ホーム > mixiユーザー(id:514527) > mixiユーザーの日記一覧

mixiユーザー(id:514527)

日記一覧

死刑判決が出てから執行されるまでは平均で10年から15年後とされる。それは死刑の執行には「心身とも健康でなければならない」といった条件があるために、何らかの疾患があれば治療が優先されることとも関わっている。日本は米国とは違って事前に死刑執行

続きを読む

治療方法の分からない疫病の蔓延を防止するためには「生死を問わず焼却」するしか手がなく、中世に大流行した黒死病(ペスト)の時には、町中に倒れている人々の生死を問わずにまとめて焼却された。中国が交通機関の運行を停止つつ、特別に許可を得た車しか通

続きを読む

少年法の適用年齢を下げるかどうか以前に、名前と顔写真は晒すのが原則と改めるべきである。そしてそれと並行して「公務員は事細かく晒す」ものとすれば、警官という理由で「少年と同等の扱い」をしてきたことの改善に繋げられる。一般人が新聞やテレビなどで

続きを読む

近年は人間以外の生物の病気が人間に感染して発病する事例が増えている。今回の新型コロナウイルスより前には「鳥インフルエンザ」があり、その前には「エボラ出血熱」があった。これらの背景として「細菌兵器実験」が常に囁かれてきたが、最終的実験としての

続きを読む

日本社会では「年齢、肩書」などを殊更意識し格差をつけるのが目立っている。しかも年齢の位置関係は逆転することが無いので誰でもいつしかは「人の上に立つ(上位になる)」ことになるものの、それに立ちはだかるのが「馬鹿と利口」の位置関係である。頭の良

続きを読む

日本で堂々と拳銃と実弾を携帯しているのは「公的暴力団」の警察だけである。自衛隊員は駐屯地警備の時には小銃を携えてるが実弾は持ってない。実弾は歩哨詰め所の鍵付きの弾薬箱にしまわれている。なので警官も弾薬を持っていなければ、例え拳銃を強奪されて

続きを読む

人は好む好まざるに関わらず「特定の社会集団」に属しており、集団を管理監督する立場にいる者達は画一化の指標を示すものである。そのためにどこの国でも「公用言語」を定めてそれを使うように求めたり、特定の社会集団に属していることを示すためのバッジや

続きを読む

双方が共に満足をしていれば、事を荒立てようとはしないだろう。それが一部の客の不満から「密告してやる」ということになり、官憲が動くことのなったものと思われる。だから店側は容疑を否認しているのである。売春防止法は、とある事件をきっかけにして制定

続きを読む

この記事を書いた記者は植松聖の主張について、「などとゆがんだ主張を展開」と表現しているが、これは報道記者として失格である。報道は「事実のみ伝える」ことを旨とするもので、「人々に偏った考えを植え付けようとする」表現は週刊誌などの情報媒体の特徴

続きを読む

雄も子育てに携わる生き物は鳥類だけである。魚類の一部には卵が孵化するまで口の中で卵を守る雄がいるけれど、雄は射精するときだけしか子孫の繁栄に関わらないのが自然の仕組みである。人間の雌である女が死んでしまったため、父親だけで子育てをしなくては

続きを読む

女のアソコを嫌というほど見たければ産婦人科医になれと言われる。また妊娠中絶代を無料にしてやる代わりに一発やらせろと言ったというのは話としてあるし、良からぬ行為をしていたのを「看護婦に見咎められた」という記事があったように思う。なので特定の職

続きを読む

法律的な結婚でなければ子供を作ってはならず、その前段階のセックスについても同様という規則はない。なので少子化対策と法律婚には直接的な因果関係はなく、夫婦同性が少子化対策の障害になっているとするのは蒙昧な意見である。大昔は貧乏人の子沢山と言わ

続きを読む

議員は定年年齢が規定されてないが、自民党は1983年に内規として参院選比例代表候補の条件を「任期満了日に原則として満70歳未満」とした。当時では一般の人の定年年齢は55歳だったが、1994年には一般の人の定年年齢が60歳に引き上げされた。それが

続きを読む

物事はいかようにも表現できるので、具体的に示されないと何のことを言っているのか分かりにくい。例えば大抵の人は糞尿を毛嫌いするが、糞尿に塗れた人をのけものにすることを虐めと評することはできる。また糞尿でなくても「汚らしく感じるもの」「危険を感

続きを読む

欧米だと取り調べに「弁護士が同席」できるが、日本では取り調べには弁護士が同席できない。それは容疑者を「精神的に追い詰める」ことによって、捜査に有利な情報(犯人に仕立て上げられる情報)を引き出そうとするためで、これは戦前の特高警察による「転向

