ホーム > mixiユーザー(id:5138718) > mixiユーザーの日記一覧 > 11月22日が忌日である人々

mixiユーザー(id:5138718)

2019年11月22日02:02

11 view

11月22日が忌日である人々

1557年(弘治3年11月2日)、戦国武将の織田信行(信勝)が兄の織田信長によってだまし討ちで殺害されました。父親の葬儀で奇矯な振舞をした信長より、端正な信行のほうを織田弾正忠家の跡継ぎとして期待する向きも多かったほどでした。生年は不詳。
1718年、カリブの海賊、黒髭(エドワード・ティーチ)がバージニア植民地総督のアレクサンダー・スポッツウッドに目をつけられ、彼の執拗な捜査の結果、激しい戦闘によって、何人かの手下たちと共にロバート・メイナード大尉が率いる兵士たちに殺害されました。生年が不詳のため、享年も不明。
1724年(享保9年)、浄瑠璃・歌舞伎狂言の作家、近松門左衞門が『関八州繋馬』を絶筆として死去。享年72。辞世の歌は「それぞ辞世 さるほどにさても そののちに 残る桜が 花し匂はば」と、「残れとは 思ふも愚か 埋み火の 消ぬ間あだなる 朽木書きして」。天和3年(1683年)、曾我兄弟の仇討ちの後日談を描いた『世継曾我』(よつぎそが)が加賀掾の一座で上演されましたが、翌年に加賀掾の弟子だった竹本義太夫が座本(興行責任者)となって大坂道頓堀で竹本座を起こし、この『世継曽我』を語り評判を取りました。『世継曽我』に作者名はありませんが、義太夫が語った浄瑠璃のさわりを集めた『鸚鵡ヶ杣』序文の記述から、近松の作であることは間違いないとされています。以後義太夫は近松の書いた浄瑠璃を竹本座で語るようになり、貞享2年(1685年)に竹本座で出された近松作の『出世景清』は近世浄瑠璃の始まりといわれます。貞享3年には竹本座上演の『佐々木大鑑』で、初めて作者として「近松門左衛門」の名を出しました。元禄6年以降、近松は歌舞伎の狂言作者となって京の都万太夫座に出勤し、坂田藤十郎が出る芝居の台本を書いた。十年ほどして浄瑠璃に戻ったが、歌舞伎作者として学んだ歌舞伎の趣向が浄瑠璃の作に生かされることになる。
元禄16年(1703年)、『曽根崎心中』を上演。宝永2年(1705年)に義太夫こと竹本筑後掾は座本の地位を初代竹田出雲に譲り、出雲は顔見世興行に『用明天王職人鑑』を出します。このとき近松は竹本座の座付作者となり、住居も大坂に移して浄瑠璃の執筆に専念しました。正徳5年の『国性爺合戦』は初日から17ヶ月の続演となる大当りをとります。現在近松の作とされている浄瑠璃は時代物が約90、世話物が24です。歌舞伎の作では約40作が認められています。
1913年、江戸幕府の最後にして第15代征夷大将軍の徳川慶喜が(急性肺炎を併発した)感冒のため死去。享年77(満76歳25日)。在任中に江戸入城しなかった唯一の将軍であり、最も長生きした将軍。幕末に開国を志向。薩長が武力倒幕路線に進むことを予期した慶喜は、慶応3年(1867年)10月14日、政権返上を明治天皇に奏上し、翌日勅許されました(大政奉還)。明治2年(1869年)9月、戊辰戦争の終結を受けて謹慎を解除され、駿府改め静岡に居住しました。政治的野心は全く持たず、潤沢な隠居手当を元手に写真・狩猟・投網・囲碁・謡曲など趣味に没頭する生活を送り、「ケイキ様」と呼ばれて静岡の人々から親しまれました。明治30年(1897年)11月に東京の巣鴨に移り住みます。翌年には有栖川宮威仁親王の仲介により、皇居となった旧江戸城に参内して明治天皇に拝謁もしています。明治34年(1901年)12月に小石川区小日向第六天町(現在の文京区春日2丁目)の高台の屋敷に転居し、ここが終焉の地となりました。明治35年(1902年)には公爵に叙せられ、徳川宗家とは別に徳川慶喜家を興し、貴族院議員にも就いて、35年振りに政治に携わることになりました。明治43年(1910年)12月8日、七男・慶久に家督を譲って貴族院議員を辞し、隠居。再び趣味に没頭する生活をおくります。
1963年、第35代アメリカ合衆国大統領、ジョン・F.ケネディことジョン・フィッツジェラルド・"ジャック"・ケネディが在任中にテキサス州ダラスで暗殺されました(ケネディ大統領暗殺事件)。犯人として捕らえられたリー・ハーヴェイ・オズワルドは、わずか2日後にジャック・ルビーによって射殺されました。ケネディ暗殺事件は、その衝撃と陰謀説など数々の謎に包まれて、歴史に残る事件となりました。大統領就任時の年齢は43歳で、アメリカ合衆国の歴史上、選挙で選ばれた大統領としてはもっとも若い大統領でした。ケネディの在任中、ピッグス湾事件、キューバ危機、ベルリンの壁の建設、米ソの宇宙開発競争、公民権運動の高まり、ベトナム情勢の悪化など多くの歴史的事件が発生していますが、特にキューバ危機の対応においては「第三次世界大戦」「米ソ全面核戦争」の危機を回避したと評価する声も聞かれます。若くして大統領となったケネディは就任時からアメリカ国民に期待され、現在にいたるまでアメリカ人の好きな大統領ランキングの上位にいますが、大統領選挙における不正やマフィアとの関係、マリリン・モンローをはじめとする複数の相手との不倫、ピッグス湾事件やベトナム戦争における優柔不断な態度、ラテンアメリカ諸国に対する政治的干渉および軍事的干渉に対する批判も多々あります。
