ホーム > mixiユーザー(id:5138718) > mixiユーザーの日記一覧

mixiユーザー(id:5138718)

日記一覧

192年、第17代ローマ皇帝、コンモドゥスことルキウス・アウレリウス・コンモドゥス・アントニヌスが入浴後に飲用する葡萄酒に毒薬を混ぜられました。コンモドゥスはしばらくは平然としていたが、突然に毒に気づいてワインを吐き出した。彼は食事の前に必ず解

続きを読む

さて、大晦日にはどんな人が生まれたのかな?1491年、フランス出身の探検家、北米への侵略者、ジャック・カルティエが生まれました。セントローレンス湾とセントローレンス川岸にヨーロッパ出身者として初めて到達し、イロコイ族の言葉からその周辺の土地を「

続きを読む

今年最後の記念日。「大晦日、大晦(おおつもごり)」。1年の終りの日。月末のことを晦日・晦と言い、年末の最後の晦日なので大晦日・大晦といいます。「みそか」は三十日の意、「つごもり」は月篭りが転じたもので、旧暦では毎月1日が新月であり、その前日を「

続きを読む

643年(皇極天皇2年11月11日)、聖徳太子の子、山背大兄王(やましろのおおえのおう)が従兄弟の蘇我入鹿の手勢に襲われ、妃妾など一族もろともに首をくくって自害。生年が不明。皇位継承権をめぐってのことでした。1391年(元中8年/明徳2年)、南北朝時代の武将

続きを読む

1865年、イギリスの小説家、詩人のラドヤード・キップリングが生まれました。イギリス統治下のインドを舞台にした作品、児童文学で知られます。ボンベイ (ムンバイ) 生まれ。19世紀末から20世紀初頭のイギリスで最も人気のある作家の一人で、代表作に小説『ジ

続きを読む

記念日。「地下鉄記念日」。1927(昭和2)年のこの日、上野〜浅草に日本初の地下鉄(現在の東京地下鉄銀座線)が開通しました。「横光利一忌」。小説家・横光利一の1947(昭和22)年の忌日。「取引所大納会」。証券取引所での一年最後の立会い。かつてはこの日は午

続きを読む

1204年(元久元年11月30日)、平安時代後期から鎌倉時代初期の公家・歌人、藤原俊成が91歳で生涯を閉じました。『千載和歌集』の撰者として知られます。家集に『長秋詠藻』『俊成家集(長秋草)』等があり、『長秋詠藻』は六家集の一つに数えられます。歌学書

続きを読む

1721年、フランスのルイ15世の愛妾、ポンパドゥール侯爵夫人(ポンパドゥール侯爵夫人ジャンヌ=アントワネット・ポワソン)が生まれました。1744年にはその美貌がシャトールー公爵夫人の死に打ちひしがれていたルイ15世の目に留まりました。彼女はポンパドゥー

続きを読む

記念日。「清水トンネル貫通記念日」。1929(昭和4)年のこの日、上越線の土樽(つちたる)〜土合(どあい)の清水トンネルが貫通しました。全長9704mの当時日本最長のトンネルで、7年の歳月とのべ240万人の工事動員を費して完成しました。「シャンソンの日」。1990

続きを読む

990年(正暦元年)、平安時代中期の貴族・歌人、平兼盛が卒去。享年は明らかではありませんが、父・篤行王の生没年を勘案すると80歳位まで生存したと推定されます。三十六歌仙の一人。『拾遺和歌集』・『後拾遺和歌集』における代表的な歌人の一人であり、『後

続きを読む

1226年(嘉禄2年)、臨済宗の僧、無住一圓(むじゅう いちえん)が生まれました。号を取って単に無住とも。当時より「八宗兼学」として知られ、真言宗や律宗の僧侶と位置づける説もある他、天台宗・浄土宗・法相宗にも深く通じていました。梶原氏の出身と伝えら

続きを読む

記念日。「官公庁御用納め、仕事納め」。官庁で、年末年始の休みの前のその年の最後の事務をとること。また、多くの民間企業でもこの日が仕事納めとなります。1873(明治6)年から、官公庁は12月29日から1月3日までを休暇とすることが法律で定められており、28

続きを読む

ニュース記事のリンクはこちら。https://www.sankei.com/west/news/191224/wst1912240032-n1.html松竹新喜劇の俳優、小島慶四郎さん死去老衰で88歳。記事にも書かれている通り、当たり役は「はなの六兵衛」の白塗りの殿様。藤山寛美とは違う“アホ”ぶりは

続きを読む

966年(康保3年)、平安時代前期から中期にかけての貴族・能書家の小野道風(おの の みちかぜ/とうふう)が晩年はたいへん健康を壊し、随分苦しみましたが、73歳で亡くなりました。それまでの中国的な書風から脱皮して和様書道の基礎を築いた人物と評されてい

続きを読む

1571年、ドイツの天文学者、ヨハネス・ケプラーが生まれました。天体の運行法則に関する「ケプラーの法則」を唱えたことでよく知られています。理論的に天体の運動を解明したという点において、天体物理学者の先駆的存在だといえます。また数学者、自然哲学者