続きを読む

同一人物の犯行とされると、正体不明の盗人に「怪盗〇〇号」などと命名されるが、時として犯行の手口などから特定の名で呼ばれることがある。以前には大昔の盗人のいで立ちで、塀の上でも素早く動き回る盗人が「鼠小僧」と呼ばれたことがあったが、今回の「キ

続きを読む

その理由としては「食中毒への懸念」である。もし持ち帰りを認めてしまえば「良いと言われたので持ち帰った、責任を取れ」と言われかねない。なので店側は持ち帰りの申し出には拒否をしてきたのである。フライや天ぷらといった揚げ物、それに果物といったデザ

続きを読む

天皇(職)の国事行為(公務員としての仕事)は日本国憲法第7条で定められているが、内容が不明確なのは第10項の「儀式を行ふこと」である。これは儀式との名目なら何でも行えるというのと等しいが、国民主権を基調としてる日本国憲法に相応しい儀式かどう

続きを読む

人は変節するもので誰しも例外ではありません。「当時とは状況が異なる」「大勢が変わった」といった自分本位の理由によって、他者からは「約束を違えた」「裏切り者」として捉えられることになります。植松聖の頭の良さは発言から明らかですが、彼の変節の理

続きを読む

一般的には告訴状の提出には弁護士同伴の方が受諾されやすいとされるが、告訴状そのものは誰でも郵送で送ることができる。だた受け取りと受諾は別の話なので、郵送はしたものの梨のつぶてになるのが殆どである。検事は起訴をし、起訴状での求刑に近しい判決が

続きを読む

子供の時に表れて大人になっても残り続けるそうで、大昔の言い方をすれば「知恵遅れ」なのである。その特徴として視線が合わないか、合っても共感的でない。表情が乏しい、または不自然。名前を呼んでも振り向かない。人見知りしない、親の後追いをしない。ひ

続きを読む

サンダルについては右に出る者はいないということなら>サンダルを手にしたのは女性の検査員。市販されている一般のサンダルより少しだけ重いと感じた。ということはあるかもしれない。しかしそうでなければ、後付した理由ということも考えられ、これまでに表

続きを読む

36人が死亡し33人が重軽傷を負ったのは火事のためで、逃げるのがままならない「構造の建物」だったので被害が拡大した。建物には防火扉が備えられておらず、3階建てであったものの「その実ワンルーム」と等しい構造であった。中央に設えてあった螺旋式の「

続きを読む

痴漢は女として自信が持てない者への「文字通り愛の手」で、今日電車で痴漢にあったと喜々して自慢することに繋がった。痴漢をするのに適した相手は「服装にまとまりがない女」であるとか、正面から「女の顔を見据えながら」行うべきととか、「入り口近くに立

続きを読む

今では一家といっても夫婦と子供を含めた三人ないし四人家族であるが、大昔では祖父母や時には子供夫婦も同居しているケースがあった。そのために一家皆殺しは「殺人者にとっては憧れ」で、一家皆殺しを決意したものの「取り逃がして残念だ」といった実行犯の

続きを読む

にも関わらず「自殺として決めつけ」されてるのは、そうした方が都合の良い人達がいるためである。それは第一に両親で、第二として教育委員会であるが、その考えを成り立たせるためには標的が必要なために、記事で取り上げられている「生徒が標的」とされてし

続きを読む

肉体の傷は時が経過すれば治るにしても精神の傷はそう容易くはない。交番勤務に復帰させてしまえば、交番に立ち寄った人を「疑心の目」で見たり、時には身構える行動をすることは十分考えられため、奇行が市民の目に留まることのないようにと、「署内での飼い

続きを読む

ナチ体制化におけるユダヤ人に対してや、日本が負けたことによる引揚者に対して、現地の人が脱出のために手を貸したという話はよく聞く。現地の人間ならば疑われにくく、また土地勘があるために協力を得られるに越したことはない。このような危険を顧みない人

続きを読む

騒乱に乗じて事を起こす手合は昔からいる。なので関東大震災の直後には警戒のために軍隊が出動し、「朝鮮人が暴動を企てた」「朝鮮人が狼藉を行なっている」といった噂が飛び交うこととなった。そのために自警団が組織され、不穏分子である在日朝鮮人を捉えて

続きを読む

大雪は舞台に華を添える
2020年01月17日14:19

雪が降っていた時の出来事としては、赤穂浪士の討入(1703年1月30日)や、桜田門外の変(1860年3月24日)、それに226事件(1936年2月26日)がある。関東に大雪をもたらすのは春先が多く、桜田門外の変があった日はそれに相当する。226事件があった日に

続きを読む