mixiユーザー(id:5150620)

2020年05月25日07:34

22 view

五月三姉妹

ツツジとサツキ(五月)はどう違うのか、昔、盆栽の名人に聞いたことがあります。

サツキはツツジの仲間で、花のバリエーションが多く園芸用に向いている種類だと言われました。そして低木で常緑樹だそうです。

つまり花の多様性があり園芸用のツツジがサツキと思えば良いでしょう。

そのサツキですが同じ木なのに花の模様が違う盆栽もありました。

まさに五月に映えるサツキですね。

題名は「五月三姉妹」とつけました。

0 2

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年05月25日 20:38
    一番広い意味でいえば、ツツジとはツツジ科ツツジ属(Rhododendron)の総称なので、植栽のツツジ類だけでなく、野生のレンゲツツジやミツバツツジさらにミヤマキリシマやシャクナゲ類まで含まれてしまいます。まあシャクナゲと総称される豪華な一群は別格としても、その他のツツジ属の花はすべて「ツツジ」と呼んでもおかしくない姿です。(コメツツジくらいになるとさすがにツツジっぽさはあまりないですが)
    園芸・植栽に使われる「ツツジ」には、いろいろな原種を交配して生成されたものが多いので、そのような種の「○○ツツジ」が、「種」なのか「品種」なのかさえもはやよくわかりません。
    昨年、某所で植栽調査をしている折に、植え込みのヒラドツツジとクルメツツジとサツキを見分ける必要に迫られました(しかも花のない時期に)。どれもツツジとしてはごく普通に植栽されている品種なのですが、あらためて同定(しかも花がない時期に)を求められると、実は違いがよくわかっていなかったことに改めて気が付き、冷や汗をかきました(^^;
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年05月26日 07:23
    > mixiユーザー ありがとうございます。生物学的に考えればそうですね。園芸家にとってはサツキはとても重要な分類だと感じました。観点が違うので突っ込みはしませんでした。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する