mixiユーザー(id:522149)

2021年01月20日02:07

16 view

なんだいそれ

昨日のこと、好きでもないMBSのミントという番組を見ていると
関西各都道府県のは病床率と実際の病床率が表示されていた。
大阪は76%で発表と実際はそれほど差はなかった、
他の都道府県は30%?とか15%以上みたいな感じで
ちゃんとした数字が出ていなかった。
これは各都道府県のホームページでの表示が違うからかな?

しかし驚いたのは京都府であった。
公表していた病床率は30%だったのが実際の病床率は79%。
40%近い開きはかなり大きい。
それを把握したのは昨日のことで、やっとホームページ上でも
数字を変更していたのだった…
京都では実際に入院が必要な人も入院ができない状態に陥って
しまっているという。
大阪ではかなりギリギリの状態ではあるがなんとか重症患者は
入院させるようにしているらしいが、数日前に入院を勧めたのに
勝手に自宅に返ってそのまま亡くなった人がいたらしい…
こういうときはおとなしく病院の命令を聞いたほうがいい。

以前より京都府が発表する感染者数に少し疑問があった。
実は関西の経済圏は大阪を中心に兵庫、京都、奈良、和歌山で
回っているのである。京都や兵庫に住んでいるが仕事や学校に通うために
大阪に来ている人はかなり多い。JRと阪急は京都と兵庫を結んでいるが
京都と兵庫は大阪と3つで大きな人の移動が毎日頻繁に起こっているのだ。
だから大阪で感染者が500人でても京都は50人にも満たない感染者数
だったこともあって不思議だな-と思うことも多々あった。

しかし、前述の病床率の大幅な違いを今頃発表する京都府は
やはり数字を意図的に隠していたと指摘されてもしょうがないような気がする。
今回京都府は大阪と一緒に緊急事態宣言の要請を行うことになったが
府知事も市長も医療崩壊が起きていることをその時点で知ってたんじゃないのか?

兎にも角にも京都府も兵庫県もあまりしっかりしてないなぁ。

0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2021年01月>
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

最近の日記

もっと見る