mixiユーザー(id:514527)

2019年12月12日19:51

77 view

世間ではこの手の男をオカマと呼び習わしてきた

男から女の肉体改造(性転換手術)はペニスを切り取り、会陰部に穴を穿つ。そして精巣などの内部性器を取り除けば仕上がりで、乳房については豊胸手術やホルモン投与が行われる。
この記事では「体質の問題で」性転換手術を断念したとされてるが、調べた範囲ではどういうことなのかを見つけられなかった。

男性でありながら女性の衣服を身につける者は「女装趣味」である。「心は女」として称する者は「オカマ」であって、肉体改造をした者は「ニューハーフ」と呼ばれる。大昔では肉体改造は違法だったようで、「ニューハーフ」として売り出したカルーセル麻紀は「モロッコで手術をした」などと表明していた。ただ、当時にはニューハーフという言葉なかったような気がする。

豊胸手術やホルモン投与をして女性らしい肉体にしたものの「ペニスは付いている男性」は、シーメールと呼ばれていたと思うが記憶は曖昧だ。試しに検索してみたがヒットしなかったので別の言葉だったのかもしれない。
この「化け物」とも形容できる肉体の者を使ったポルノが制作され、何本かを見たことがあるが、今回取り上げられている性同一障害者の肉体形状は、この状態である可能性が高い。なので近くに住んでいる人は見物に行く手もあるが、ポルノ産業に従事している人から「俺のところで働かないか?」などと誘われることになるかもしれない。


■女子トイレ使用制限は違法=性同一性障害の経産省職員勝訴―国に賠償命令・東京地裁
(時事通信社 - 12月12日 17:30)
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=4&from=diary&id=5899541
0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2019年12月>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031