mixiユーザー(id:525191)

日記一覧

(5)鎌倉時代 日本文明は、鎌倉時代に確立期に入った。この時代に、武士が政治を担うようになり、源頼朝によって鎌倉に幕府が置かれた。こうした社会の変動に応じて、仏教には新たな動きが起こった。6人の新しい仏教の開祖が、約70年のあいだに相次いで

続きを読む

20201117 米大統領選挙におけるドミニオン集計操作問題。朝香豊さんと山中泉さんのFBポストを紹介します。まずは朝香さんから。------------------------------------ このドミニオン社のシステムによって、トランプ大統領の票が突如削除されたり、バイデン

続きを読む

 11月16日から17日にかけての掲示のまとめです。20201116 ロイターは、トランプ大統領が11月15日、バイデンが勝利を確実にした大統領選の違憲性を示す「大型訴訟」を近く起こすと、ツイッターに投稿した、と世界に報道しました。 「大型訴訟」と

続きを読む

●日本仏教史の概要 次に、日本仏教の歴史の概要を述べる。(1)縄文時代・弥生時代・古墳時代 私は、日本文明の歴史を人類文明史の各段階に対応させて、次のように考えている。年代は大体の数字である。 第1期 日本文明の黎明期 人類革命から日本文化

続きを読む

 11月15の掲示のまとめです。20201115 マスメディアは、バイデンが次期大統領に確定したとし、多数の国の大統領・首相らがバイデンに祝意を伝え、バイデンは彼らと電話会談を行なっています。また、トランプ陣営が訴えを起こした州の多くでは、提訴を却

続きを読む

 バイデン政権の政策の予想を終えて、大統領選挙全般に関する掲載に戻ります。11月12日から14日の掲示のまとめです。20201112 米大統領選挙。わが国の有識者の発言。●不正選挙の告発・提訴評論家の石平氏 「不正選挙の疑惑がある以上、敗北を認める

続きを読む

●日本文明の宗教と思想の特徴 仏教がシナ文明を経て朝鮮半島から伝来する前、日本文明には、独自の特徴を持つ宗教や思想が発達していた。その日本固有の宗教・思想の主な特徴は3点ある。 第一は、多神教が高度に発達したものであることである。日本文明で

続きを読む

 バイデン政権が実現した場合、米国の外交はどうなるか。有識者の発言の続き。<外交政策全般(中国除く)>◆キヤノングローバル戦略研究所研修主幹の宮家邦彦氏(東洋経済オンライン令和2年11月10日)https://premium.toyokeizai.net/articles/-/2512

続きを読む

 米大統領選挙は、最終的な結果がどうなるか、まだ分かりません。どういう結果になっても、日本人は、今日の世界で生存・繁栄を続けていけるように、最善の努力をする必要があります。 国際政治アナリストの伊藤貫氏が産経新聞令和2年11月13日付に書い

続きを読む

◆李氏朝鮮時代 1392年に李成桂が高麗を倒した。都は漢陽(現在のソウル)に置かれた。李氏はシナの明の封冊を受け、国号を朝鮮とした。それが今日まで半島の名称となっている。 李朝は、500年以上の長きにわたって、朝鮮を支配した。この間、漢民族

続きを読む

 バイデン政権が実現した場合、米国の外交はどうなるか。有識者の発言。◆国際政治学者で福井県立大学教授の島田洋一氏 島田氏は、著書『3年後に世界が中国を破滅させる』(ビジネス社)で、もしバイデン大統領が誕生した場合について予想を書いています。

続きを読む

●朝鮮半島◆仏教の伝来 仏教は、紀元4世紀よりシナから朝鮮半島へ伝えられた。当時、朝鮮半島は高句麗、百済、新羅の三国に分かれていた。その時代を三国時代という。シナ文明は、北朝が五代十国、南朝が東晋の時代だった。公伝によれば、4世紀後半に北の

続きを読む

 米国の大統領を決めるのは、米国民です。米国籍のない者には、投票権はありません。私は、米国籍を持たず、また共和党員でも民主党員でもありません。総合的に見て、トランプが再選されるのが望ましいと考えていますが、バイデンが大統領という結果になる可

続きを読む

●習政権下での宗教への統制強化 2012年に樹立された習近平政権は、宗教への規制を強めている。2016年10月に「改正宗教事務規定」を出して、「愛国心、平和、中国の夢、穏健、道徳、そして良いふるまい」を盛り込んで、宗教活動への新たな規制が開

続きを読む

 本年3月、デイビッド・ウォレス・ウェルズの著書『地球に住めなくなる日―「気候崩壊」の避けられない真実』の邦訳版が出版されました。衝撃的な本です。わが国が2050年まで、温室効果ガスの排出を全体としてゼロにし、脱炭素社会の実現を目指すにあた

