ホーム > mixiユーザー(id:514527) > mixiユーザーの日記一覧

mixiユーザー(id:514527)

日記一覧

作戦の立案および実行時の想定を背広側は検証する方法を持たないからで、とどのつまりは軍人に押し切られて泥沼の戦争に陥った前大戦を再び繰り返すことになるだけである。http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=2&from=diary&id=3295453

続きを読む

別々の取調室に入れて、「あいつらは、もう白状したぞ。黙ったままでいるとお前の罪が重くなるだけだ。だから、さっさと白状しろ」なんてカマをかけつつ追い込んだ結果だろう。だだそれらの証言が事実かどうかは現段階では不明。自分だけは助かろうとして「悪

続きを読む

「海洋法に関する国際連合条約」の公海について以下のように定めてある。----------------------第87条 公海の自由1 公海は、沿岸国であるか内陸国であるかを問わず、すべての国に開放される。公海の自由は、この条約及び国際法の他の規則に定める条件に従

続きを読む

国辱写真
2015年02月28日09:53

写真を見て、マッカーサーとヒロヒトが並んで写っていた写真を思い出した。マッカーサーの身長より格段に背が低くてショボくれたヒロヒトの畏まった状態と裏腹にマッカーサーの堂々とした姿勢との対比によって、当時の国民は日本が負けたことを嫌でも実感せざ

続きを読む

防犯カメラという名の監視カメラが濫している。監視カメラはプライバシー侵害に繋がるということで一定の制限が科せられている国があるものの、日本では監視カメラは野放し状態である。そのため以前に「日本では安全と引き換えにプライバシー侵害を許している

続きを読む

件のフリーカメラマン杉本祐一さんは2月27日に出発する予定でいた。外務書職員が人権侵害をしにやってきたのは2月7日の午後7時頃である。にも関わらず「緊急な処置が必要だった」とは相当に頭がイカれているとしか言いようがない外務書職員は警官を二名を伴っ

続きを読む

紛争地域に出かけてこれみよがしに銃を構えていればあちらさんはいい顔をするどころか、殺られる前に殺ってしまおうと思うのは当然のことで、要は「相手を刺激して攻撃されれば、待ってましたとばかりに撃ち殺しても問題ない」ことにしようと言ってるだけだ。

続きを読む

上川陽子というやつは、死刑についてのアンケート結果で「終身刑が導入されたら場合には死刑賛成数はほぼ半数」だったことに目をつぶり、死刑賛成派が80%だったとのたまうとともに終身刑の導入は残酷だと言い切って、死刑にして殺してやったほうが良いなどと

続きを読む

米国は日本とは違って共和制であって大統領が国のトップに位置しており、間接的ながらも選挙権のある国民は大統領選挙に関わることができる。大統領として当選すると実務を開始する以前に宣誓式が行われる。この時の言葉は決められており「私は合衆国大統領の

続きを読む

献金というの名の賄賂の取り扱いについての決め事すら守れないのは頭が麻痺している証拠であって、認知症の可能性が限りなく大きい安倍晋三の閣僚には相応しいとは言える。政府内で互いにボケをかましあっているのを直ぐそばで見ていたならば、これでは吉本の

続きを読む

反日はともかく売国奴や在日は割りという方だがネトウヨの意識は全くない。かってネット(インターネット)で討論を盛んに行っていた時期にネット右翼と何度も渡り合ったことがある(時期的には1998年から2000年)。考え方としては共通する部分はあったものの、天

続きを読む

現時点における最新の憲法改悪法案は2014年5月31日に出されている。条文のみならず「何故変えるのか」ということが示されており、参考として「ボツダム宣言」や各国の憲法改定の条件なども併記され、憲法改悪までの流れも示されている。法律や憲法は前文にお

続きを読む

例えば、東南アジアは西洋列国の植民地にされてました。天皇を現人神として戴く大日本帝国は虐げられているアジアの人々を同胞と見做し窮状を救うために、西洋列国を完膚なきまで叩き潰して東南アジアを解放するための困難な戦いを決断しました。結果的には戦

続きを読む

この手の職業に従事している女は特定の客とエッチすることはありふれているわけで、「売春婦としての経験を活かし・・」なんていうアピールもできたはずだが、聾だけを売り物にしてどう票に結びつけられるかだろう。筆談ホステス斉藤さん国会内で記者会見http

続きを読む

ハラスメント(嫌がらせ)は本来は「意図的に行われた場合(嫌がらせしようという意志があった)」場合にのみ使う言葉であるにも関わらず、嫌がられされた思った人がいただけで「嫌がらせられた(意図的)」として扱おうとするのが昨今の何々ハラスメントの特徴であ

