ホーム > mixiユーザー(id:514527) > mixiユーザーの日記一覧 > ジェンダー平等という蒙昧な考えは捨て去るべきだ

mixiユーザー(id:514527)

2019年09月15日15:53

104 view

ジェンダー平等という蒙昧な考えは捨て去るべきだ

哺乳類では雌のみが子供を育てるのは自然の摂理である。生物界で雄が育児に関わるのは「鳥類と人間」だけと言われるものの、乳児期および幼児期の子育ては人間の雌である女の務めであった。

それは男性と女性とは根底的な相違があり、「視野が狭い女」の方が乳児期および幼児期の育児に適していたためである。ところが子供が成長すると女の視野の狭さは仇となるので、子供に広い世界を認識させるためには「視野が広い男」が育児に関わる必要性があった。

ところがフェミニズムによって「ジェンダー平等」が叫ばれ、男女共同参画社会として政策に組み込まれたために「自然の摂理に反した」事態が多々生じるようになった。その典型は「男も幼児期および乳児期に関わるべき」というもので、この蒙昧な考えが広まるつけ様々な問題を引き起こすようになった。

今回の記事における「男性の育休」による弊害は元より、女が育児を怠けることを悪しきこととして女自身が受け止めないようになったことである。つまりはこれは『無理が通れば道理が引っ込む』そのままの事態で、社会は狂乱の巷になってしまったのである。

■父親の育休、阻むのは……「育休100%宣言」呼びかける起業家が感じるモヤモヤ 悪循環に陥る企業とは
(ウィズニュース - 09月15日 07:00)
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=220&from=diary&id=5789171
1 18

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年09月15日 16:00
    ニュースより失礼します。
    視野の狭い、広いに男女差があるのですか?
    脳の作り的に女性の方が並列思考、処理が得意というのは聞いたことはありますが・・・

    あと、男性が育児に関わることによって生じた問題とは何ですか?

    また、男性が育児に関わることによって女性が怠けているなんて事象も知らないのですが( ̄▽ ̄;)

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年09月15日 19:03
    男の脳と女の脳について書かれた本に、女は「2つのことを同時に出来る」とあったので、あなたが言われる「並列思考」とはそのことではないかと思います。

    育児については「乳児期と幼児期」、「それ以外」についてに分けているのが目に止まりませんでした?
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年09月15日 23:11
    言葉は過激ですけど仰りたいことはわかります。
    男性、女性と別れている時点で向き不向きがあります。
    我が家は4人目を妊娠中ですが、主人がオムツ替え、ミルク、寝かしつけをしたことはないですよ。
    妊娠、出産が女性しかできないような身体の作りをしているのと同様で男性にしかできないこともあるわけで、育休をとらずとも子を育てる上で必要な衣食住を守るために働く。それは男性の育児だと感じます。
    どうしても出産入院中はどうにか都合つけてもらうこともありますけどね、、、。
    結婚する上で先に話し合っておく部分かなぁとは思いますね。
    もちろんイクメンに批判的なわけじゃないですよ、うちはうち、よそはよそ。女性はそこを引っ張り出して責める部分がありますが後出しジャンケンはナシ、最初からそこも話し合って計画しようよって思います
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年09月16日 07:14
    ニュースより。育休期間中も給与が支払われ続ける訳で、これが完全廃止され、無給となるなら、人が抜けた間、他の人を雇うのも可能ですが、働きもしない人に金を渡し続けて、他の人を雇うのは、何処の企業もかなり厳しいかと。そうすると結果、他の人にしわ寄せが来るのは必至。

    個人的に、上記の理由から、女性の育休もどうかと感じてるくらいです。余程、高度なスキルを持っており、抜けられると損失が大きい様な存在の女性になら、ソレもありだとは思いますが、猫も杓子も…言う程に必要な事ですか?と。

    それよりは、子供も重度の障害者とかでなければ、2歳過ぎた頃より、保育園に預けて、育児の丸投げはかった方が、親の負担も減るし、寧ろ子供の為にもなるのも事実なんですから、その頃より、社会復帰しやすい環境、即ち、再就職を容易にする方が先決かと。