続きを読む

 11月10日から11日の掲示のまとめです。20201110 トランプ大統領が、11月7日、今回の選挙について声明を出しました。橋本琴絵さんが和訳したものを紹介します。------------------------------------------2020/11/09 01:51橋本琴絵 私たちは誰も

続きを読む

◆共産中国の仏教 中華人民共和国の建国後、共産党による宗教への弾圧が開始されると、仏教では多くの寺院が破壊された。共産党は、仏教の活動を統制するため、1953年に中国仏教協会を設立した。チベット仏教のダライ・ラマ14世が名誉会長の職に就いた

続きを読む

 11月7日午後から9日の掲示のまとめです。◆選挙結果に関するもの20201107 米連邦議会下院の選挙で、民主党は過半数確保を何とか達成する程度にとどまるとの見通しが強まっていると伝えられます。急進左派の議員による社会主義的な主張や、白人警官によ

続きを読む

◆共産中国の宗教 中華人民共和国の建国後、共産党政府は唯物論的共産主義に基づく無神論を公式に標榜した。マルクスは、『ヘーゲル法哲学批判序説』で、「宗教上の不幸は、一つには現実の不幸の表現であり、一つには現実の不幸にたいする抗議である。宗教は

続きを読む

 11月7日の続きから8日朝までの掲示のまとめです。20201107 わが国の有識者の発言。 国際政治学者の藤井厳喜氏「米国史上最大の不正選挙。一言で言えば、中国共産党に買収された男が、不正選挙で大統領になるということ。最悪の政策が米国を衰退させる

続きを読む

 11月4日から7日朝までの掲示のまとめです。20201104 日本時間17:00現在、勝敗の帰趨を左右するといわれるフロリダでトランプが勝ち、1964年以降、ここを制した者が勝利して来たというオハイオでもトランプが勝ったという報道が出ています。郵

続きを読む

●中華人民共和国 中国共産党は権力を獲得するために内戦を仕掛け、多くの人民を殺戮した。中華人民共和国が1949年に建国された後、共産党は共産主義に反対する者や共産党指導部に異を唱える者を次々に粛清した。 毛沢東は1958年に大躍進政策を開始

続きを読む

 私は、日本学術会議の問題について、たびたび有識者の発言をSNSで紹介した。その掲示文をまとめて、拙稿「日本学術会議、何が問題か」をマイサイトに掲載している。http://khosokawa.sakura.ne.jp/opinion13.htm 目次から48へ またはhttp://khosokaw

続きを読む

 米大統領選挙は、いよいよ投票が行われ、開票が開始されます。投票日直前から、投開票日以降にSNSに掲示したものを随時掲載します。 まず11月1日から3日の掲示文のまとめです。20201101 米国の主要マスメディアの偏向ぶりが、わが国の比ではないこ

続きを読む

◆台湾の宗教 台湾の人口は、2016年12月末で2354万人。その98%がシナ系、2%が原住民である。シナ系の内訳は、戦前から住み着いた本省人が85%、戦後渡来した外省人が13%である。本省人は、うち85%が福建省から来たホーロー系、15%

続きを読む

 10月24日から31日にかけてブログに連載した拙稿「トランプVSバイデン〜世界コロナ禍の中の米大統領選挙」を編集し、マイサイトに掲載しました。全文を通してお読みになりたい方は、下記へどうぞ。http://khosokawa.sakura.ne.jp/opinion12-11.htm

続きを読む

 10月29日から30日の掲示のまとめです。20201029 米国が大統領の座をめぐって大揺れの最中、中国では共産党の重要会議である第19期中央委員会第5回総会(5中全会)で、終身独裁者の習近平が、毛沢東以来の「党主席」を復活させて、個人独裁を極度に強

続きを読む

●中華民国(大陸時代)  中華民国は共和制国家として樹立されたが、袁世凱は独裁政治を行った。袁が死去すると軍閥の群雄割拠となった。孫文は、1919年に秘密政治結社の中華革命党を中国国民党に改称し、大衆政党とした。シナの共産化を目指す中国共産

続きを読む

 10月27日から28日の掲示のまとめです。20201027 シカゴ在住、滞米30年、元ウォール街トレーダー、国際ビジネスコンサルタント、山中泉さんがFBポストに次のように書いています。小見出しは、一部ほそかわがつけました。--------------------------

続きを読む

20201022 バイデン一家の複合疑惑。トランプ大統領がバー司法長官に捜査を要求し、投票日までの解明が必要と述べたとのことです。一方、主要マスメディアは、疑惑の報道に消極的です。-------------------------------------------------------------●産経

続きを読む