mixiユーザー(id:5331788)

2016年04月03日21:40

343 view

落語心中ラスト。

             〜'16冬期の最終回11〜
「昭和元禄落語心中」が終わりました。
僕の中ではダークホースから本命になった、そんな作品でした。
冬期では1番楽しみにしてたように思います。
与太郎と八雲の師弟関係の物語かと思ってましたが、ひたすら若き日の八雲と
兄弟弟子の助六の話だったという...
その話が非常に面白かったです。落語はテレビでチラッと見たことがあるだけで
じっくりと聞いたことありませんが、作中の落語シーンに聞き入ってました。
キャストにベテランを多く起用してたからか、作品全体がしまってましたね。
見てて時間が経つのが早かったです。
放送が深夜でなくても、と思いましたが、昼ドラのようなドロドロした部分もあり
(みよ吉絡みですが)、ちょっと無理だったかな。
最初出たっきりだった与太郎ですが、最終回でいきなり真打になるところなのに
ビックリ。どんだけ時が経ったんだろう。小夏は母親と同じ道を歩むというのか。
少し違うけど(みよ吉は八雲への当てつけで小夏を生んだだけだし)。
最終回のEDのラストが現代キャラになってて、これで終わりか、と思ってたら、
2期制作決定の報。今度は現代が舞台で与太郎がやっと主人公。楽しみです。
0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する