mixiユーザー(id:5143065)

2020年09月14日19:59

4 view

沖縄・日本・アメリカ & 9月のスケジュール

沖縄・日本・アメリカ & 9月のスケジュール
戦後沖縄でのアメリカ軍がやってきたことについて紹介いたします。
今回のコロナ騒動で何かと陰謀論だと思う人が多いようなのですがそういう方には
是非読んでもらいたいと思います。

アメリカは沖縄を永続的にアメリカ軍の基地にするため
キャタピラや銃剣で強制的な政策を推し進める一方で
心理的に沖縄の人々をコントロールするための政策に多大の力を注いでいたようです。


数か月前、上野の古本市で購入した
「沖縄文化研究 12」法政大学沖縄文化研究所編1986年3月13日初版1印発行
本中27名が執筆された中の一つ「米国の沖縄統治と影の軍団」國吉永啓著
その中から主に心理作戦に関してごく一部を紹介します。
まず3種類の図表を見てください。

たくさんある心理作戦部隊の内、ナゾの謀略部隊として恐れられていた「7 PSY OP GP」は1971年4月、反戦米軍下士官 ハーシャル・D・ポプリン二等軍曹(第七心理作戦群第18心理作戦中隊所属)が那覇市泉崎の琉球政府ビル3階の第一記者クラブにかけ込み、その実態をバクロするにいたって、その全容が明らかにされた(図表「第七心理作戦群の全容」参照)。
ポプリン軍曹は「7 PSY OP GP」の作戦要務令である「PSYOP POLICY HANDOBOOK 23 MARCH 1967」とれい下部隊の指揮・統制部隊である第14心理作戦大隊の要務令など、多数の内部資料を持参、心理作戦の目的からプロパガンダの役割り、非友好国を混乱に落し入れる作戦の展開方法や反乱部隊・グループの弾圧、鎮圧法など詳しく説明した。

心理作戦のポリシーハンドブックによると、
心理作戦とは「協力は効果的な武器である。武力を行使しないで、相手に直接気付かれることなく、目標をこちらの意のままに、忍耐強く、世界情勢を巧みに利用しながら展開できる」と定め、その効果は「敵性国(非友好政権)に対して、国家的な政策や目的を、よりよい方法で成就させることが可能である。これは政治的、経済的、イデオロギー的はもちろん、軍事的にも、極めて有益なもので、成功させる秘訣は、まず目標をよりよく、詳しく、具体的に知ることである」としている。

そして心理作戦には
(1)通常宣伝 (2)言葉やシンボル(象徴)による宣伝 (3)言葉だけによる宣伝 (4)行為や態度で示す宣伝 (5)デッチあげによる宣伝(ブラック・プロパガンダ) (6)事実をを一部すり替える宣伝(ブラック・プロパガンダ) (7)事実をそのまま使う宣伝(ホワイト・プロパガンダ) など七つの態様がある。

プロパガンダには
(1)シンボル (2)スローガン(標語) (3)ミュージック (4)プレゼント (5)ノスタルジア(郷愁)
「目標を無力化するには、ブラック・プロパガンダが最も有効で、それには (1)スキャンダルか、うわさ (2)エロ写真 (3)機知と冗談 (4)スローガン (5)ニセ札使用か身分証明書の改ざん (6)中傷文の配布がある」としている。

キーコミュニケーター(大衆運動の指導者、扇動者)を除去するには、
(1)マスメディアの動員 (2)彼自身の自制心を狂わせる (3)信用を落とさせる (4)根滅させる、の方法がある。そのためには早急にに新しいキーコミュニケーターを仕立て上げ、公衆の面前で信用を得られるよう工作する必要がある。それとともに対話によって、我が国の思想、国家目的、民主主義の特色を再教育する」という。

