mixiユーザー(id:5143065)

2021年04月08日20:35

40 view

右腕の痛みにお勧めエルゴ親指トラックボール

本日のおすすめ商品はこちら。
サンワサプライ MA-TB177BK
「有線 エルゴトラックボール 親指操作タイプ」 です。

私は4ヶ月ほど前から右腕の各所に痛みを感じるようになり
マッサージをしてもなかなか治りませんでした。
私は自宅から50圓粒擺錣鮗転車に載せ往復70劼曚匹鯏埒瓦慮園に通勤していましたが、
3か月前から感染症に対する東京都の方針で
ヘブンアーティストの活動が出来ない状態が続いています。
ですので腕の痛みが取れないのは他の原因があるのではと探っていました。
私は長年左右真っ二つに分かれ、そのそれぞれをスロープをつけられる
キーボードを使っています。
長時間タイピングをしても手の平が少し内側に向く自然な角度なのでとても気にいています。
しかしマウスは一般的な物を使っていました。
試しに、マウスの下に板を右斜めに傾けておいてみたのです。
すると右腕が少し楽になりました。
そこで手の平が真下ではなくキーボード側に向くマウスをネットで探してみました。
60度ほど傾いたマウスを2台と、この「有線エルゴトラックボール親指操作タイプ」を購入。
三台とも普通のマウスに比べると腕にはとても良さそうです。
長年普通のマウスを使っていたのでトラックボールより
「傾いたマウス」の方が違和感は少なくすぐ慣れます。
しかし、この「有線エルゴトラックボール親指操作タイプ」は
マウスのようにカーソルを動かすのに腕を動かす事も、
本体を持ち上げる必要も有りません。
慣れることが出来れば「傾いたマウス」より優れているように思います。
この製品で慣れなければいけないのは2点です。
まず1点目は親指でトラックボールを動かしカーソルを一点に合わせるのは
マウスより難しく慣れるまでかなり時間がかかるように思います。
二点目はスクロールとボタンの位置です。
一般的なマウスでは
「人差し指で左ボタン」「中指でスクロール」「薬指で右ボタン」を担当するのに対し、
この「有線エルゴトラックボール親指操作タイプ」は
「人差し指でスクロール」「中指で左ボタン」「薬指で右ボタン」を担当することになります。
この違いの為
特に中指で左ボタンを押しながら親指でトラックボールを動かすドラッグの操作は
一瞬迷ってしまうことが有ります。
親指で操作する、「進む」「戻る」のボタンは一般的なマウスと同じなので
違和感をあまり感じません。
女性など手の小さい人には
親指で操作するボタンと薬指で操作するボタンが遠すぎるかもしれません。
以上が私の商品感想です。
私自身がまだ慣れていないのですが、お勧めできる商品だと思います。
右腕の痛みもかなり弱まってきていてあと少しで完治できそう。
毎日のセルフ全身マッサージ復活もプラスに働いているのでしょう。
PS.
この腕の自然の角度に関しては自転車のハンドルの角度でも同じことが言えます。
打楽器の演奏では、両面太鼓のそれぞれの面を左手右手で叩く場合は自然な角度になります。
木琴など水平面を両手で叩く場合は脇を少し広げることで無理のない自然な動きになります。
0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2021年04月>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930