ホーム > mixiユーザー(id:5138718) > mixiユーザーの日記一覧 > 12月9日が誕生日である人々

mixiユーザー(id:5138718)

2019年12月09日03:54

21 view

12月9日が誕生日である人々

1608年、イングランド(イギリス)の詩人、ジョン・ミルトンが生まれました。代表作『失楽園』はダンテ『神曲』やアリオスト『狂えるオルランド』と並ぶルネサンス期の長編叙事詩の名作です。1634年、戯曲『コマス』(Comus) が上演され、1637年には出版されました。清教徒革命時に教会改革論や言論の自由を論じた『アレオパジティカ』 (Areopagitica)を発表 (1644年)。1652年に過労で失明。1658年、『失楽園』の制作に着手。1674年11月8日から11月10日の間のどこかで死去。
1618年(元和4年)、江戸時代前期の儒学者・朱子学者・神道家・思想家、山崎闇斎が生まれました。闇斎の提唱した朱子学を、崎門(きもん)学または闇斎学といい、君臣・師弟の関係を厳しく教え、大義名分を特に重視するなどしましたが、その思想の大きな特徴は、湯武放伐、すなわち愚かで狂暴であっても主君を配下が討伐することを否定した点にあります。闇斎の思想は朱子学の一派にとどまらず、神道においても、吉川神道をさらに発展させた「垂加神道」を創始し、そこでも君臣の関係を重視しました。以上のような闇斎の思想は、水戸学・国学などとともに、幕末の尊王攘夷思想(特に尊王思想)に大きな影響を与えました。天和2年(1682年)9月16日、死去。
1742年、スウェーデンの実験化学者、カール・ヴィルヘルム・シェーレが生誕。酸素をジョゼフ・プリーストリーとは別に発見したことで有名。金属を中心とする多数の元素や有機酸(酒石酸、シュウ酸、尿酸、乳酸、クエン酸)・無機酸(フッ化水素酸、青酸、ヒ酸)を発見しています。現在の低温殺菌法に似た技法も開発していました。43歳でケーピンで没しました。シェーレが若死にしたのは同時代の化学者の例に漏れず、危険な実験条件のもとで研究を進めたためだと考えられています。また彼には物質を舐める癖があったため、毒性のある物質の毒にあたったのではともされます。
1842年、ロシアの革命家、政治思想家であり、地理学者、社会学者、生物学者のピョートル・クロポトキンが生まれました。プルードン、バクーニンと並んで、近代アナキズムの発展に尽くした人物であり、学者としての長年の考証的学術研究に基づき、当時一世を風靡した社会進化論やマルクス主義を批判し、相互扶助を中心概念に据えた無政府共産主義を唱えました。著書に『パンの略取』(1892年)、『田園・工場・仕事場』(1898年)、『相互扶助論』(1902年)などがあります。1874年にクロポトキンは革命謀議で逮捕され、ペトロパヴロフスク要塞の牢獄に拘留される。獄中で健康を損ねたことから医療刑務所に移されますが、そこを脱獄するとフィンランドからスウェーデン・ノルウェーを経てイギリスに亡命。更に第一インターの伝手でスイスに移りラ・ショー=ド=フォンに居住、更に何度も逮捕や指名手配・投獄を繰り返しながらもヨーロッパ各地で無政府主義者としての活動を続けました。ボリシェビキによって十月革命が起きた際にはこれで革命が葬られたと言い、これを批判。ボリシェビキ流の民主集中制・集権的革命とは違う分権的・反権威主義的革命を主張し、革命が結果的に資本主義の復活へと繋がることを予見していました。1921年2月8日、モスクワ近郊のドミトロフにて78歳で没。
1860年(万延元年10月28日)、講道館柔道の創立者、嘉納治五郎が生まれました。嘉納は教育者としても尽力し、1882年(明治15年)1月から学習院教頭、1893年(明治26年)より通算25年間ほど東京高等師範学校(東京教育大学を経た現在の筑波大学。なお、筑波大学キャンパス内にも立像が建っています)の校長ならびに東京高等師範学校附属中学校(現・筑波大学附属中学校・高等学校)校長を務めました。意外なところでは1887年(明治20年)、井上円了が開設した哲学館(東洋大学の前身)で講師となり、棚橋一郎とともに倫理学科目を担当し、同科の『哲学館講義録』を共著で執筆しています。1938年(昭和13年)のカイロ(エジプト)でのIOC総会からの帰国途上の5月4日(横浜到着の2日前)、氷川丸の船内で肺炎により死去(遺体は氷詰にして持ち帰られ、横浜港では棺にオリンピック旗をかけられて船から降ろされました)。77歳没。