    幼い子供は、身体が弱いですし、無理に職場復帰果たしても、他の人と同条件で働くのは無理があります。つい最近も、4時間/日を週3日の契約社員ですら満足にこなせなかったのに、解雇を言い渡され、正社員にしてくれないのは違法だexclamationマタハラだっexclamationで、提訴された企業もありましたし。

    妊娠、出産、育児は片手間で行えるものではないのです。あれもこれも欲しいexclamationと欲張るからおかしくなる訳です。

    そして、女性が家にいれば、男性の育休なんて、せいぜい出張、残業無しにして、定時帰りさせてやるくらいで十分かと。

    以上、長々と失礼。

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年09月16日 16:11
    >だいのすけさん
    実際面としては、それぞれの夫婦で話し合うべきことですが、つい先日公表された厚生省所管の「全国家庭動向調査」での結果は、
    >妻の意識では、「夫は、 会社の仕事と家庭の用事が重なった時は、会社の仕事を優先すべきだ」への賛成は62.2%で 、5年前の67.0% から約5ポイント低下した

    でした。またこの調査結果を細かく見ると、第一子が1歳になるまでの平日の世話は妻は87%夫が7.4%で、1歳から3歳になるまでは妻73.6%夫9.6%でした。この数値の残りは親・兄弟・公共機関になりますが、1歳から3歳までの世話は年を追う事に公共機関が増えてきています。

    また公共機関の比率が富に高いのは「妻が働きに出る」場合で42%を占めてますが、夫は15.5%に留まっています。夫の割合がずば抜けて多くなるのは「妻が介護に当たる」場合で51%ですが、公共機関の比率は6.4%に留まっています。

    ただこの調査は母子家庭の回答をも含めたものなので、夫婦の純然たる分担の数値としては不正確なものになります。因みに調査結果については以下で見られます。
    http://www.ipss.go.jp/ps-katei/j/NSFJ6/Kohyo/Kohyo.asp

    >甘のぐろちゃんさん
    昔では専業主婦が当たり前の時代だったので、育休という考えはありませんでした。それがフェミニズムが男女共同参画社会として政策に組み込まれたために、専業主婦が貶められることになりました。それは「専業主婦をしている女は馬鹿である」といった物言いや、働きに出でこそ「先進的な女性である」などといった掛け声です。
    そのためには誰かが「代理として育児に関わる」必要性が生じ、男に押し付けてしまえば良いのだという考えに繋がると共に、保育園に子供を捨てて(預けて)しまおうとし、保育園がどんどんと作られるようになったものの需要に応じきれず、待機児童の発生という問題を引き起こしました。

    またその一方、軽々しく離婚する女性が増え、女性が働くためには誰かに子供の面倒を見てもらわなければならないものの、親に預けられる手立てがなければ保育園を利用するしかありませんが、それにそれなりの経済的余裕が必要です。そのために小さな子供がいる母子家庭が生活保護制度を利用するケースが増えるようになりました。

    つまりは元を正せば、フェミニズムという蒙昧なイデオロギーが国の政策として組み込まれてしまったのが元凶です。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年09月16日 16:28
    > mixiユーザー 
    男の脳と女の脳について書かれた本に、女は「2つのことを同時に出来る」とあったので、あなたが言われる「並列思考」とはそのことではないかと思います。
    <<となると貴方が主張する「男性は視野が広い」「女性は視野が狭い」と矛盾していませんか??
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年09月16日 16:29
    > mixiユーザー 
    >>育児については「乳児期と幼児期」、「それ以外」についてに分けているのが目に止まりませんでした?

    そこを読んだ上であなたの主張の間違いや矛盾点をしてきしているつもりでしたが・・・
    ご理解いただくの難しかったですか?
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年09月16日 16:35
    「家庭の事だから夫婦で話し合うべき」には大賛成ですが、その話し合った結果を実際に社会的、あるいは務めている企業が認められる状況にあるのか?という問題だと思いますよ。
    例えば、「男性は育休とらずに働き続けて女性は退職し家事・子育てに専念する」という選択なら出来るけど「男性・女性ともに育休をとり女性は一年後に復職、男性は子供が大きくなり幼稚園に預けられるまで育休をとる」という選択を実行できるのか?ということ。


