mixiユーザー(id:5143065)

2021年07月28日23:49

43 view

耳に優しいアナログ音の電子メトロノームを改造

SEIKOのアナログ振り子式メトロノームの音色が好きなのですが、
アクセントの“チーン”の音の残響が長いので
自分の出している楽器の音ではっきり聞こえなくなります。
この写真のSEIKO電池式メトロノームはアナログに近い
耳に優しい音ですがアクセントの“チーン”の音もはっきり聞こえます。
しかし電池が長持ちしないし、9V電池の付け外し時に
電線に負担がかかり断線することがあります。
そこでACアダプターで鳴らせるように、
使ってなかったACアダプターのジャックを切り取り、
オス、メスのジャックを、はんだ付け加工。
快適に練習が出来るようになりました。
「00」って製造番号かな?
0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2021年07月>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031