mixiユーザー(id:522149)

2021年06月20日03:40

11 view

コウモリのうんこ

5月に植えた野菜たちがそろそろ収穫できそうである。
昨日は7センチくらいになったオクラを収穫できた。
オクラは葉の表面に変な斑点が出てきて調べたのだが
原因がわからず、とりあえず葉を切り取って対処して
もしかしたら育たないかもと思っていたので
オクラがここにきて順調に育ってくれたのはよかった。

現状収穫できた野菜は
茄子、オクラ、大葉。
ミニトマトは赤くなってきたが完熟させたいので
収穫するのは7月に入ってからにする。

で、順調に育ってくれているのに
なかなか実がならないのがきゅうりである。
実はきゅうりは一番順調に育っていて
オクラや茄子よりも早く収穫できるとおもっていたのだが
まったく実がつくが、大きくならずにしおれてしまうのであった。

原因を調べてみるとまず
日照不足というのがあった。
たしかにこの数日、曇の日が多かったのできゅうりも
育ちきれなかったのかもしれない。
もう一つがリン酸欠乏ということ。

リン酸は実のなる植物にとっては
重要な栄養素で、これを加えることで
実が大きくなるのだそう。

現状、きゅうりの苗には3つほど雌花がついていて
これがうまく育ってほしいのだけれど
心配なこともあって、リン酸の肥料を微量ながら
巻いてみることにした。

それが、コウモリのうんこ肥料にした
バットグアノというもの。
このバットグアノはコウモリの糞が乾燥したもので
リン酸を豊富に含む有機肥料である。

はじめはコロナの影響もあって
大丈夫かと思ったのであるが
ネットなどの情報をみると、
この糞自体は洞窟の中で完全に乾燥されており
匂いもなく、病原体もいないとのことだった。

リン酸の取り扱いは
とてもむずかしいので
今回はごくごく少量を株の根元に
撒いてみることにした。
これで少しは実が丈夫になってくれれば
いいのであるが…

バットグアノは土に混ぜ込む他にも
水に粉末にして溶かして与える方法もあるらしい。
効き目は1ヶ月ということなのでとりあえず少量で
様子を見ることにしよう。


0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2021年06月>
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   

最近の日記

もっと見る