    あと、乳幼児(特に乳児)の育児は女性が向いているから云々・・・とありますが、それなら猶更、育児以外の家事などを男性がやるためにも男性の育休も必要なのでは?と思うのですよね。
    中には子供連れで外に買い物行くと文句を言う輩も一定数いるのですからね(−−;)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年09月16日 16:44
    > mixiユーザー 
    >>昔では専業主婦が当たり前の時代だったので、育休という考えはありませんでした。それがフェミニズムが男女共同参画社会として政策に組み込まれたために、専業主婦が貶められることになりました。それは「専業主婦をしている女は馬鹿である」といった物言いや、働きに出でこそ「先進的な女性である」などといった掛け声です。<<

    まず、間違いがいくつか。
    昔から専業主婦は当たり前ではありません。
    明治から戦中でさえ主流ではありません。
    日本の一般社会で専業主婦が定着したのは戦後の1950年代〜60年代。
    寧ろ日本の歴史において専業主婦が当たり前なのは特異な時代なんですよ。

    https://news.yahoo.co.jp/byline/ishiwatarireiji/20190823-00139508/

    それと別に専業主婦は貶められていません。
    フェミニズムは「働く女性を尊重しろ」ではなく「女性にも選択肢を与え、それを尊重しろ」です。

    『それは「専業主婦をしている女は馬鹿である」といった物言いや、働きに出でこそ「先進的な女性である」などといった掛け声です。』←そんな物言いは少なくともフェミニストの中で見たことありません。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年09月16日 16:49
    > mixiユーザー 
    >>そのためには誰かが「代理として育児に関わる」必要性が生じ、男に押し付けてしまえば良いのだという考えに繋がると共に、保育園に子供を捨てて(預けて)しまおうとし、保育園がどんどんと作られるようになったものの需要に応じきれず、待機児童の発生という問題を引き起こしました。<<

    寧ろ、育児は女性に押し付ければ良いのだという考えは貴方をはじめ、多いように思えますが・・・(−−;)
    後、保育園の必要性が増えたのは「男性の給与だけでは子育てを十分に行えるだけの収入が無いために女性も働く必要がある」からですよ。
    それは厚労省などの各種調査でも明らかです。
    貴方はきちんと事実に基づいて発言する癖をつけましょう。このままでは単なる妄想の激しい変態デマ野郎、という事になりかねませんよ。

    >>またその一方、軽々しく離婚する女性が増え、女性が働くためには誰かに子供の面倒を見てもらわなければならないものの、親に預けられる手立てがなければ保育園を利用するしかありませんが、それにそれなりの経済的余裕が必要です。そのために小さな子供がいる母子家庭が生活保護制度を利用するケースが増えるようになりました。

    離婚は「女性だけ」で出来るものではありませんよ。それと軽々しく・・・とは??

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年09月16日 20:00
    横レスですが…
    確かに、昔は専業主婦世帯は少ないですけど、それは職業形態の変化による所が大きいと思います。

    昔は、農業、商業等の俗に言う自営業が多かったですから、今でも自営業で専業主婦世帯なんて、まず無いかと。旦那程に、バリバリ働かなくとも、世間一般のパートくらいの働きはしてる筈です。

    専業主婦世帯が目立つのは、俗に言うサラリーマン世帯なんですよ。雇われ社員の場合、自分都合で仕事のプログラムを組めませんから、臨機応変に対応出来る状態にしておく事こそが望まれるのです。そうなると、事実上、仕事抱えてる人は、家事の手伝いとしてアテには出来ませんから、結果として家事負担も増え、その結果の合理的な役割分担が、専業主婦なのです。

    で、今の日本ですが、専業主婦=無能であると言う前提があるからこそ、旦那の収入だけで回せない…なんて事態が引き起こされてるんですよ。

    何せ、専業主婦はタダ飯食いのバカですから、こんなバカ女の為に、扶養控除なんて無くしちまえっむかっ(怒り)挙げ句は、恐らくは第3号の国民年金も廃止されるでしょう。そんな事してるから、専業主婦したくても出来ない…その結果、周囲に迷惑掛けまくりの無理な共稼ぎ世帯の増加、時代は少子化やのに、保育園だけ足らないexclamation

