ホーム > mixiユーザー(id:514527) > mixiユーザーの日記一覧

mixiユーザー(id:514527)

日記一覧

英語では「親孝行」に相当する言葉がないことを知っている人はいると思いますが、それは「親が子供を育てるのは当たり前のこと」であるために、親への恩返し(親孝行)を意味する言葉が生じなかったのです。教育勅語には以下の文があります。(現代訳)>あな

続きを読む

身元が判明してまもなく「そっとしておいてください」という父親のコメントがあった。にも関わらずマスコミは、相手の迷惑をまるで考えずに連日押しかけ、否応なく質問を浴びせ続けていたのだろう。両親は日本語はほとんど話せないために、誰かに代弁してもら

続きを読む

この記事は増田峰登被告(23)についてのものなので「千葉市中央区の自宅マンションで・・」となっているが、そもそもは居酒屋で行われた飲み会(十数人参加)に女性が参加し、山田被告が女性に白ワインの一気飲み競争を持ちかけ、女性は大量に飲酒して泥酔

続きを読む

米国のテレビドラマでは失踪後48時間過ぎたら生きている可能性はないとして描かれる。これは過去のデーターに基づいての数値とされるが営利誘拐を含んだ数値であって、強姦・猥褻目的の場合には早期に殺されてしまうケースが圧倒的に多いとされる。日本にお

続きを読む

ロボットアームですね
2017年03月30日22:24

筋電義手とは--------------------操作法は切断者によって異なるが、切断してしまった部分を動かす筋をスイッチとする場合が多い。例えば手首を切断した場合、手首の掌屈(掌側へ手首を曲げること)する時に発生する表面筋電位を「ものを掴む」、背屈(手の甲

続きを読む

こういうとこは貴重だな
2017年03月30日21:46

何かものを隠そうとした時、わざわざ穴を掘らなくても利用できる。ただ深いので、あとで取り出そうとするには不便。処分してしまおうとする時には別だけど、すぐには見つからないようにその上に土砂やゴミを被せておく。そうすれば覗き込まれても隠したものは

続きを読む

というのが「共謀罪」の正式名称で、これについての資料は法務省のウエブサイトで提示されている。問題とされるのは「禁固刑以上の犯罪」とされてるために【対象犯罪の多さ】と、【二人以上が関わった】場合と規定されてることである。法務省におけるQ&Aでは

続きを読む

日本が北朝鮮から輸入している(いた)のは松茸や、あさり・うになどの主として海産物がおおい。これらは北朝鮮との直接取り引きが絶たれても、中国やロシアそれに韓国経由で日本に入ってきてる。要は日本の港に北朝鮮の船舶は入港させないというだけのザルな

続きを読む

証人喚問で火を消そうとしたものの、逆にFAX文の公表によって新たな火種が生じてしまい、大阪府知事の松井一郎への嫌疑も高まった。そこで自民党は籠池泰典氏に対しての制裁を行うことを決意した。ということなのだろう。この状況はオウム教事件の時に警察官

続きを読む

昔には声をかけて、車に誘い込み、そして・・というパターンが多かったような気がするが、今の時代、防犯カメラという名称の盗撮カメラがあらゆるところに設置されているので、行き当たりばったりに「見つけた、拐う」というのは利口なやり方ではない。そのた

続きを読む

籠池泰典氏の証人喚問での発言に対して弁明を出した3月23日以降、安倍昭恵のフェイスブックは更新されてない。従来なら1日に1回は情報発信をしていた状況と比較すれば異常な事態である。安倍昭恵と塚本幼稚園との関わりは古い。検索し限りにおいても2014

続きを読む

大昔の事件であれば、当時裁判に携わった人達が死んでいる人が少なくない。しかし間近な裁判だと生きている人達がいるので、再審決定をしてしまうと、当時判決に関わった判事を責めることと同義になる。なのでボロをほじくろうとするのに等しい再審請求には、

続きを読む

法律を作りましたので、明日から実行してください。ということではなく、「努力しなければならない」ということであって、現状において満たされてないから「義務を怠っている」というのは乱暴な意見だ。物事の成り立ちをまるで理解できてない子供と同様の言い

続きを読む

各社の報道を一通り見てみると、何故か日本経済新聞だけ書かれていた情報があった。---------------------------遺体発見前とみられる時間帯に、複数のインターネット掲示板に「用水路にいるから探せ」などと投稿があったことも判明。捜査本部は慎重に関連を

続きを読む

辻元は「侵入しょうとしてない、周りにいたメディアが証人」などと言っている。しかし周りにいたという人を一人も引っ張り出してこないのは解せない。それは、何故なのか。例のメールにはこんなものがあった。-------------------【平成29年2月21日】籠