続きを読む

まずは記念日から。「浅草仲見世記念日」。1885(明治18)年のこの日、東京・浅草の仲見世が新装開業しました。煉瓦作りの新店舗139店が開店しました。1923年の関東大震災で倒壊しましたが、鉄筋の建物として再建されました。「ピーターパンの日」。1904(明治37

続きを読む

1530年、北インド、ムガル帝国の創始者であり初代君主であるバーブルが47歳の時、アーグラで没しました。ティムール朝サマルカンド政権の君主でもあります。16世紀初頭に中央アジアからインドに移り、ムガル帝国を建国しました。名前の「バーブル」はトラを意

続きを読む

1542年(天文11年)、徳川家康が生まれました。徳川政権の初代征夷大将軍。幼名は松平竹千代。後に松平元康。勅許され永禄9年12月29日(1567年2月18日)に徳川氏に改姓。武士の棟梁たる清和源氏の末裔を詐称し、祖先は足利氏の後裔、得川氏だったと自称していま

続きを読む

記念日。今日は一つだけ。「プロ野球誕生の日、ジャイアンツの日」。1934(昭和9)年のこの日、アメリカのプロ野球との対戦の為、現存する中では日本最古のプロ野球チーム・大日本東京野球倶楽部(読売巨人軍の前身)が創立されました。「ベースボール記念日」は6

続きを読む

1586年(天正14年11月15日)、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将、吉川元春が化膿性炎症(癌とも)に身体を蝕まれ、出征先の豊前小倉城二の丸で死去しました。享年57。毛利元就の次男。兄弟に兄の毛利隆元、弟の小早川隆景、その他異母の兄弟が多くいま

続きを読む

1538年(天文7年)、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将、戦国大名、前田利家が生まれました。幼名は犬千代。青年時代の利家は血気盛んで槍の又左衞門、槍の又左などの異名をもって呼ばれていました。天正9年(1581年)、織田信長より能登一国を与えられ、

続きを読む

記念日。「クリスマス」。イエス・キリストの降誕を記念する日。イエスがこの日に生まれたという確証はなく、各宗派がそれぞれに日付を定めてイエスの生誕を祝っていましたが、4世紀前半、教皇ユリウス1世が「イエスの生誕の日は12月25日」と定めました。冬至

続きを読む

236年(青龍3年)、中国後漢末期から三国時代の政治家、陳羣(ちん ぐん)が没しました。生年が不明のため、享年も分かりません。妻は荀氏(荀の娘、荀擇了弌法r温颪遼\度の整備に従事し、政略面で活躍しました。特に「九品官人法」は、『三国志』の中で

続きを読む

BC3年、第6代ローマ皇帝、ガルバことセルウィウス・スルピキウス・ガルバが出生。鋳銭も書いた四皇帝の年の最初の皇帝。ガルバがローマへ向かうとの報に対して元老院はネロを捨て、ガルバを新たな皇帝として認めていました。国賊とされたネロはガルバがローマ

続きを読む

記念日。「クリスマス・イヴ」。クリスマス(キリスト降誕祭)の前夜。eveは夜を意味する古語evenから来たもので「クリスマスの夜」の意味になります。キリスト教会暦では日没が1日の始まりであり、クリスマスは24日の日没から25日の日没までとなるので、その間

続きを読む

久方ぶりの関西旅行
2019年12月23日05:00

22日(土)に新幹線・広島行きの「のぞみ」で京都へ。期待の富士山は雲に覆われ、見られませんでした。京都に到着後、何はともあれ千體の仏像の修復が終わり、博物館から三體が帰ってきて千一體が揃った三十三間堂へ。重要文化財から国宝に昇格していました。ht

続きを読む

1674年(延宝2年)、魚屋の一心太助が亡くなったとされています。小説・戯曲・講談などに登場する人物。架空の人物とされています。三代将軍・徳川家光の時代に、大久保彦左衛門のもとで活躍したとされます。神奈川県小田原の老舗魚問屋「鮑屋」の主人がそのモ

続きを読む

1732年、イギリスの発明家、リチャード・アークライトが生まれました。1771年に水車を動力とする水力紡績機を発明しましたが、その特許は後にくつがえされました。生の木綿から繊維の整った塊を作るカード機の特許も取得しています。イギリスに産業革命をもた

続きを読む

まずは記念日から。「テレホンカードの日」。NTTが制定。1982(昭和57)年のこの日、電電公社(現在のNTT)が、東京・数寄屋橋公園にカード式公衆電話の1号機を設置しました。「東京タワー完工の日」。1958(昭和33)年のこの日、東京・芝公園に東京タワーが完成し

続きを読む

702年(大宝2年)、第41代天皇の持統天皇が12月13日に病を発し、22日に崩御しました。宝算58。天武天皇の皇后。史上三人目の女性天皇。諱は鸕野讚良(うののさらら、うののささら)。和風諡号は2つあり、『続日本紀』の703年(大宝3年)12月17日の火葬の

続きを読む