ホーム > mixiユーザー(id:514527) > mixiユーザーの日記一覧

mixiユーザー(id:514527)

日記一覧

追突事故の時に車外に投げ出されるのを防止できるという謳い文句のシートベルトが、逆に身体の損害をもたらす危険な装備となっている。そのために「シートベルトの装着は身体に損害をもたらす可能性があります」といったことを自動車メーカー及び販売店が示す

続きを読む

男性と女性の精神構造は異なっており、女性は「感情的・視野が狭い」といった特質を備えてる。この女性ならではの特質は幼児期までの子育てには効果的に作用するものの、子供がさらに成長して思春期に差し掛かると様々な問題を引き起こす要因になりやすく、特

続きを読む

平成23 年調査調査では全国のホームレスは10,890人だったのが、平成27 年調査では6,541人に減っている。ちなみにこの調査でのホームレスとは都市公園、河川、道路、駅舎、その他施設で寝泊まりをしている人達である。この調査はホームレスの自立の支援等に関

続きを読む

戦争によって兵器は進化し運用形態も変わるものだが、第二次世界大戦において躍進した兵器は軍用機だった。それに対して大艦巨砲主義は時代遅れとなり今では完全に見捨てられている。日本は開戦初期にマレー沖で英国戦艦レパレスとプリンス・オブ・ウェールズ

続きを読む

戦時中には防空・消火には地域の住民が一丸となって対応すべきとされ、防空・消火訓練が度々行われた。そして空襲時には防空壕への避難だけでなく、消火作業にも従事した。現代では消火作業は消防員のみが対応し、一般住民は消火作業には加わらない。しかも日

続きを読む

空焚きになった鍋とは、おそらくスープを作っていた寸胴ではないかと思う。火を付けたままその場を離れるのは・・といったことをつぶやきで書いている人達がいるが、スープを作るためには長時間煮込む必要があるので、出来上がるまで火元近くにいる調理人はよ

続きを読む

素行の良くない生徒に教師はどう対応すべきだったかについては取り上げられず、教師の行為だけを問題視する傾向がそもそもの誤りである。しかも状況を度外視して「暴力は駄目」といったことのみを後生大事にしていては本質を見逃してしまうことになる。視点を

続きを読む

アキヒトが天皇職を辞めたいのなら自殺すれば万事解決である。自殺するのにためらいが見られるのなら、アキヒトを殺してしまうのが筋というものである。にも関わらず「アキヒトの気持ちはどうたら」と何度も報道されるにも関わらず、殺しの段取りが進んでいる

続きを読む

地裁での判決なので本決まりではないが、金を支払うかどうかは任意である。財産差し押さえの段階まで放置することはできるし、無い袖は振れないごとく知らんぷりをすることだってできる。■いじめ暴行で重体、市や同級生らに1億円超の賠償命じる(朝日新聞デ

続きを読む

子育てには金がかかる
2016年12月22日16:47

しかし「貧乏人の子沢山」という言葉があるように大昔には低い金額で子供を育てることができた。その第一は子供の教育費は最低限度に留めて(若しくは義務教育すら受けさせない)、第二として衣食住は可能な限り金をかけない(ボロ服・ボロ家)、第三として乳

続きを読む

アンネの日記は大昔に読んだことがある。内容そのものはお世辞にも素晴らしいと言えるものではないが、ホロコーストの犠牲者という舞台設定のために特別なものとして扱われている。そのためにナチ党によるユダヤ人絶滅計画やアドルフ・ヒトラーに対して良くな

続きを読む

>稲田朋美防衛相は19日午前、記者団に「事故の状況や原因などについて専門的知見に照らせば、合理性が認められる。本日午後から空中給油以外の飛行を再開するとしたことは理解ができる」と述べた。稲田朋美防衛相の述べた専門的知見とは何のことであるかは

続きを読む

現在販売されている車の大部分はAT車である。マニュアル車なら左足はクラッチを踏むために用いるが、AT車では左足は遊んでいる。なのでAT車が販売されるようになった時点で左足はブレーキを踏むように改善されても良かったはずだが現状ではそうなってない。ブ

続きを読む

ネットは便利な半面、危険な場所でもある。なので自己防衛策を講じつつ慎重な行動に徹しないと、ネット上のトラブルに留まらなくなる。危険性を回避するありふれた方法は、ネットでは匿名で活動することだ。そして特に、誰でも閲覧できる場所では「誰と推察で

続きを読む

他のことは全て私事である。天皇家にまつわる行事は、天皇家の立場からすれば公務であっても、国家レベルからすれば私事にすぎない。■天皇公務、段階的軽減を提案=有識者会議第6回の議事概要(時事通信社 - 12月15日 13:01)http://news.mixi.jp/view_news.p

