ホーム > mixiユーザー(id:514527) > mixiユーザーの日記一覧 > 一家皆殺しは殺人者にとっての憧れである

mixiユーザー(id:514527)

2020年01月18日18:01

143 view

一家皆殺しは殺人者にとっての憧れである

今では一家といっても夫婦と子供を含めた三人ないし四人家族であるが、大昔では祖父母や時には子供夫婦も同居しているケースがあった。そのために一家皆殺しは「殺人者にとっては憧れ」で、一家皆殺しを決意したものの「取り逃がして残念だ」といった実行犯の告白があったりした。

なので世田谷一家皆殺し事件は遺恨が原因とは限らず、「殺人者にとっての名誉」を得るために実行された可能性は大いにある。ところが警察は殺人を「遺恨もしくは物取り」として見てしまいがちで、「殺人を芸術」として捉えようという感覚が無い。
だから犯人は皆目見当がつかないという状況になってしまってるのである。



■世田谷一家殺害事件、現場の家を公開 遺族「壊せない」
(朝日新聞デジタル - 01月18日 17:10)
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=168&from=diary&id=5940480
2 3

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年01月18日 18:46
    犯人は冷蔵庫あさったりしたとも聞きます。そんな大層な者でもなさそうな感じです
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年01月18日 19:52
    恨み晴らし人として殺人をした男たちは、事を行う前に奥さんに飯を作らせて食べています。なのでそれは精神的な余裕があったかどうかということにしかなりません。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年01月19日 13:57
    「一家皆殺しは「殺人者にとっては憧れ」で、一家皆殺しを決意したものの「取り逃がして残念だ」といった実行犯の告白があったりした。」←ソースご教示下さい。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2020年01月>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031