ホーム > mixiユーザー(id:514527) > mixiユーザーの日記一覧

mixiユーザー(id:514527)

日記一覧

日本人は権威に弱い人が少なくないので、何かに付けて専門家の意見と称したものが持ち出されるが、専門家なる人物の「知能程度」は最初から度外視されてるのが常である。あおり運転を仕掛けられたなら道を譲るべきとしてみても、相手の出方によってはそれだけ

続きを読む

躾には「鞭と飴を使い分ける」のは常識である。なので昔では親や教師が子供に体罰を与えることはありふれており、宿題を忘れた子供は教室の後ろや廊下で立たされたり、時として殴られる場合もあったが、親に先生に殴られたと訴えても、あんたが悪いことをした

続きを読む

連合国への無条件降伏(ポツダム宣言受諾)を決めた後に、ヒロヒトは「退位すれば許してもらえるだろうか(戦犯として扱われない)」と当時の侍従長に漏らしているし、ヒロヒトがマッカーサーに命乞いに赴いたときにも「盛んに、退位を持ち出している」。また

続きを読む

痴漢とは>1 女性にみだらないたずらをしかける男。>2 ばかな男。おろかもの。しれもの。(デジタル大辞泉)であるが、主に1の意味として使用される。また法律的には地方条例と強制わいせつ罪に区分けでき、前者では>大阪府の条例を見ると、痴漢の構成要

続きを読む

どの媒体かの記憶はないが、「木にちぎれた手か足が突き刺さりその側を救助の一人が横目でこわごわ見ている」という写真は事故の惨劇をまざまざと見せつける優れたものであった。事故の第一要因は後部隔壁が金造疲労で破損し、飛散した破片が水中尾翼を傷つけ

続きを読む

敗戦が色濃く、どうやっても戦局を盛り返すことは無理だと分かっていたものの、大日本帝国には降伏する意思は全く無かった。それは降伏は「天皇制倒壊」を意味していたためで、何とか有利に停戦できるようにとソ連に仲介を求めようとしたものの、それはソ連に

続きを読む

歩行者が道を歩いていたら、ハンドルを切りそこねた車が突っ込んできた。という事故については車の運転手に事故原因がある。しかし今回のような交差点での事故は歩行者に事故原因がある。普通の人間は車のような重量物に対抗できるほどの肉体力はない。にも関

続きを読む

として、私らの世代では常識であった。告げ口は「浅はかな」女のやることで、男なら人を頼りにせずに自分で解決することが求められた。また男としての象徴はペニスであったことからして、当時の子供向けテレビ番組で「坊や、チンチンがあるのだろう?」とおじ

続きを読む

浅間山について調べてみれば火口から500m地点(前掛山山頂)、2.3km地点(火山館)、3km地点(黒斑コースの槍ヶ鞘)にはシェルターが設置されているという。警戒レベルが3だと火口から4kmまでは入山規制がされるので、それぞれのシェルターは貸し切り同然

続きを読む

のところにあった浦上天主堂で、木製の十字架が発見されたという話しは疑わしい。誰かが後に埋めたというのはストレートな捉え方だが、話の辻褄を合わそうとするのならば「それより以前」に地下深くにでも隠されていたものということだろう。国家神道を掲げて

続きを読む

昔からよくある手ですな
2019年08月07日21:07

今から24年前の1995年に地下鉄サリン事件が生じ、それまでは軍事オタクぐらいしか知らなかったサリンが一般の人にまで知れ渡ることとなった。そのために「これはサリンです」と書かれた荷物が発見されたり、駅のトイレでの異臭騒ぎが起きるようになった

続きを読む

と、大人は子供によく言うが、物分りの良いはずの大人が危険な遊びをして事故にあっても、それは自業自得というものだ。危険な遊びをしても危険な目には合わない時があるだけで、危険は完全に除外できるわけではない。にも関わらず安全を人任せにし、危険が予

続きを読む

知事の下に公安委員会があり、その下に警察が位置することにはなっているものの、実際には公安委員会がやるべきことを都道府県警察本部が代行しているのが現状だ。なので警察に対しての苦情は都道府県警察本部に設置された観察室に申し立てることとなるが、何

続きを読む

KBS WORLD RADIOは、「ホワイト国」の指定を外されたのは韓国が初めてとしつつ、日本の輸出先がAからDに区分けされ、韓国はBに位置することになり、そのためにネジや鉄鋼といった広い分野で輸出規制の対象にされる可能性があると見ています。しかしながら、

続きを読む

KBS WORLD RADIOは、「ホワイト国」の指定を外されたのは韓国が初めてとしつつ、日本の輸出先がAからDに区分けされ、韓国はBに位置することになり、そのためにネジや鉄鋼といった広い分野で輸出規制の対象にされる可能性があると見ています。しかしながら、

