ホーム > mixiユーザー(id:514527) > mixiユーザーの日記一覧

mixiユーザー(id:514527)

日記一覧

被害と呼ばれる事柄は「言葉だけのもの」が少なくない。男女がセックスをし、それに金銭が伴っても、双方とも合意の上であれば問題はない。ところがこれらに、社会通念が加わってしまうと話がややこしくなってくる。強制猥褻罪および強姦罪では共に13歳以上

続きを読む

子供が生まれたなら数時間後には、国が管理監督する施設に乳児を移す。そして義務教育が終了する年齢まで施設に収容し、親は収入に応じて子供の養育費を支払うものとする。この間、親が子供に「面会」はできるが連れ帰ることはできないようにする。高校は無償

続きを読む

人は精神的及び肉体的な差がある。これは先天的と後天的に分かれるが、「クソも味噌も同等に」とされたのは「男女雇用均等法」が最初である。今では「障害者雇用促進法」まで定められてしまってるが、法制化される見込みは少ないものとして「出自」がある。こ

続きを読む

というのはありきたりな考えである。日本は銃砲刀剣類所持等取締法の関係で拳銃は市販されておらず、手に入れるには公的暴力団の組織員で、これ見よがしに拳銃を携帯している警官を襲って手に入れるのが最も早道である。これは別の見方をすれば、警官が襲われ

続きを読む

立て籠もっていた市民を警官(警官隊)が射殺した前例はあるものの、今回のように躊躇せず市民を射殺した例は私の知る限りない。しかも前者においては事件の発生間もなくから報道が行われてたが、今回の事件では「目撃者はひとりもいない」という特徴がある。

続きを読む

基本的には人は同格である。しかし日本においては「肩書が偏重」されてるために、どのような関わりにしろ日本社会では「主従関係」が発生する。それは客と従業員との場合でも同様で、主に位置する者が従に位置する者に対しての暴言や強要は当然のごとく発生す

続きを読む

つぶやき及び日記をサラリと読んでみたが、責任はドライバーにあるという意見が大半で、子供に求めたものは僅かであった。交通法規ではドライバーに横断歩道の前での一時停止義務はない。「渡るかどうかわからない人」がいた場合徐行するとなっているだけで、

続きを読む

盗撮はありきたりの社会
2018年09月23日11:26

今どき盗撮はごくごくありふれたことである。町中には防犯カメラという名の盗撮カメラが氾濫し、警察は公然と盗撮及び盗聴ができる時勢である。なので個人に至っては標準で撮影機能がついているスマホや携帯を用いて撮影したものがユーチューブに沢山登録され

続きを読む

野良猫がたくさんいるという理由でで観光地化しているところは別として、被害が出ているところでは駆除するしか方法はない。猿にしろ鹿にしろ「害獣」として駆除されてるのに、野良猫だけは例外にするべきだというのはおかしな考えだ。そんなにも野良猫の命が

続きを読む

献血という安易な方法で血液製剤を作って売り、儲けようという根性が気に入らない。なので未だかって献血は一度もしたことがなくする気もない。資料によれば売血の価格は>200mlで400〜500円(現在の4000〜5000円くらい)ほどでしたということなので、奨学金

続きを読む

世の中には色々な嗜好・志向の人がいる。肝要な点は「気持ち悪い嗜好・志向」の人が身近にいるかどうかであるが、「もし身近にいるとするなら」と仮定して物事を捉えれば「そんな人はお断り」となるわけで、今は身近にはいなくても「後々においては身近になる

続きを読む

道路が寸断されて交通がままならず、壊れた・壊れかかった建物があり、ライフラインに問題があるの知りながら行こうとする人は余程の物好きだけである。この物好きを当てにして補助を行おうというのは狂気の沙汰であって、無駄な金のバラマキとしか言いようが

続きを読む

警官は致命傷を与えられる拳銃を躊躇せず発射し市民を死亡に至らさせのであって、腕や手などの部位を撃ったのではない。これをもって「警官には殺意があった」と認めらるので、射殺した警官を「殺人」で逮捕するのが本筋である。ところが「身内をかばう」のが

続きを読む

文明人であれば刃物より銃器の方が強力なのは知っており、銃器に刃物で立ち向かおうとするのは無謀そのものである。にも関わら刃物で立ち向かい、結局は射殺されることとなったものの、公的暴力団員を一匹しとめた者を喝采をすべきであろう。警官刺殺、銃声に

続きを読む

昔には「警察署・交番・警察官舎」には近づくな。とばっちりを受けて傷ついたり死ぬことがあるからと冗談を言ったことがあるが、今や冗談ではなく現実のこととなってしまってる。日本では銃砲刀剣類所持等取締法によって一般人は拳銃を所持できない。猟銃やラ