続きを読む

人は集団で生活する生き物なので社会に属している限り他者から何らかの影響を受けます。その影響が自分にとって快か不快かどちらにも属さないかに大別した場合、不快を感じた原因と思える対象者を探し求めて加害者として見做してしまうことから始まっています

続きを読む

邦人人質殺害事件の時に「テロには屈しない」と繰り返すだけだった能なしの安倍晋三は、今度は衆議院予算委員会で>「閣僚の任命責任は私にある」>「内閣、与野党問わず政治家は自ら襟を正し、説明責任を果たすことが求められる」と同じことを繰り返してという

続きを読む

日本人は往々にして全体に埋没することを好むために、左右を見ても自分と同じことをしようとしてるのを見つけ出せなければ自粛するものである。周りから叩かれても排除しつつ這い上がろうとするほどの気概を持っていれば話は別だが、気概そのものを失っていれ

続きを読む

初めて日本に来るということなら京都に連れて行って古式豊かな建造物などを見せ、ついで広島や長崎などの原爆記念館というコースにでもすれば良いものの、自民党政権の原発政策の付けによるところの福島の被害並びに津波の跡地を見せたってあちらさんは喜ばな

続きを読む

個人の尊重と自己責任
2015年02月25日13:03

「個人として尊重する」なのが当たり前とされている欧米社会と、そうではない日本社会とでは自己責任についての考え方も当然ことなる。日本国憲法第十三条において>第十三条  すべて国民は、個人として尊重される。生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利

続きを読む

托鉢僧と乞食
2015年02月25日12:14

托鉢僧と托鉢は>仏教やジャイナ教を含む古代インド宗教の出家者の修行形態の1つで、信者の家々を巡り、生活に必要な最低限の食糧などを乞い、信者に功徳を積ませる修行。乞食行(こつじきぎょう)、頭陀行(ずだぎょう)、行乞(ぎょうこつ)とも。ほぼ同じ意

続きを読む

話をどんどん大きくして安倍晋三を議員辞職に追い込めれば野党は大したものだが、野党共同で内閣不信任案を提出して衆議院解散になったらなったで面白い。もしそうなれば憲法改悪草案を強気に押したている自民党を潰すために「敵の敵に肩入れする」戦術が使え

続きを読む

日々の流れを見ているだけでは気づかなくとも、過去と比較することによって現在の状況がよく理解できることは何事についても同じだが、ここ数年の政治状況も過去と比較すれば自民党政権が軍国主義を推し進めていることが誰にでも理解できる。1973年12月19日(

続きを読む

教育の成果ですね
2015年02月23日12:59

子供だと警戒されにくいことを狙った戦術と見られるが、かってベトナム戦争において避難民に紛れた子供がヘリコプターに手榴弾を放り入れ爆発させた事例があった。考えることはどこも同じだということであるが、子供だと体力的に大人と同等な量の爆弾を装着し

続きを読む

日本国憲法では天皇を公務員として位置づけると共に公務の内容までも定めてある。公務員とは>(1) 明治憲法下の官公吏とほぼ同義であるが,第2次世界大戦後特にこの言葉が用いられるようになった。その理由は,明治憲法 10条や官吏服務規律においては,天皇の

続きを読む

なので、それ以外の規定は憲法で定めるべきではない。>1回目は一部の野党も含めて合意が得やすい環境権や緊急事態条項などを対象とし、9条などの難題は2回目以降に提起する考えとみられる。「環境権」とはどんなことか分からないが、「環境条例」のような

続きを読む

能力のある子は飛び級させてより高度な学問を学ばせ、能力の低い子供はそれなりにという個々人に合わせた教育ではなく、画一教育をして型にはめようとしてきたために創造力のある子どもが育ちにくくかったのである。それを画一教育はそのままで自由な時間だけ

続きを読む

そもそもがパワー・ハラスメントは日本で考えられた造語であって、「セクシャルハラスメント」を真似て作られた「日本ならでは職場環境の反映」である。外人はこれについてどう考えてるかについて以下のアドレスを参照のこと。http://www.japanintercultural.

続きを読む

今はまだ良くとも、いづれは子供は本当の親でないと知る時が来る。その時にはどのように説明するのか。或いは子供が知る以前に本当の子供ではないことを話すのか。その時子供はどのように感じ、どのように反応するのか。親子関係がぎくしゃくするだけでなく、

続きを読む

安倍晋三が周りからいくら言われても靖国神社詣でを辞めないのは「国のために死ぬことは美徳」として位置づけたいからである。先の大戦においては、現人神とされた天皇のために戦って死ぬことは誉れとされた。この考えは映画で「靖国でまた会おう」といって散

続きを読む