ホーム > mixiユーザー(id:514527) > mixiユーザーの日記一覧 > 執行停止が行なわれたものの糠喜びに終わるかも

mixiユーザー(id:514527)

2015年10月26日17:12

564 view

執行停止が行なわれたものの糠喜びに終わるかも

無期懲役刑であっても所内での態度に問題がなければ10年も経過すれば保釈されるものである。それが20年も入っていたということは所内での態度に問題があるために保釈対象から除外されていたことを伺わせる。

今回の再審開始決定は「事故の可能性が認められた」ためであって、無期懲役囚である青木恵子と朴龍晧が共謀して子供を殺したことが事実ではなかったというわけではない。捜査段階では犯行を認めていたものの、弁護士の入れ知恵などを理由として裁判の場では否認に回ることは珍しくないからだ。

日本の裁判では自身がなした罪を潔く認め・反省の気持ちを現しつつ詫びるといった態度を取るか取らないかで判決内容が異なってくる。そのため裁判において否認しつづけたことにより無期懲役刑に繋がったと見ることができるし、刑務所内での態度にも反省の様子が全く見て取れなかったことから20年間収監されてきたということなのだろう。

確定判決は
>2人が共謀し95年7月22日夕、自宅車庫に放火。入浴中の長女めぐみさんを焼死させ、保険金1500万円を詐取しようとした。 

というものである。現段階ではまだしも、もし再審で無罪(もしくは、疑わしき被告人の利益に)ということになれば保険金が受け取れるだろうし、罪に服していた期間に相当する国家賠償を手に入れた後には豪遊しようといった考えでいるのかもしれぬ。




大阪小6焼死 母ら20年ぶり釈放
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=2&from=diary&id=3681584
4 3

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年10月26日 17:29
    >無期懲役刑であっても所内での態度に問題がなければ10年も経過すれば保釈されるものである。
    近年法務省が発表した無期懲役の仮釈放のデータご覧になってないんですね。10年で出られる云々ってのはデマですよ。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年10月26日 17:53
    法務省のデーターなるものは見つけられませんでしたが、別なところで1980年台までは十数年だったものの1990年以降は徐々に変化して現在では30年がひとつの区切りになっているとされてました。


  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年10月26日 18:02
    実体法上無期刑は有期刑より重いとされているのですから、有期刑の上限が30年となった現在において10年程度で出てこられるわけもないですしね。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する