続きを読む

>射撃開始の要領が公になると相手が対応しやすくなるマイナス面がある。というのは何か。スーダンからスパイが来日してるので、手の内を明かすと不味いと言いたいのか?ならば、それは非現実的というしかない。現地において一度でも銃器を使用する状況が発生

続きを読む

外国人の出稼ぎ支援だな
2016年12月15日19:29

技能実習生と呼んでいてもその実は出稼ぎ労働者であり、宿泊や光熱費それに食費は企業側が便宜を計らう。企業としてはこれらに要する費用を天引きするのは理に適ったことであり、これが良くないというのなら出稼ぎ労働者にはホームレス並みの生活をしてもらう

続きを読む

>「悲鳴を上げる被害者に執拗(しつよう)に切り付け、幼い長男が泣き叫ぶのに構わず攻撃し続けた」と非難した。一部始終を見ていた目撃者がいたか、若しくは容疑者が自白した内容ではないのであれば、検察もしくは判事の妄想から紡ぎ出された作文ということ

続きを読む

1939年(昭和14年)厚生省予防局民族衛生研究会は子供を増やそうというスローガンを発表しました。これは10訓で構成されておりその内容は以下のごとし。(1)一生の伴侶に信頼できる人を選べ(2)心身ともに健康な人を選べ(3)悪い遺伝のない人を選べ(4)盲

続きを読む

虐めには色々なケースがあるが、生徒間における虐めは今回のような「異分子の排斥」が最も多いのではないかと思う。それは日本社会では個人より集団を重視し、かつ個人は集団に帰属するものとして扱われることが背景にあるために、集団からの追い出しは虐めと

続きを読む

犯人は狂人で放し飼いにされていたための犯行ということらしいが、取材に押しかけた報道陣に向かって母親が謝罪というのは面白みに欠ける。玄関先を占拠した報道陣に水を掛ける・塩をまくといったことをすれば、「さすが、狂人の母親だけのことはあるな」など

続きを読む

合法的殺人および強姦
2016年12月12日11:43

自衛隊員が戦闘で死傷する危惧は取り沙汰されても、敵と看做す相手を傷つけ殺すことについては殆ど話題にされない。戦闘においてはどちらもつきものであるにも関わらず、戦闘の片方の側だけしか念頭にないのなら、自衛隊員が現地でレイプや虐殺をしても何ら問

続きを読む

突き落としの快感
2016年12月12日11:05

電車のホームに限らず、波止場や断崖などの側に立っている人を見かけると「突き落としたい」という衝動にかられるのはありふれた気持ちである。しかし大抵の人はこの衝動を抑えるので、実際の突き落とし事件は頻繁には発生しない。今回の事件では一人目は突き

続きを読む

爆薬は密閉された空間だと威力が増す。大昔だと鉄パイプを使用した鉄パイプ爆弾が使用されたが、今では密閉容器として圧力釜を使うことができる。所謂圧力釜爆弾であるが、圧力釜そのものはホームセンターなどで手軽に買える。なので発泡スチロールの箱ではな

続きを読む

天皇が政治に口出しすることは憲法違反である。に関わらず皇室典範に天皇の意思云々を盛り込むことは憲法への挑戦と等しく、後々においてトラブルを招こうというのと同じだ。それは憲法第九十八条と関わってくるからだ。>第九十八条  この憲法は、国の最高

続きを読む

逃げるが勝ち
2016年12月11日13:43

車との接触ならば、自分の車の塗料が相手の車についてしまう可能性がある。その点自転車だとぶつかる場所にもよるが必ずしも塗料がついてしまうとは限らない。なので取りあえずは無視してそのまま走行するのが無難である。それにしても車道を走る自転車は邪魔

続きを読む

「おい、どこの子や」という言葉から推察すると、子供は人に迷惑がかかることをしていたのがそもそもの始まりのように思える。そして注意したにもかかわらず辞めようとしなかったために、「言って理解できないのなら殴るしかない」ということになったのだろう

続きを読む

これらは上限額だが、逮捕に結びつかないと1円も貰えないので、余程の物好きでない限り情報を握っていても提供しようという気は生じないだろう。本気で捉えたいと思うのなら少なくとも1億円の懸賞金でないと売り渡そうとする人は出てこないだろう。■世田谷

続きを読む

小学生ならいざしらず、高校生にもなって「人任せ」しか解決方法を見いだせなかったのは知能に何らかの問題があったことが考えられなくはないが、「何より大切なのは自分」「自分に害をなす者には報復する」といった意識に欠けていたのは明らかである。虐めを

続きを読む

記事は分かりにくいが、要は「生後四ヶ月までにアトピー性皮膚炎を発症した乳児の内、卵は食べさせなかった生後六ヶ月の乳児を使っての卵アレルギー人体実験が今回行われた」ということのようである。この人体実験の背景には、0歳から1歳までのアトピー性皮

続きを読む