mixiユーザー(id:5150620)

日記一覧

疫病退散!
2020年07月11日09:46

久々に上野公園を散歩していたら見かけました。昆虫のような、河童のような雰囲気の病魔を防ぐお守りでしょうか。寛永寺とあります。新型コロナウイルスの感染者数などの数値は公表されていますが、科学的な仮説と検証に基づいた実態把握からは遠いように思え

続きを読む

今年の4月以降、コロナ禍の影響でほとんどの仕事が中止・延期となっていましたが、6月からしだいにオンラインでの打ち合わせやビデオ出演の仕事が入り始めました。ZOOMやTEAMといったオンライン会議ソフトのおかげです。そのなかでブルターニュの恵

続きを読む

8月のビューティサイエンス・セミナーは「免疫と美容科学(2020年)」をテーマに決めました。そしてオンラインセミナーとして開きますので、よろしくお願いいたします。9月のセミナーはリアルセミナーを築地の会場でしたいと思っていますが、状況次第で

続きを読む

アマビエですが、何か?
2020年07月08日08:30

今、何かと話題の「アマビエ」ですが、なりきってみた顔パネです。これに顔を突っ込んだ3月時点では想像もしなかったし、これで始めてこの妖怪の存在を知りました。いろいろ意見がありますが、予測されるトラブル防止のためとはいえ、商標登録申請は問題あり

続きを読む

何の変哲もない、ごく普通の光景で、奇妙な気を感じることがあります。よく見ると、確かに奇妙な光景に出会えるのです。そのような光景を、とある花壇で出会いました。題名は『「オイデ」と、呼ぶ声が聞こえる』です。聞こえますか?

続きを読む

クルクルクルと曼陀羅華
2020年07月06日07:02

散歩途中の植え込みに勢いよく大きな花を咲かせているのはチョウセンアサガオです。曼陀羅華とも呼ばれ全草には有毒アルカロイドを含んでいる毒草です。花開く前の蕾を上から見ると風車のように見えます。コラージュして並べてみるとクルクルクルと良い感じの

続きを読む

サワガニ殺害事件簿
2020年07月05日09:46

私の散歩コースのメインは小松川境川親水公園です。この川の生態系は管理されすぎて非自然で、住んでいる動物はザリガニとアメンボくらいです。冬期は水が止められ干上がりますので魚類はまず生き延びることは難しいでしょう。ザリガニは地下に水路を作ってい

続きを読む

私が新小岩に住み始めて、はや40年近くですが、お気に入りの散歩コースで見かける光景は変化しています。その中で懐かしい光景を思い出し、再確認してみました。2006年の9月に見つけた樹上の地衣類でパックマンに似た可愛い光景。時折見ていたのですが

続きを読む

粘菌、めっけ!
2020年07月03日08:30

身近にいて、なかなか出会えない、それは「粘菌」。やはりそれらしい形をみせてくれないと、判らない。梅雨の、わずかな時に、鮮やかな姿を魅せてくれる。でもすぐにカビのように消えてしまう。それが君、「粘菌」だね。題名は「粘菌、めっけ!」です。散歩の

続きを読む

毎年今頃に花を咲かせるオフイスのヤブコウジ。実を付けたのは、もう何年前か忘れました。今年は実を付けてくれるかな。あの赤い実を、また今年の冬に見たいものだ。題名は「慎ましやかなヤブコウジの花」です。

続きを読む

虫瘤の初夏
2020年07月01日08:37

昔から木々の葉っぱのイボのような突起物には小悪魔を感じていました。虫瘤(ちゅうえい)と呼ばれていますが、原因は昆虫、ダニ、菌、ウイルスなどで形も色も様々です。可愛いのを見つけると写真に撮っています。新緑の虫瘤には、何か勢いも感じますが、葉っ

続きを読む

長女がニコニコしながら買ってきた紙袋の中には何と、モナリザアートのコーヒーゼリーでした。しばし観賞してから、ザクッといただきました。そして、謎の微笑みは長女に移っていました。題名は「コーヒーゼリーと謎の微笑み」です。

続きを読む

発掘された卒業論文の中の細胞スケッチを666に仕立てた親友の上園磨冬君の絵。ついに素敵なパネルとなって、お互いにサインを入れたのが6月6日。そのパネルをオフイスにどのように置くか、考えて、考えて、やっと創りあげた世界。「666シェンカーワー

続きを読む

サルトリイバラ賛歌
2020年06月28日07:28

ツル性の植物サルトリイバラ。少年時代、山野を駆け巡り遊んだ時の痛い思い出。何度となく、その棘に引っかかれた。猿も絡まって動けなるなるのだろうか。でも、よく見るとハート型の葉っぱは可愛いし、緑の若い実、成熟した赤い実もなかなか良い。愛嬌のある

続きを読む

西郷さんが見つめる未来
2020年06月27日09:15

先が読めないポストコロナへの移行期。いや世界的視野では、まだ新型コロナ感染拡大期ですね。上野公園の西郷さん、何を見つめているのでしょう。「未来の明を求めて、目の前の課題に向き合いなさい」と、言っているのでしょうか。話しは飛びますが、サンデー

