ホーム > mixiユーザー(id:514527) > mixiユーザーの日記一覧 > 裁判員制度は国民に殺人の機会を与える

mixiユーザー(id:514527)

2019年12月02日23:55

59 view

裁判員制度は国民に殺人の機会を与える

裁判員として選ばれる人は「一定の要件」に該当しない国民のみであるため、判事が長年に渡って築いてきた「判断基準」とは関わりない。同席している判事が口添えをするにしても、裁判員の「殺せ!殺せ!」の大合唱の前に為す術もなくなるであろう。

裁判員に選ばれた人は「密室での審理」について一切口止めをされている。それは「殺人の片棒を担いでも罰せられない」ことを良いことにし、殺し(死刑)を積極的に主張する人たちを保護するためである。
同様なことはミクシーでも言えるが、日記やつぶやきで「死刑にしろ!」と息巻く人たちは、それによって不利益になるとは思ってないはずである。

そのために従来の判事だけでの裁判とは違い「死刑判決」が多く出てしまうこととなり、あまりにも慣例とは異なる判決は覆ってしまうのである。


http://www.saibanin.courts.go.jp/vcms_lf/11.pdf


5人全員一致、覆った死刑判決
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=2&from=diary&id=5886844
0 2

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年12月03日 00:06
    裁判員裁判ができた理由は何なのでしょうか?
    その理由を否定するあなたは神ですか?
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年12月03日 01:19
    あなたのいう理由とは
    >国民のみなさんが刑事裁判に参加することにより,裁判が身近で分かりやすいものとなり,司法に対する国民のみなさんの信頼の向上につながることが期待されています。

    だと思いますが、物事は建前どおりに運ばないのです。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2019年12月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031