mixiユーザー(id:522149)

2013年02月03日21:18

4 view

ツンデレーズ

近所のコーナンで売れ残った
一匹の猫を見つける。
小さなケージの半分くらいまで
大きくなっており、もう子猫の面影はない。
他のケージの子猫たちが買い物客へ媚びへつらうのと反対に、そいつはお尻を向け
煙たそうに振り返るだけだった。

種類はトンキニーズ。
お店でお目にかかるのは珍しい品種だ。
この近縁にシャムがいる。シャムの方が
一般的でトンキニーズは知名度は低い。
生まれたのは去年の5月、もうすぐ一歳。
正直いう生まれて半年をすぎると猫の
商品価値はない。せいぜい生後三ヶ月までが
売り時でその後は半額くらいに値下げされたりもする。

アメショやスコでも子猫は十万近いが
半年立つと五六万くらい。
このトンキニーズはそれでも9万する。
やはり珍しい猫なのだ。

家に帰り、トンキニーズを調べると
好奇心旺盛で落ち着きがなく
注目を引くためにわざといたずらし
怒られると喜ぶという非常にへそ曲がり
の猫だということがわかった。

初心者には到底飼いならせない
猫なのだ。柄もバリエーションがなく
雑種と言われるとへーそうなのと納得しそう。
彼が売れ残ったのはいろんな要因が重なったからだろう。彼が媚びないのもそういう理由から
だったのかもしれない。
0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2013年02月>
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  

最近の日記

もっと見る