こういった心理作戦とは集団洗脳とも言えます。
https://ameblo.jp/tatematsu/entry-12593058121.html

心理作戦以外にも
日本本土は1ドル360円、沖縄は1ドル120B円のレート。
基地建設は全て日本の大手会社が手にし、沖縄の人が基地建設の労働者に。
日本本土は経済発展をさせアメリカの奴隷状態に、
沖縄はアメリカから物を買い、アメリカと基地依存に。
経済的にアメリカの都合の良いようにしていかれたのです。

日本本土でも心理作戦は行われていて、現在も形を変え続けられているようです。
日本は日米地位協定、密約、日米合同委員会が日本国憲法より上位にある国です。
https://ameblo.jp/tatematsu/entry-12473205624.html

このように支配者が集団をコントロールする技術は軍隊だけでなく各国でも、
世界規模でも使われていいるようです。
ジョン・パーキンス著「エコノミック・ヒットマン」はお勧めです。

今回の新コロ騒動は
戦時中の竹槍訓練、軍国少年少女と同じ状態ですね。
集団洗脳技術の効果。
恐怖心を煽る
鬼畜米英憎悪=シンコロ怖い洗脳
戦争を防ぐのに必要なのは政府に騙されない事。
今回の新コロ騒動で戦争は防げないことが実感できました。
今の内にマスクを止めさせなければまともな世の中には戻れないでしょう。
政府は何とか冬の風邪シーズンまで“シンコロ怖い洗脳”を続けたいのでしょうね。
ワクチン接種義務化を阻止するには
多くの人が“シンコロ怖い洗脳”から解かないといけないのですが・・・
製薬会社の思うツボ
https://ameblo.jp/tatematsu/entry-12595561320.html

何年も前からの計画進行中
日本政府とビル&メリンダ・ゲイツ財団
https://ameblo.jp/tatematsu/entry-12605814211.html
製薬会社、ビル・ゲイツ財団は各国政府に営業に入り
全人類にワクチンを打つことを目的にしています。
ワクチン接種は「ガマの油売り」と同じ。
PCR検査も国民が望むようにプロパガンダ。
ワクチンも国民が望むようにプロパガンダ。
https://ameblo.jp/tatematsu/entry-12605814211.html
ワクチンは効かないだけではなく危険です。
https://ameblo.jp/tatematsu/entry-12600309218.html
水俣病と同じ水銀による症状なのでは。

戦争を起こさせない為に一番大事なことは「騙されないこと」
https://ameblo.jp/tatematsu/entry-12613398053.html

あなたは竹やり訓練に参加することを正しいと思っていますか?
https://ameblo.jp/tatematsu/entry-12615571093.html

はだしのゲン
https://ameblo.jp/tatematsu/entry-12600947140.html


立松正宏  2020年9月スケジュール
体調不良、天候不良で中止する場合があります。
お越しいただける方はお手数ですが来られる前に連絡をお願い致します。
masaxylophone@hotmail.com
9/15(火) 14:00〜16:00 江戸東京博物館 江戸東京ひろば
9/16(水) 14:00〜17:00 町田ターミナルプラザ 市民広場
9/17(木) 15:00〜17:00 東京芸術劇場 劇場通り側
9/18(金) 13:00〜15:00 東京芸術劇場 西口公園側
9/19(土) 13:00〜16:00 西武池袋本店 睡蓮の池前
9/20(日) 13:00〜16:00 西武池袋本店 睡蓮の池前
9/21(月) 13:00〜16:00 西武池袋本店 睡蓮の池前
9/22(火) 13:00〜16:00 西武池袋本店 睡蓮の池前
9/23(水) 14:00〜16:00 江戸東京博物館 江戸東京ひろば
9/24(木) 14:00〜16:00 江戸東京博物館 江戸東京ひろば
9/25(金) 14:00〜16:00 江戸東京博物館 江戸東京ひろば
9/26(土) 13:00〜16:00 西武池袋本店 睡蓮の池前
9/27(日) 14:00〜16:00 東京芸術劇場 西口公園側
0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2020年09月>
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930