1879年、ソビエト連邦の政治家、軍人(職業軍人ではない)のヨシフ・スターリンが生まれました。同国の第2代最高指導者。一般に広く知られている「スターリン」という姓は「鋼鉄の(人)」を意味する筆名であり、本姓はジュガシヴィリです。ウラジーミル・レーニンによるロシア社会民主労働党ボリシェビキ派(ロシア共産党)による十月革命に加わり、ソヴィエト連邦政府およびソヴィエト連邦共産党の成立に深く関与。1924年、レーニン死後に起きたレフ・トロツキーとの後継者争いを制すると、自身が務めていたソビエト連邦共産党中央委員会書記長に権限を集中させることで後継者としての地位を確立しました。党内ではトロツキー派の世界革命論(永久革命)を否定して、一国社会主義論による国内体制の維持を優先する路線を示しました。強権支配は大粛清と呼ばれる大規模な反対派摘発で頂点に達し、軍内の将官を含めて数十万名が処刑あるいは追放されました。第二次世界大戦ではドイツの首都ベルリンを陥落させ、東欧を支配下に置きました。アジア方面ではソ連対日参戦でモンゴルの独裁者ホルローギーン・チョイバルサンとともに満州と内蒙古、日本の北方領土や朝鮮半島北部まで攻め落としました。1953年3月5日、脳卒中により74歳で死去。死後から程なくしてスターリン後の権力闘争が行われましたが、その過程でニキータ・フルシチョフらによるスターリン派に対する批判が展開され始めました。1956年、ソ連共産党第20回大会でフルシチョフは有名なスターリン批判を行い、一転してスターリンは偉大な国家指導者という評価から、恐るべき独裁者という評価へ変化しました。この潮流は、反スターリン主義として各国の左派に影響を及ぼしました。
1906年、アメリカ海軍の軍人かつ計算機科学者、グレース・マレー・ホッパーが生まれました。ハーバード マークIの最初のプログラマーの一人であり、プログラミング言語COBOLを開発しました。名前は「Common Business Oriented Language」(共通事務処理用言語)に由来します。プログラムの不具合を意味する言葉としての「バグ」という用語を定着させた人物。1992年1月1日に死去。
1916年、アメリカの俳優、カーク・ダグラスが生まれました。1941年、アメリカン・アカデミー・オブ・ドラマティック・アーツの卒業公演として行われた『春よ再び』で歌うメッセンジャーボーイを演じブロードウェイ・デビューを果たしました。1946年、映画『呪いの血』で銀幕デビュー。1949年にブロードウェイでもチェーホフの『三人姉妹』でアンドレイ役での出演を果たしたが、ダグラスはその活躍の場をハリウッドへ移します。8本目の出演作品『チャンピオン』はアカデミー編集賞とゴールデングローブ撮影賞を受賞し、カーク本人もアカデミー主演男優賞にノミネートされました。そして、西部劇映画『死の砂塵』へ出演しスターダムへと登りつめました。1960年には自らが主演・製作総指揮を執って製作費1200万ドルの大作『スパルタカス』を製作、当時赤狩りで排斥され投獄までされていたハリウッドテンの一人、ダルトン・トランボを起用し、正式にクレジット、彼らの実質的復活に手を貸しました。シリアスな役柄が似合うイメージの傍ら、『海底二万哩』で見せた軽妙な演技や、創世記のテレビ番組『ジャック・ベニーショー』でのミュージカルパフォーマンス等、多彩なタレント性を持っています。テレビにも進出。現在102歳。