    保育園も乳児保育と言うのは、非常に採算が悪いので、無くせexclamationとまでは、流石に言えません。中には、お互い身寄りの無いもの同士の夫婦とか、結婚早々に片親になってしまうケースもあるでしょうから。しかし、誰でも当たり前に利用すべき機関では同時にないと私は思います。

    増して、乳児保育以上に、採算が悪いのは、病児保育です。こんなのに金を注ぎ込めば、益々国が傾くだけです。

    乳児保育、病児保育を減らして行く上で、非常に有効な手段は専業主婦を大事にしてやる事なんですよ。

    昔と違い、今や核家族が主流なんで、旦那の手助けも必要不可欠ではありますが、それは何度も言う様に、育児休暇と言う形ではなく、出張、残業を無くすくらいで十分対応可能ではないのですか?と。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年09月16日 20:13
    個人的には、男女雇用均等法こそが悪法であると思ってます。

    均等法が施行される前は、それこそ銀行なんて1円でも計算が合わないと、延々残業と言う過酷な職場ですが、その銀行に勤めてた友人曰く「女性行員は7時に強制退社されるから、そんなに帰りは遅くならないよ…」それが今では、真夜中まで働く…なんて当たり前ですから。

    で、男も女も残業に次ぐ残業させられ、それでいつ子育てするのか?と小一時間…均等法施行される前は、女性社員の残業なんて、皆無と言っても良い程であったので、その時代での共稼ぎなら、手助けも必要ではありますが、それほどにまで、周囲に負担も掛けずに済んだのですがね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年09月16日 22:29
    > mixiユーザー で、今の日本ですが、専業主婦=無能であると言う前提があるからこそ、旦那の収入だけで回せない…なんて事態が引き起こされてるんですよ。<<貴方が女性や主婦を下に見ているのはわかりましたが・・・男性の収入が低いのは別に女性の責任では無いですよ(−−;)被害妄想も甚だしいですね
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年09月16日 22:30
    > mixiユーザー 
    >>それが今では、真夜中まで働く…なんて当たり前ですから。<<
    それは男女雇用均等法のせいではなく、残業させている会社の問題では??当たり前ですが、日本の法律では基本的に残業は駄目なんですよ(−−;)

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年09月16日 22:40
    > mixiユーザー 
    私は女なんですがね。その女が女を見下してどーすんですか?

    きちんと文章読んで下さいな。
    昔は、専業主婦は、扶養控除+特別扶養控除のW控除が受けられ、その結果、旦那の納税額が減らせてたんですが、今は、その辺り完全排除の方向へ向かってますよ。

    3号の国民年金の意味分かってますか?
    これがある限り、サラリーマンの奥さんは、年金を納める必要は無いんですよ。これが今、廃止の方向に向かってます。今後は、専業主婦も年金を納める時代がやって来ます。益々世帯収入は減りますよ。

    人の意見に噛みつく暇があるなら、もー少し社会情勢並びに経済学でも学ばれては如何ですか?
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年09月16日 22:44
    > mixiユーザー 
    私は女なんですがね。その女が女を見下してどーすんですか?<<

    どーもしませんよ。女性が女性や専業主夫を見下せない理由なんてあるんですか?精神的男性とか、古い日本の価値観に洗脳されている方に多い現象です。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年09月16日 22:46
    > mixiユーザー 
    >>昔は、専業主婦は、扶養控除+特別扶養控除のW控除が受けられ、その結果、旦那の納税額が減らせてたんですが、
    >>今は、その辺り完全排除の方向へ向かってますよ。

    知ってますよ。法人税を減らす分の税収をどうにかしようという苦肉の策ですね。
    それと今の日本は慢性的な人手不足なので、女性にも家庭に入らずになるべく外で働いて欲しいという、経団連の要望を政府が聞き入れた形ですね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年09月16日 22:46
    > mixiユーザー 
    >>人の意見に噛みつく暇があるなら、もー少し社会情勢並びに経済学でも学ばれては如何ですか?

    勉強してその程度なんですか?それは大変ですね(−−;)頑張ってくださいね

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2019年09月>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930