続きを読む

23日のオンライン・ビューティサイエンスセミナーが終わっての車で帰宅途中。通行人や自転車やバイクの人々が立ち止まってスカイツリーを見ている。気になって車を停め、降りてみたら、帝都大戦ではないけど、スカイツリーの怪しい夜景が広がっていました。

続きを読む

キュウリで河童を釣る
2020年06月25日07:29

昨夜もオンラインでビューティサイエンスセミナー盛況でした。そのセミナー発信はビューティサイエンスの庭オフイスの3階で行っています。今年、オフイスにWifiを設置して2階と3階でネット環境が整いました。コロナ禍が確定する前に偶然採用していたの

続きを読む

昨夜はコロナ禍で中断していたビューティサイエンスセミナーをオンラインで復帰した記念すべき時でした。何と25名の参加でした。サポートには友人のみっちゃんこと佐々木さんにお願いし、スーパーマネージメント力で私はセミナーに集中できました。そしてア

続きを読む

どうか仲良くしてね
2020年06月23日08:29

カミツレ畑を見ていてたら、ちょっと面白い光景に出会いました。どうやらカミツレと話しているのはハルジオンのようです。きっと仲良く会話がはずんでいるはずです。なにしろ同じキク科同志ですからね。同科仲良くしてね。題名は「どうか仲良くしてね」です。

続きを読む

昨夜24時を超えて、やっと明日23日のビューティサイエンスセミナーのテキストをギガファイル便で受講者の皆さまにメール送信が終わりました。いろいろと初めてのことが多く、思ったより時間がかかりましたが、やっと、ここまで来ました。今年もセミナーの

続きを読む

今日は部分日食
2020年06月21日09:37

ニュースで知りましたが、今日は日本で部分日食が見られるということです。東京では17時ごろが最も食されるけど、天候は曇りの予想。そう言えば今まで何回か日蝕を見ましたが、2012年5月20日にリゾナーレ八ヶ岳で見た金環食を思い出しました。紙に針

続きを読む

河童LOVEな花籠
2020年06月20日10:01

昨日の午後、花宅急便が届きました。緑に包まれた花籠で、何とその中には、いました。いました。可愛い河童が。今月半ばからオンライン新製品発表会やキャラバン、そしてコンサルや打ち合わせと忙しかったのですが、元気充填コンプリート。さて来週は初のオン

続きを読む

蘭の宝箱
2020年06月19日06:49

私は新製品発表会で渡される花や新製品に添えられて届く花を、ありがたくオフイスに飾っています。気持ちの切り替えに時々コーヒー飲みながら眺めるのは至福の時です。先週、ジョルジオ・アルマーニから送られてきた新製品と黒い小箱。開けてみると宝石のよう

続きを読む

端ッ葉の軽業師
2020年06月18日08:50

私は期限がギリギリになって、やっと原稿やプレゼン資料を仕上げるのが、好き・・・?ではなく、そこまで引っ張るタイプ。でも、一番最後に仕上げたページや文章に、自分で言うのもはばかれますが、一番決まっているのです。と、思うことにしています。写真は

続きを読む

卒論研究ノートも発掘
2020年06月17日06:37

部屋の片付け途中ですが、卒業論文に続き卒論研究ノートも発掘されました。ナンバーをみると1と3の2冊でしたが、2はまだ未発掘です。「M.Gland(日記)」から「Mammary gland. No.3」と変わってきたのは何かあったのかな?パラ

続きを読む

タンポポ賛歌
2020年06月16日07:54

子供の頃からタンポポの綿毛を吹いて飛ばすことが、たまらなく好きでした。そして、娘達にもその楽しみを教えたものです。このタンポポ玉の光景はたくさん見ています。だからいつか持ちの良いきれいなタンポポ玉のドライフラワーをつくりたいのです。題名は「

続きを読む

来週6月23日(火)はビューティサイエンスセミナー「美白&UVケア化粧品(2020年)」をオンラインで開きますが、7月のビューティサイエンスセミナーもオンラインで行います。テーマは「ポストコロナ時第のオーガニック化粧品」ということで、まだ世界

続きを読む

雨上がりの植物はみずみずしく、リフレッシュ感があふれています。風呂上がりかシャワーを浴びた後のようですね。そんな白いカラーが気持ち良さそうに咲いていました。梅雨時の雨上がりは植物のシャッターチャンスです。題名は「雨上がりのホワイトカラー」で

続きを読む

清廉なガクアジサイ
2020年06月13日09:36

いよいよ本格的な梅雨の東京です。少しの晴れ間が嬉しい散歩。今の旬の花といえば紫陽花です。私はどちらかと言えばガクアジサイの方が好きです。ちょっと下から見上げたら清廉な感じでした。透明感がそう感じさせるのだなと、ビューティサイエンティスト視点

続きを読む

阿修羅の秘儀
2020年06月12日07:30

散歩中に見かける紅葉やカエデの実というか種が、どうしてもブーメランに見えます。と、いうことでオフイスに持ち帰り、阿修羅に相談しました。その答えは、ブーメラン回しという秘技、いや秘儀でした。ユーチューブで国会答弁を見聞きすると、ブーメランが回

続きを読む