ホーム > mixiユーザー(id:514527) > mixiユーザーの日記一覧

mixiユーザー(id:514527)

日記一覧

女性限定の刑罰の導入を
2019年02月15日13:56

時代は移り変わったものの、結婚した男女が子供を生み育てる方法に変わりはなく、子供の躾は親及び教師に一任される方法についても同様であるが、「躾についての考え」が大きく様変わりをした。そのため従来の方法と新しい考えとのギャプが生じて、「暴力教師

続きを読む

同性愛者は胎児の時のホルモン異常により、肉体とは異なった精神を持ってしまった人として今は判明している。つまりは同性愛者は「欠陥人間」であって、同性愛者を「障害者」に位置づけできる。障害者を我々健常者と一緒に生活させるにあたり、これまでに種々

続きを読む

自殺現場
2019年02月14日18:05

これまでの人生で一度だけ自殺現場を見たことがある。当時は宿泊関係の仕事をしていたが、ある朝、部屋掃除として雇っていたおばさんが事務所に駆け込んできた。おばさんの話しによれば、声をかけて部屋に入ったが、何やら様子がおかしいということであった。

続きを読む

山野で傷ついた獣を見つけ手当しても助からないと判断すれば、欧米では殺して「獣の苦しみを取り除こう」とするのが一般的だ。それに対して日本では死ぬまで見守ろうとし、「獣の苦しみを長引かせる」のが一般的で、日本人は欧米人から「残虐、サディスト」と

続きを読む

欧米では親の生活能力を理由として、児童相談所に該当する機関が子供を拉致することが珍しくない。しかも親が生活を改めた後にも親の要求に応じないケースが多く、問題がより深刻化している。日本では「子供が虐待されている」との名目であるものの、児童相談

続きを読む

日本は明治時代及び敗戦後に、欧米文化が大量に流入した。しかし表面的な文化はともかくとして、「精神性」までも塗り替えられたわけではない。そのために「子供は親の所有物」という考えは払拭されず、欧米のように子供をひとつの人格として扱おうとすること

続きを読む

何を楽しいと思うかは人によって異なるものの、非力なモノに対しての虐めに喜びを見出す人は多い。最も非力とはいっても「時には逆襲」されることはあるものの、最終的には意のままになるなら同じことであり、「多少は骨のある相手」の方がより楽しみが大きい

続きを読む

人口の世界的推移を見ると、人口増が著しいのはアフリカ地域で、先進国と呼ばれる地域ほど出生率が落ち込んでいる。日本もこれに該当して出生率が下がっているが、かっては「貧乏人の子沢山」と言われた。一家の収入を増やすには、働き手が多いほど良い。その

続きを読む

虐めは楽しきことかな
2019年02月04日14:34

虐めは多数が、もしくは圧倒的な力によって、少数の者や非力な者に対して「一方的に行われる」暴力行為である。なので往来や室内で双方が共に殴り合うことについては、多くの場合に虐めとして扱われない。虐めは人間特有の行為ではなく、集団で行動する動物に

続きを読む

応募総数の内、精神異常者が半数以上を占めていたというだけでも驚きだが、白痴が3%(約260人)もいたとは驚愕以外のなにものでもない。肉体の障害者について>聴覚過敏の人には耳栓、手が不自由な人には手を補助する器具を使うことを認めたほか、視覚障

続きを読む

朝鮮人は「下半身に節操がない」ことで知られているが、それを目の当たりにしてしまえば、バッシングがより激しいものとなってしまうのは当たり前である。そもそもは朝鮮人を起用したのが間違いで、将来的な不安要素を無視してしまったための結果である。なの

続きを読む

改元は天皇の死亡や何らかの節目ごとに行われてきたが、明治期以降には天皇の死亡に合わせて行われることが定着した。それが今回の改元は「天皇が死亡してない」にも関わらず行う予定なので、>新元号は、新天皇がお亡くなりになった後の「贈り名」となるを踏

続きを読む

結婚は、「人間の男女(当人)」が、双方の合意のもとにできると憲法で謳われている。これは戦前ではありふれていた(本人の意志を軽視し)、「親同士の取り決め」によって行われていた結婚に釘を刺す革新的なことである。同性愛者同士の結婚は、「当方の意志

続きを読む

こういった報道が流れると、「私も・・」と思う輩が決まってででくる。しかし物事はそううまくいくとは限らない。どれくらい昔のことかは覚えてないが、泥棒という声を聞いて追いかけた人が、隠し持っていたナイフで刺されて死んだ事件があった。その時の報道

続きを読む

暴漢に襲われました、助けてください。と逃げ込んできた人がいたとする。こういった時に窓ごしでの対応だと、追いかけてきた暴漢が逃げ込んできた人を刺殺することだって出来てしまう。警官は身を盾にして市民を守るべきで、自身の安全を第一に考えるのなら警

