mixiユーザー(id:52178265)

2021年11月29日17:49

17 view

ウェールズの

SPITZお人…草野マサムネさんのロック大陸漫遊記。草野サンはラーメンを食べに紙エプロンをしてみるとラーメンの汁の飛沫が、よく飛んでいたのが、わかったのを申していて…メンを吸う(啜る)時に細かなスプレー状の汁が吹いていたのでしょうか…それが紙エプロンの繊維質へ付いて目で見れた感じなのかな?とか思えまして…洋式トイレへ座って用を足すは泌尿器科っぽい話へも感じました…私は患者サンのオムツ交換時にビニールのエプロンを、身体を動かすのに伸びやすくなってます…前かけの舗装感。漫遊前のスピッツ曲は…ウェールズの旗の真ん中に龍が描かれているので…と…草野サン…おっしゃりつつ…幻のドラゴン…初めの間奏音などのリフは…中米メキシコなアステカ文明の水や農耕を司った…白亜時代へいた羽毛を持った翼龍ケツァルコアトルスのような?…テックス・メックスっぽいジャンルの旋律音へも述べれそうな…Aメロの歌へ入ると…♪破壊するこーとだけ〜…と…獰猛感は…ウェールズ種(しゅ)とともにイギリス原産でもあるそうなヘブリデス・ブラック種とゆうドラゴンがいるそうで (ほぼ、ハリー・ポッターの魔法動物からです^^)…ヘブリデス・ブラック種は蝙蝠のような翼龍のようでヘブリデス諸島に住んでいる魔法使いが担っているらしく、そのスコットランドのスコティッシュ・ポップな歌声やロック感が入ってそうな…♪眠れないー夜更けには〜…ウェールズのブリストル水道を飲んで〜…♪飛び出す〜…Bメロ…♪五感をーすべて〜働ーかーせーて〜 細すぎる糸ーをー遠くーまで〜紡いーでーゆく〜…は…ウェールズ・グリーン普通種のドラゴンは生息の草原と、よく溶け合う穏やかな吼え声は驚くほど音楽的で細く噴射するように炎を吐くそうで…そうゆうウェールズの牧草な牧歌メロディへも添っていますみたいな…Cメロ… ♪燃えてーいーるのは〜 忘れーかーけ〜てた〜 幻のードーラーゴ〜ン ♪よみがえーるーのは〜 小さーいけ〜れど〜 強気なードーラーゴ〜ン…ノルウェー・リッジバック種のドラゴン…ノルウェー原産にて最も希(まれ)なドラゴン種のようで…他のドラゴンより早く生後の幼少から火を吐く能力の小ドラゴンみたいで…ノルウェーなノルディック・ロックなのへも含まれますような…そうゆう…メキシコ…スコットランド…ウェールズ…ノルウェーの…空や坂を…スピッツお人々が幻のドラゴンへ鳴って…渡っているような音声感ポップ・ロック曲にも思えました。ウェールズ語のナンバーで漫遊記。ウェールズは丘が多くて酪農のイメージとか…ウェルシュ コーギーの犬…ウェルシュ テリアの犬…ウェルシュ ラビットと言うトーストへ溶かしたチーズにビールやウスターソースなどを乗せるパン…などが浮かぶのですが…草野サンが説明してらしたウェールズ語のUKロックが英語の響く感じとは違うのを…今回、初めて知りました。ウェールズ語はヨーロッパでは最も古い言語…と…草野サン…申していて…ウェールズ人の祖先のケルト人の独自の習俗なるアニミズム (宇宙や地球の全ての万物へは霊魂が宿るとした、それを崇拝している)幽邃へ奏しているようなのが…ウェールズ語の…もれなく偏す音へも思えますのかなって感じもしますみたいなのでしょうか。フルール ド リス ?…ディマ ニ…60年代のイギリスのロックバンドと同じ名前を…草野サンが検索にて…偶然の隆然(リュウゼン)なメロディ感…舌を巻いて歌っている語勢が…なめらか…音の文句がイイような…ウェールズ語の訳(やく)も、わからないけれど…旋律音の推し量れるみたいな感じは伝わります。ウェールズへはローマ人やアングロサクソン人がブリテン島へ押し寄せた大変な苦労の中…ウェールズ語を保っていたのは、すごい事だな〜と思って…と…草野サン申していて…ウェールズはイングランドへも領されていたそうで…英語とウェールズ語の葛藤のような遠慮からの少数派へと封じ手だけれども…ウェールズ語の世界を守っていったウェールズ人や、その人々の土台や礎(いしずえ)へ脈と鳴っていったウェールズ語のUKロックなのかなとかも思えたりもしました。 エンダフ エムリン…ホギア アニス モン…エレキギターの弾き語り…を…おっしゃっていて…ウェールズのカーディガンとゆう州都があるそうで…由来の毛糸のカーディガンのような…組み入れるウェールズの温もりな弦音へも思えますようでした。