ホーム > mixiユーザー(id:514527) > mixiユーザーの日記一覧 > 自力で生きていけない者は安楽死させるべきである

mixiユーザー(id:514527)

2019年02月11日13:17

211 view

自力で生きていけない者は安楽死させるべきである

山野で傷ついた獣を見つけ手当しても助からないと判断すれば、欧米では殺して「獣の苦しみを取り除こう」とするのが一般的だ。それに対して日本では死ぬまで見守ろうとし、「獣の苦しみを長引かせる」のが一般的で、日本人は欧米人から「残虐、サディスト」と捉えられがちになる。

欧米と日本人との命についての考えの相違は安楽死についても反映し、欧米では早い段階で安楽死について法制化されたが、日本では喧々諤々の状態が未だに続いている。

今回記事で取り上げられた子供は「自力では」生きていけない。なので「回復の見込みはない」と判断された時点で即刻安楽死させてしまうべきであったが、法制化の遅れと「命は何よりも大事」といった蒙昧な考えによってで生かされ続けてきた。

両親にとってはどのような状態でも子供が可愛いという気持ちを分からなくはないが、国や世間を充てにして自己の考えを押し通そうとするのは別の話である。なので今回の事例にある子どもはもとよりして、生まれながらの生活不能者である精神及び肉体の欠陥者は、国もしくは自治体位の施設(保健所とか)で薬殺できるような法制化が急務である。


交通事故被害、子を介護20年
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=2&from=diary&id=5493343
0 3

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年02月11日 14:35
    「役立たずは死ねばいい」みたいなこと言う人は自分がそうなるかもしれないことは想像しないし、もしそうなったら全力で「オレ様の生きる権利」を主張してきそう。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年02月12日 06:07
    あなたの言う様に自分自身が事故に遭い障害を負ったならいっそのこと殺してもらいたいと自分も考えると思いますが、小学二年生や、まして自我があるのか無いのか分からない様な生まれつきの障害を負っている者がそういった考えに至るはずもないかと思います。とはいえ障害のある者を残して親が先に逝くのも酷ですよね。となると究極的にはそういう選択に絶対にならないとも言えませんね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年02月14日 17:08
    死ねば良い、などと言っていません。単独では生きていけない、ということです。

    野生の獣は足が負傷して歩けなければ死を意味します。なので「生きる権利」などというのは甘えた考えです。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2019年02月>
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728