1926年、俳優の佐田啓二が生まれました。1947年、木下恵介監督の『不死鳥』で、いきなり、大スター田中絹代の相手役に抜擢されます。田中とのラブシーンは話題となり、早くもスターの地位を獲得。続いて、菊田一夫原作のNHKの人気ラジオドラマを映画化した『鐘の鳴る丘』に主演し、さらに人気を高めます。ほぼ同時期にデビューした高橋貞二、鶴田浩二と人気を分け合い「松竹戦後の三羽烏」と言われました。その人気を決定的なものとしたのは、1953年に公開された『君の名は』です。当時の大人気ドラマを映画化したこの作品で岸恵子と共演し、名実共にトップスターの地位につきます。その後、徐々に演技派に脱皮していき、特に、プロ野球選手のスカウト合戦を題材にした1956年の小林正樹監督の問題作『あなた買います』ではスカウトを演じ、伊藤雄之助を相手に鬼気迫る演技を見せ、毎日映画コンクール、ブルーリボン賞の主演男優賞を獲得。その後も、木下の『喜びも悲しみも幾歳月』、小津安二郎の『秋刀魚の味』など戦後を代表する作品に出演。晩年は癖のある悪役なども演じていました。1964年8月13日から夏休みを兼ねて妻と信州蓼科高原の別荘に避暑に訪れていましたが、NHKドラマ『虹の設計』の収録に参加するために帰京する途中、8月17日午前6時30分頃、乗っていた車の運転手の居眠り運転により韮崎市韮崎町の塩川橋の欄干に衝突、さらに暴走して別の乗用車へも衝突する事故を起こしました。佐田はこの事故で頭の骨と右腕を骨折し、すぐに韮崎市立病院に運ばれましたが午前11時過ぎ頃に死去した。37歳没。俳優の中井貴一、女優・エッセイストの中井貴惠は実子。
1933年、歌手のペギー葉山が生まれました。友人の紹介から進駐軍のキャンプで歌い始め、その歌声とセンスを見込んだティーブ・釜萢の口利きで、当時の一流ビッグバンドである渡辺弘とスター・ダスターズの三代目専属歌手として活躍。学校卒業後の翌1952年11月にキングレコードから「ドミノ/火の接吻」を発売し、レコードデビュー。1958年、ミュージカル『あなたの為に歌うジョニー』で芸術祭個人奨励賞受賞。翌1959年には「南国土佐を後にして」の空前の大ヒットで、ジャズ/ポピュラー界だけではなく歌謡界においても、その地位を不動のものにしました。自身の作詞でミュージカル『サウンド・オブ・ミュージック』の劇中歌「ドレミの歌」をペギー自身の訳詞で紹介しました。ペギーの訳詞・歌唱による「ドレミの歌」はNHK「みんなのうた」でも使用され、音楽の教科書にも掲載されるなど、広く知られています。1964年には「学生時代」がロングセラーとなり、人気の健在ぶりを示しました。2017年4月12日、肺炎により東京都内の病院で死去。83歳没。俳優の根上淳とのおしどり夫婦ぶりは有名でした。
1939年、2代目市川猿翁(いちかわ えんおう)が生まれています。「猿翁」は隠居名で、49年間にわたって使い続けた3代目・市川猿之助(いちかわ えんのすけ)としても広く知られます。猿之助時代は歌舞伎界の孤児。父の初代猿翁の死去後、大立者たちから「傘下に入らないか」との誘いを断ったことから共演してくれることがなくなり、『義経千本桜』の「四ノ切」で静御前役を歌舞伎役者でなく、女舞踊家の藤間紫が務めたことさえありました。宙乗りを多用したことから、本名の「喜熨斗(きのし)」をもじって「きのし大サーカス」とくさされました。その後、衰退した関西歌舞伎の面々と、国立劇場の研修生出身者を集めて「猿之助劇団」を立ち上げたのです。私はこの時代に猿之助劇団のお芝居をよく見にいきました。宙乗りも他の幹部役者が真似をするほど、客を呼びました。猿之助のケレンは宙乗りだけではありません。目を疑うような素早い早変わりも他の役者に見られないものでした。古劇の復活から古典の再創造、スーパー歌舞伎の創造に至るまでの精力的な活動が舞台芸術にひとつの領域を切り開きました。2003年11月17日、博多座で自身の演出・出演による『西太后』の公演中に体調不良を訴え、降板。この時は「初期の脳梗塞」との診断を受けた、と公表されましたが、実際にはパーキンソン症候群を発症していました。これ以降、俳優として舞台に立つ機会は減り、スーパー歌舞伎や自身の手がけた復活演目の演出面で活動を続けています。2011年9月、二代目市川亀治郎の猿之助襲名会見時に、実子・香川照之と共に8年ぶりに公の場に姿を現しました。2012年6月5日開幕の新橋演舞場での六月大歌舞伎で、二代目・市川猿翁の隠居名を襲名しました。