続きを読む

昭恵が省庁から派遣された秘書を伴って森友学園を訪問したことは「公人としての行為」であったことになる。そして安倍昭恵が「公人として100万円寄付をした」のを白を切り通そうとし、野党が求めている安倍昭恵の証人喚問に安倍省三が応じようとするどころ

続きを読む

道徳観は人それぞれによって異なるが、幼い内に一定の方向性を示し、それを基調としつつ別方向も示すようにしていかないと、「道徳とは何か」といった根本的な事柄を身につけにくい。しかし、「教育基本法の改悪によって愛国心が盛り込まれた」ために、方向性

続きを読む

オーソドックスな方法としては集団での登下校がある。しかしこの方法で万全をきすには、集合場所まで大人がつきそう必要があるが、通学路に保護者が持ち回りで立って監視するよりは能率的である。スクールバスの利用や親が学校まで送り迎えする方法はあるが、

続きを読む

安倍省三が100万円寄付をしたという話しから、あれほどにも拒否をしていたはずの籠池泰典氏の参考人招致が一転して、籠池泰典氏の証人喚問ということになった。つまりは安倍省三という「キーワード」によって自民党の態度が一変したわけで、自民党が頑なに

続きを読む

日本国憲法において天皇は「日本国の象徴」と位置づけされているが、実質的には天皇は国家公務員としての役職名である。そして天皇が住んでいる江戸城跡に作られた建物は「公務員住宅」に位置付けできる。同様にして内閣総理大臣が住んでいる官邸も公務員住宅

続きを読む

死亡原因や死亡時間はまだ判明してない。判明してることは「人懐っこい子だった」、家から学校までは15分の道のり、家を出てしばらくは果樹園が続き、続いて建売住宅地域になり、そして人通りの多い交差点に着く。といった僅かな情報しかない。そこで別の角度

続きを読む

朝日新聞の勝利ですね
2017年03月26日22:54

朝日新聞の立場からすれば、日本会議の一角に位置していた塚本幼稚園は目障りであった。そのために何とかしてぶっ潰してしまえないかと日頃から策を考えていたところ、安倍省三記念小学校に絡んで絶好の材料が見つかった。そこで偏向報道で実績のある朝日新聞

続きを読む

一般の人が何らかの理由で地元選出の議員にお願いしようとする場合がある。しかしこういった場合に議員にはまず会えず、殆どの場合には議員の秘書が応対する。そして議員の秘書は誰それの議員の秘書として、目される人に会い交渉するのが常である。一般的な依

続きを読む

この事件においては、警官の車内捜査によって発見された。ということであるが、それ以前において然るべき要請があったものと思われる。つまり「今・・・なので、車内を調べたい」といったようにである。このような要請には原則として、断ることができる。それ

続きを読む

だから主人の代わりに稲田朋美が対処にも当たっていたわけで、それを「顧問弁護士ではなかった」という弁明は通らない。実際にはもうひとり弁護士が同席していたそうだが、要は証拠を突きつけられるまでなかったことにしてしまえば良いと思ってるとわけで、そ

続きを読む

戦時歌謡として「軍国の母」がある。この歌は元々は昭和12年8月に、日活映画「国家総動員」(公開時は「銃後の赤誠」と改題)の主題歌として作られた。作詞が島田磐也で作曲は古賀政男たが、作詞家の島田磐也は陸軍省から「見事な非常時歌謡である」と褒め

続きを読む

死とエロティシズム
2017年03月24日23:26

どのようなことに興味を抱くかは人それぞれであるが、生の対局にある死については殆どの人が一度は関心を持つのではないかと思う。死は死体に通じ、また殺人に通じ、時としてエロティシズムと結びつく。この事件における犯人は------------------------------

続きを読む

物事は両方から眺めないと事実が判明しない。その点、籠池泰典氏側は証人喚問以前に記者会見や状況説明の動画を公開してきた。それらを見るだけでも、テレビや新聞といったマスコミが「都合良い部分」を切り出して、筋道を捻じ曲げてしまおうとしていたことが

続きを読む

安倍昭恵の証人喚問が実現すれば、100万円寄付についてだけ質問されるわけではない。どのような経緯で安倍昭恵は塚本幼稚園と関わりを持つようになったのか、安倍省三は安倍昭恵を通して塚本幼稚園ならびに籠池泰典とどのような関係を持ったのか、が当然の

続きを読む

籠池泰典氏を脅して発言を変えさせようとした自民党議員の策略は失敗に終わった。それはもはや失う物がない籠池泰典氏が捨て身の構えで挑んだためである。それを安倍昭恵の参考人招致どころか、それすら行おうとする気がないのでは、後ろ暗い理由があるためと

続きを読む