続きを読む

バーというからには「女が横につく」わけで、女としては売上を伸ばそうとしてあれやこれや仕向けたものの、うるさく感じて払おうとしたのが女の体に当たったということなのかもしれない。記事では「顔を数回、殴るなど」となってるが、女がしだれかかってきて

続きを読む

当然の流れですね
2019年08月07日10:46

現在はがきは62円で封書には82円の切手が必要。この金額で全国津々浦々まで三日以内に届けなければいけないとなると並大抵ではない。システムは整っていても人件費やその他の経費は年々上昇する。郵便局はゆうパックやレターパックなどを扱ってるのでこう

続きを読む

検閲? 大笑い
2019年08月05日21:13

検閲とは「公権力が発表前にその内容を審査した上、不適当と認めるものの発表を禁止すること」と最高裁が判決している。今回の件は「発表前」ではなく、特定の場所で「施設側が展示を取りやめた」だけなので検閲を持ち出すようなことではない。また、「別の方

続きを読む

なので南朝鮮が北朝鮮にすり寄って援助するのは彼らにしてみれば当然のことで、そんな南朝鮮を日本と米国は切り捨てればよいのである。過去には東西の陣営が睨み合い、朝鮮戦争及びベトナム戦争として局地的な戦いが行われたたが、米国が南ベトナムを切り離し

続きを読む

今でこそ会社員ではない男性がバックを持って歩いているのは珍しくないが、昔では殆どの男性は手ぶらで、必要最低限の物をポケットに入れていた。それが時代の移り変わりによって「凶器を隠し持つ」のにも便利なバックが男性の間でも使われるようになったが、

続きを読む

それは、検閲ではない
2019年08月04日10:51

検閲とは国が、出版前に審査して不適当な物は出さないようにすることで、施設を管理する側が展示を取りやめたことには該当しない。家永教科書裁判では、教科書では採用されなくても「他の方法で出版できる」として最高裁は表現の自由を侵害していると認めなか

続きを読む

以前に階段で降りる時に子供にぶつかり、そのまま立ち去ろうとした人が側にいた男親に捕まえられたが、「仕事に遅刻しそうだったので」と申し立てたといった事件があった。なので今回もそういった気持のために現場を立ち去ったのであろう。また以前に読んだ話

続きを読む

といったことは誰でも行ってるのではないかと思うし、私自身とて例外ではない。しかしそれは納得できる返答を求め、時にはそれなりの優遇を期待してのものであって、代わりに出てきた上司・責任者の物分りが良くなければ、「そうか、覚えていろ、ただで済ます

続きを読む

国家による殺人ですね
2019年08月02日14:54

自分の命は大事だが、他人の命はどうでもよい。とするのが大部分の人である。なので法律もこの考え方が元になっており、法務大臣・判事・検事は「殺人計画」に携わっても処罰対象にされず、直接手を下した死刑執行人さえ同様に処罰されることはない。これは「

続きを読む

戦前の朝鮮人についてや、敗戦直後の日本の混乱期における朝鮮人の行動について知らない人でも、南朝鮮が日本の領土である竹島(サンフランシスコ講和条約でも認知されている)を占拠して居座り続けることは知らない人はまずいないと思う。敗戦した日本はGHQ

続きを読む

そのために「痛くもない腹を探られる」人がいるわけで、少しでも怯んだ様子を見せれば警官は図に乗って、ドカドカと踏み込もうとするものだ。大昔にボヤを出したことがあり、その関係で警察車両に乗せられとある警察署に連れて行かれたことがある。出火原因と

続きを読む

表の世界、裏の世界、グレーの世界など色々な世界がある。清く穏やかに生きていこうとするなら表の世界から外れないようにすべきだが、一攫千金を狙うとか、短くても太く生きたいと思うのであれば、裏の世界やグレーの世界で生きてゆくことを考えるべきである

続きを読む

猫は大嫌いであっても、声を大にして表明できるとは限らない。そのため皆と歩調を合わせるようにしていても日々不満がたまり、実力排除を決行したということではなかろうか。それを行った可能性が高いのは島民だが、猫を目当てに観光客が訪れるのはいい迷惑だ

続きを読む

国会での改造工事の報道を見たが、どれだけの費用がかかったということまでは報道されてなかった。本来ならば不要な工事を「厄介者の議員」のために税金が使われただけである。当面は「見世物」として使えるにしても、それによって木戸銭が入るわけではなく、

続きを読む

石綿は「極めて細い繊維で、熱、摩擦、酸やアルカリにも強く、丈夫で変化しにくいという特性を持っている」ために建築、工業で広く用いられ、学校教育においては理科の実験道具と共に使われてきた(石綿付き金網)ので、我々の世代では石綿の呼び名の方が馴染

続きを読む