1941年、フォークシンガーの高石ともやが生まれました。1960年代後半の日本のフォークソングの創世期以来、現代に至るまで歌い続けています。また、マラソンランナーとしても活躍。1960年代後半、全国各地でメッセージ・フォークを歌い、「受験生ブルース」などの話題作も発表。1970年代に入り、ブルーグラスやトラディショナル・フォーク、日本の民謡などを歌い始めます。ザ・ナターシャー・セブンとして活動の他、宵々山コンサートを始めてもいます。ナターシャセブンとは福井県遠敷郡名田庄村(現在の大飯郡おおい町)に高石が移り住んだことから。
同じく1941年、舞台女優の白石加代子が生まれました。1967年の春、早稲田小劇場(現・SCOT)へ入団。1970年、『劇的なるものをめぐってII』(演出:鈴木忠志)の主演で「狂気女優」と評判になり、以後、同劇団の看板女優となります。映画作品では『女囚さそり 第41雑居房』で、主人公・松島ナミ(梶芽衣子)にライバル心を燃やす、男憎さのあまり、その赤子を殺すために自分の腹に刃物を突き立てた過去を持つ女囚役で強烈な印象を残しました。1989年、SCOTを退団して独立。
1943年、俳優の山内賢が生まれました。1955年『姿なき目撃者』で「久保賢」の芸名で子役として、デビュー。1962年4月1日、日活と契約し芸名を「山内賢」に改めました。多くの日活映画に出演しましたが、和泉雅子との共演作が多く、なかでも鈴木清順が監督した『悪太郎』『悪太郎伝 悪い星の下でも』は、代表作です。歌唱及びギターを得意としており、1962年には日活の俳優仲間であった和田浩治、杉山俊夫、杉山元、木下雅弘とともにヤング・アンド・フレッシュというバンドを結成し、レコードをリリース、また彼らをフィーチャーした映画も数本製作されました。1966年には和泉雅子とのデュエット曲『二人の銀座』、『東京ナイト』が大ヒットし、同名の映画も製作されました。日本映画の衰退とともに活動をテレビに移し歌手そしてドラマや司会などで活躍しました。2011年9月24日午前4時53分、肺炎のため東京都新宿区の病院で死去。67歳没。
1950年、漫談家の綾小路きみまろが生まれました。カツラを使用している事をマスメディアで自らカミングアウトし、本人もカツラ(ヘアピース)を認めています。本人が団塊の世代であるゆえに、芸での話題も団塊の世代向けなので、私は好きではありません。というか、ほとんど聞いたことすらありません。
1955年、俳優の渡辺裕之が出生。この人も私と同い年で、成功した人が多い昭和30年生まれ組ですが、私はこの人に関心がなく、コメントは不能です。妻が女優の原日出子であることだけは知っています。
1959年生まれの横山エミーは不倫騒動やAV出演経験があるとは聞いていますが、よく知りません。
同じく1959年、噺家の春風亭昇太が生まれています。5代目春風亭柳昇の弟子。現在、落語芸術協会会長。『笑点』の現在の司会者でもあります。長らく独身であることをいじりのネタにされていましたが、2019年に結婚してしまいました。2005年(平成17年)には落語を題材にしたテレビドラマ『タイガー&ドラゴン』に出演し、自ら出演俳優らに落語の演技指導も行いました。同年10月からは『オールナイトニッポン』のパーソナリティーを務めます。また伊東四朗と三宅裕司を中心に2004年に結成された演劇ユニット「熱海五郎一座」に参加、その後の作品に出演を続けています。
1963年、皇后陛下が誕生。旧名は小和田雅子(おわだ まさこ)。 ハーバード大学を卒業し、外務省に勤務していたことを除くと書くことがありません。あと、適応障害の医師の診断を受け、療養に入っていたことくらい。

次は忌日。
13 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する