シダン…ドリ グルート…70年代に活躍したフォークよりのコーラスグループ…ウェールズのローカルでは、それなりに知られているのを…草野サン…おっしゃっていて…今回のウェールズ語の音源で、1番、はまったのがシダン…癒しのチープなシンセの音が、とっても、かわいいナンバー…と…おっしゃってもいて…ピロリルしているシンセの北欧っぽいメロディへも感じれますような…メルヘンティックな音声…ドリ グルート…布の人形…の意味…と…草野サン申していて…マーボン と言う秋分の日とかへウェールズで拝まれているそうなケルトの狩りの神のような…太陽の恵みと実りが律動音へも鳴っているっぽい癒しを感じれます。ジ アラーム…フォールズ ?…ウェールズが生んだ割りと有名で80年代の人気バンド…と…草野サン…紹介してらしていて…英語でゆう冠詞…ザ・ビートルズのザ…ウェールズ語だとYと書いてア…と…なるのを…おっしゃっていて…綴りじたいの読みかたも予想を一洗(いっせん)しているような…ウェールズのニューポートとゆう港湾都市があるそうで…ビートルズとかの港街リウ"ァプールなマージービートっぽい…ネバる音声感やファズっぽいモータウン・ビートな感じへも思えました。草野サンはスコットランドへ行って…ラジオにて土着のゲール語の放送を聴いて…ケルト系の言葉…奥が深そう…と…おっしゃっていて…現場の生(なま)で聴けれて草野サン良かったですね…ケルト系…青銅器時代のストーンヘンジへもブリテン諸島土着民のケルトの信仰も入っているそうなので…島のケルトへと今も音(ネ)が根(ね)づいている感じなのかもと思えつつでした。カタトニア…ユダ グウェン ?…ウェールズの中心都市カーディフで結成…少しトラッドな香りのある曲…少しエンヤを素朴へしたような感じ…と…草野サン…申していて…島のケルトの神々は、やがてキリスト徒が入りフェアリーな妖精っぽく変貌していった感じへも成っているのを…トラッドな末裔のウェールズ語のメロディなのへも思えるのかなって感じもしました。ア バンダナ…ダイ ニ ダスク ?…新しめのバンド…ウェールズのカーナーボンとゆう街で結成…と…おっしゃっていて…草野サンは彼らの曲を聴くとウェールズ語って僕の個人的な感想ですけども…英語よりもイタリア語へ近い印象かな…巻き舌の発音が入るからですかね…ウェールズ語の中には方言が、いくつもある訳ですけども…なども申していて…ケルト人居住区は現在の北イタリアなども入っていたそうなので…そうゆうイタリーっぽい音声感とか…カーナーボンの州都はノルマンの古い城があったり…他のウェールズの州都へも検索しますとノルマンの建物があったり…と…ノルマンの…スカンジナビアやデンマークの北方ゲルマン系の言語っぽいのとかも…種々(しゅしゅ)へ混じっていそうなディープなウェールズ語の複合感なのかな?って例えれそうに思えました。アウス グイネズ ?…ゲニ アナ ノーズ ?…夜に生まれる…と言う意味ですかね…と…草野サン申していて…(題名を他のを書いていたら、すみません(^人^))…曲が、すごく良くて…なんかイイのを見つけた感じで嬉しくなりまして…見た目も、とってもカッコイイですし個人的に今年の大当たりのアーティストの1人です…と…草野サン申していて…そうやって草野サンが嬉しくなってくる曲を草野サンが感じてセレクトしている草野サンが快闊へ成っているのも喜びへと思えます。タイムマシーンは…みつきサン…アイ ドント ノー ミー…高畑充希サン…ミュージカルやドラマなど活躍してらっしゃっていて…鎌倉ものがたり映画とか見ました…充希サンがX JAPANお方々の紅を熱唱しているCMにては…お歌の上手な…みつきサン…この矢井田瞳サンの歌曲も澄んでいるクリアなボイスの感じへもピッタリなのにも思えました。ウェールズ語のナンバーで漫遊記。ウェールズもウェールズ語の事も…ほとんど知らなかったので…草野サンの放送でウェールズの少しニュアンスを思えれまして…言語の周圏のようなのかな?ためになりました…ありがとう_(^^)_…スコットランドやウェールズなど憧れてしまうので…イメージだけですが行ってみたいな〜と感じてしまう曲層へも思えました。楽しかったです⌒♪
0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する