンの309は、演奏を途中でストップする気にはならなかったので、それだけで十分価値がありました。フルトヴェングラーのCDの録音は、正直私にとってそういう程度のレベルです。まだ大ファンとかでもないので、脳内補正をかけまくって聴き通そうと思えないことも多いのです。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する