続きを読む

天皇体制の瓦解
2018年09月18日15:01

臣民とされた日本国民にとって、天皇のために死ぬことは本人は元より家としての誉れであり、軍国歌謡曲の「軍国の母」ではその精神が表現されている。大日本帝国陸海軍は本土決戦に備えて航空機約3000機を保有していた(整備機・予備機を含めれば5000から6000

続きを読む

一応ユーチューブで検索してみたが、「撮影した」映像らしきものは発見できなかった。東北大地震による津波映像をたくさん見たが、本来ならば捉えられるはずの「死の瞬間」を捉えようとせず、カメラをパンして故意に映らないようにしている映像ばかりで、津波

続きを読む

世界的に見れば、「女と子供」を別枠に置こうとする行為がまかり通ってきた。災害において非難させる時にはまず子供が優先され、続いて女となり、男が一番最後に回されるといった例があるのはそのためである。それはこの行為の背景に「女と子供はか弱い」とか

続きを読む

表向きと心の中は別物
2018年09月14日12:05

身元不明人を歯型で鑑定しようというのは昔からで、歯科医になろうと思った時に、将来的に「鑑定を依頼される」ことを想定していたはずである。そのため、歯型鑑定によって自分の患者であったことを知ってまず思うことは、「収入が減じる」ということであるは

続きを読む

昔にはヤクザによる市中での発砲が大きく報じられたことがあるが、それに対して公的暴力団である「警察の発砲事件」の取扱は小さすぎる。現在のところ市民が「流れ弾によって傷ついた」とはされてないものの、ますます過激になってきている公的暴力団によって

続きを読む

味の塩焼き
2018年09月11日21:52

例年この時期だと、スーパーでサンマが1匹100円以下で特売が行われる。しかし北海道地震の影響でサンマの漁獲量が激減し特売は無理な状況となっている。ということもあって、先日スーパーに行った時にはアジが一匹98円で売られいた。ただ、例年よりこぶりだっ

続きを読む

この調査結果では「どういった状況の時」かが省かれている。客がそのような態度に出るには「店側、従業員側」の何らかの行為がきっかけになってるはずなのに、それを示さないのは後ろ暗さがあると言ってるのと同じだ。飲食関係ならば「異物が入ってた」「注文

続きを読む

確かなのは、自殺をしたいものの自分では死ねない人に連絡し、殺してあげたという「嘱託殺人」である。ただ、確かに依頼されたという証拠は存在してないようだし、何が何でも話を捻じ曲げてしまおうという警察及び検察によって、「強盗殺人」という筋書きが出

続きを読む

性愛の対象区分は色々だ
2018年09月10日15:15

異性愛者が多数なために、少数の「異端性愛者」が奇異の目で見られるわけだが、同性愛者及び両刀使いだけでなく、もっと範囲を広げたらどうなんだろうね。「小児性愛、老人性愛、肥満性愛」など、肉体的形状や精神性ゆえに求められたり、また「死体愛玩、獣姦

続きを読む

民事裁判での判決は刑事裁判と違って強制力が伴わない。一億円だろうが一兆円であろうが支払うかどうかは「被告の自由」で、現実的には支払い判決に無視を決め込む人が大部分である。被告に支払い意思がない場合に、原告は裁判所で差し押さえの手続きを取るこ

続きを読む

タイトルに掲げた3つの理由が重なった時に人は並ぶのである。特に三番目の「暇だけはある(他にやることの予定がない)」は大きな理由で、何を得られるのかが分からなかったが、「行列してたから後ろに並んだ」というものもある。敗戦直後の時代では物不足だ

続きを読む

物事には順序があるので、「あんたが学校に行かないと母さんは罰せられる。それでも良いの?」と優しく語りかけてみる。それで言うことを聞かなければ首に縄をかけ「引きずっても学校に連れて行くよ」と言い、それにも応じなければそのロープを車の牽引部に繋

続きを読む

警官、教師、その他の公務員が痴漢・覗きしたという話は今では珍しくなくないが、「けしからんやつだ」といった非難の声しか聞こえてこない。異性愛者の男性が女性を玩具同然として扱う(扱おう)とすることは、大昔から延々と行われてきたありきたりのことだ

続きを読む

旧優生保護法は第一条で目的が定められた。>第一条 この法律は、優生上の見地から不良な子孫の出生を防止するとともに、母性の生命健康を保護することを目的とする。続く第二条において以下のように定義された。------------------第二条 この法律で優生手

続きを読む

男女は等しく扱うべきだとしつつも、便所は未だに男女が別になっている。また公衆浴場においてもそうだし、混浴にしているのは一部の温泉だけである。つまりは掛け声は別にして、従来からの習慣として「男女を別に扱う」ことがまかり通っており、学校における

続きを読む