1970年、ジャーナリスト、ノンフィクション作家、評論家の大宅壮一(おおや そういち)が心臓血圧のため70歳で東京女子医科大学病院で死去。享年70。新潮社で『社会問題講座』シリーズを企画編集して成功、また雑誌『新潮』に評論を発表してジャーナリストとしてデビュー。当初は「左翼のパリパリの評論家」として知られていました。1967年(昭和42年)1月に「大宅壮一東京マスコミ塾」(略称・大宅マスコミ塾)を開塾します。逝去で幕が閉じられるまで、8期480名の塾生を送り出しました。没年となった1970年(昭和45年)より、「大宅壮一ノンフィクション賞」が発足、毎年気鋭のノンフィクション作家・作品に授与しています。大宅の膨大な蔵書資料を元にした「大宅壮一文庫」は、雑誌ジャーナリズムの総合図書資料館で著名。三女はジャーナリストの大宅映子。
1981年、ドイツ・ヒルデスハイム出身のユダヤ人で生化学者・医師のハンス・クレブスがオックスフォードにて81歳で没しました。1932年、尿素回路を発見。1937年にクエン酸回路(TCA回路)を発見しました。1953年、ノーベル生理学・医学賞を受賞。
1991年、映画監督の今井正が胃癌のため稲城市立病院に入院して手術を受けます。この4年後には白内障と緑内障で両目を手術し、左眼を失明します。ほかにも脳血栓や心臓大動脈瘤など次々と病気を発症しました。埼玉県草加市での上映挨拶に向かう途中、車中でくも膜下出血に倒れ、11月22日午後3時20分に草加市立病院で死去。79歳没。戦後日本映画の左翼ヒューマニズムを代表する名匠です。東京帝国大学中退後、東宝の前身J.O.スタヂオに入り、入社2年で監督に昇進。戦後は独立プロ運動の中心人物として数多くの社会派映画を手がけました。『純愛物語』でベルリン国際映画祭銀熊賞 (監督賞)、『武士道残酷物語』で同映画祭グランプリを受賞、キネマ旬報ベスト・テンでは5本の監督作がベスト・ワンに選出されるなど、賞歴も多く作品の評価は高いです。日本映画復興会議初代議長でもある。主な監督作に『青い山脈』『また逢う日まで』『真昼の暗黒』『キクとイサム』など。日本共産党員。
2000年、リングアナウンサー、元プロレスラーの百田義浩が9月に体調を崩し入院、闘病生活を続けましたが肝不全により、11月22日に54歳で死去。1975年に日本武道館で行われた「力道山十三回忌追善特別大試合」では大木金太郎 vs. アブドーラ・ザ・ブッチャーの一戦が行われましたが場外乱闘となり、エキサイトしたブッチャーが義浩に暴行を加え、流血する事件が起こります。この時「ファンに(力道山の長男なのに)だらしない息子と思われたのではないだろうか」と考え、リングアナウンサーの座を原軍治に譲り、アメリカへレスラー修行に出ます。帰国後の1980年、弟である光雄との初兄弟タッグでプロレスラーに転向。以降、前座選手ではありましたが、1987年まで現役を続けました。甥の百田力もプロレスラーです。
2002年、これもプロレスラーのサンダー杉山が現役時代から患っていた持病の糖尿病が悪化し、肝臓病や胃癌も併発。入退院を繰り返すようになり、右手首と両足の切断にも追い込まれました。2002年11月22日、心不全により62歳で死去。アマレスからプロレスに転向した日本プロレスでは「猪木の次に巧い」と言われるほどでした。得意技の「雷電ドロップ」を「ただの尻餅」と揶揄するむきもありますが、それは間違い。連発して高く跳躍するそのムーブは確かな技術に裏打ちされたものでした。ヘビー級レスラーとしてはヒロ・マツダやアントニオ猪木に次ぐ、ジャーマンスープレックスホールドの使い手。国際プロレスでは「暫定政権」などと陰口を叩かれながらも、リングアウト勝ちながらビル・ロビンソンを破り、IWA世界ヘビー級タイトルを保持していました。豊登やグレート草津とのタッグも名物。ジャイアント馬場が全日本プロレスを設立すると円満移籍。ジャンボ鶴田が育つまで同団体を支え続けました。レスラー引退後は右手首と両足首を切断されながらも、実業家としても大成功を収めています。

ではまた明日。

15 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する