続きを読む

ウィキペディアに「LGBTQのシンボル」なるものが紹介されていたが、何を身に着けようと「共通シンボル」を表示すれば、という条件で大目に見ることはできるだろう。江戸時代では穢多は家の門柱(もしくは軒先)に、毛皮の切れ端をつけろとの達しをしたとある

続きを読む

事件そのものは喜ばしい
2019年01月25日12:11

警察官は権力の犬として民衆を威圧し、因縁を付けても逆襲はされないようにと拳銃を携帯している。なので警官に対しての何らかの恨みを抱いている人や、拳銃を手に入れようとする人によって「襲撃される可能性」が付きまとう。襲撃には警官の虚を突くことが必

続きを読む

車内では迷惑と感じる行為は他にもある。それは座席に座って寝ている人が、横に座ってる人にもたれかかる行為である。自分がもたれかかられた時にどうするかは人それぞれだが、私の場合にはまずは押し返し、続いて声がけをし、更には怒鳴り、最終的には床に引

続きを読む

それが、男性の転居に際し、農業以外の目的でも使えるように集落全世帯の同意を取り付けて、男性が生活用水として使えるように手はずされた。農業用の溜池であるために、田畑に水を引かなければならない時期に雨がふらなければ溜池の水位は当然下がる。ところ

続きを読む

科学が発達した今日でさえ「生殖器の着脱」は実現に至っておらず、年齢及び性別を問わずに「基本的に」やりたい放題である。この状態が不本意な性交を招くことにもなってるが、「嫌も、嫌も、好きの内」という女性側の都合がまかり通っている状況において、「

続きを読む

過去において、在日朝鮮人は「日本に強制連行されてきた朝鮮人及びその子孫」との誤った認識をしていた日本人が少なくかったが、それは彼ら朝鮮人の嘘に騙されてしまったためである。朝鮮人がいつ頃から日本に住むつくようになったのはか、公的な資料(在日朝

続きを読む

大昔には背中に子供を背負って店を切り盛りしている光景があったしそれは珍しいことではなかった。しかし子供を他人に預けることが全盛の今日において、子供を職場に連れてくるのは非常識そのもので、先に地方議会に子供を連れ込んだ女性議員が非難の的になっ

続きを読む

日本には「被害者なき犯罪」がある。つまりは法律で刑罰が定めてあるものの、実質的な被害者はいないという罪である。その代表格は「売春防止法」及び「猥褻物頒布等の罪」である。これらは特定のイデオロギーが下地になった「モラル法」で、米国で一旦は制定

続きを読む

警察は犯人の条件に合う誰かを捕らえ、検察は犯人に仕立て上げられる誰かを餌食にするのが仕事である。つまりは警察も検察も「もしかすると、こいつは犯人ではないのかもしれない」といった気持ちは最初からなく、こういったことは当然弁護士も承知している。

続きを読む

死刑という形で殺してもらおうとして殺人を行った人は別として、それ以外の人が控訴するのはありきたりである。裁判で焦点になるのは「殺意の有無」だが、検察は殺意があったという作文(起訴状)を作るのに熱心である。それは検察官は「白でも黒と言いくるめ

続きを読む

そのために、憲法の条文が衝突していると思うのは「解釈が間違っている」のである。事実婚として同性愛者が結婚生活をしていても、「法律的な婚姻」とは別に扱われる。なので、婚姻を「届け出ても受理を拒否される」のは当然だが、こんな基本的なことが分から

続きを読む

地方にいた時に「何かにぶつかった」とか「何かを轢いた」と思ったことが夜間の運転中にあるが、一度も止まって確認したことがない。なので記事にある現場の道路が車のヘッドライトでしか確認できないような状況であったなら、さして気にせず通り過ぎることは

続きを読む

タイガーマスクの主人公の「伊達直人」名義による児童福祉関連用品(ランドセルとか)よる寄付が恒例のごとく毎年報道される。「月光仮面」名義による交通遺児募金との因果関係はともかくとして、それらを選んだ理由については当事者ならではの理由があるのだ

続きを読む

生物の体の細胞は絶えず入れ替わっているが、入れ替わりのピークがすぎると細胞再生がうまく働かなくなる。人が一定の年齢になると生殖能力を失うのはそのためだが、老化そのものが細胞再生がうまく機能しなくなったための結果である。なので細胞変異と言われ

続きを読む

戦闘があるゲームは常に難易度を一番優しくして行うのが常であるが、fallout76については難易度の設定がない。オンラインゲームであるという性格上そうであることは分かっているが、少し前まで行っていたForestとは違ってひとりでも何とかこなせている。当初

続きを読む